音楽

変幻自在のサウンドスタイルが魅力のロックバンド【EJ’s Playlist】

「今聴いてほしいアーティスト」と関連する楽曲を音楽ジャーナリストの高橋芳朗さんが解説します。今回は、The 1975の「Notes On A Conditional Form」を紹介します。

常に変化し続ける新生・The Weeknd【EJ’s Playlist】

「今聴いてほしいアーティスト」と関連する楽曲を音楽ジャーナリストの渡辺志保さんが解説します。今回は、ザ・ウィークエンドの『After Hours』を紹介します。

次世代ポップアイコンが訴える「有害な男らしさ」【EJ’s Playlist】

「今聴いてほしいアーティスト」と関連する楽曲を音楽ジャーナリストの高橋芳朗さんが解説します。今回は、デュア・リパの「Future Nostalgia」を紹介します。

THE BAWDIESの英語詞の創作方法を作詞協力のネルソン・バビンコイさんが明かす

シンガーソングライターで、米津玄師さんの「パプリカ」の英訳も手掛けた、アメリカ出身のネルソン・バビンコイさんの連載第6回。THE BAWDIESの「STARS」の制作過程から、英語詞の作り方を語ります。

世界一裕福な女性ミュージシャンR&B界の歌姫!リアーナから学ぶ生きた英語【洋楽イングリッシュ】

洋楽で楽しく気軽に英語を勉強してみませんか?連載「洋楽イングリッシュ」では今、人気のアーティストの音楽を聞きながら、英語圏でよく使うカジュアルな口語をご紹介。今回は、リアーナの曲をチェック!

SEKAI NO OWARI「Dragon Night」「ANTI-HERO」の英語詞を手掛けたネルソン・バビンコイさんが歌の世界観を紹介

シンガーソングライターで、米津玄師さんの「パプリカ」の英訳も手掛けた、アメリカ出身のネルソン・バビンコイさんの連載第5回。SEKAI NO OWARIの「Dragon Night」と「ANTI-HERO」の英語詞について語ります。

putを使って「任せて」ってなんて言う?超実力派「エド・シーラン」の歌で英語学習!

連載「洋楽イングリッシュ」では今、人気のアーティストの音楽を聞きながら、英語圏で若者がよく使うカジュアルな口語をご紹介。今回は、エド・シーランの曲をチェック!putを使って「任せて」って英語でなんて言う?

米津玄師「馬と鹿」歌詞の英訳者が解く歌のテーマ、ラグビーに賭ける選手たちの心【ネルソン・バビンコイ】

シンガーソングライターで、米津玄師さんの「パプリカ」の英訳も手掛けた、アメリカ出身のネルソン・バビンコイさんの連載第4回。ドラマ『ノーサイド・ゲーム』の主題歌として米津玄師さんが書き下ろした「馬と鹿」の歌詞のテーマを語ります。

ヒップホップ界に大きな影響を与える日本のカルチャー【EJ’s Playlist】

「今聴いてほしいアーティスト」と関連する楽曲を音楽ライターの渡辺志保さんが解説します。今回は、リル・ウージー・ヴァートの「Eternal Atake (Deluxe): LUV vs. The World 2」を紹介します。

「パプリカ」英語版歌詞の作詞家ネルソン・バビンコイさんが語る訳詞の意図やメロディーの魅力

シンガーソングライターで、米津玄師さんの「パプリカ」の英訳も手掛けた、アメリカ出身のネルソン・バビンコイさんの連載第3回。「パプリカ」の英語バージョン「Paprika」の制作秘話を語ります。

HipHop界で今いちばんホットなニッキー・ミナージュ!彼女の曲から生きた英語を学ぼう【洋楽イングリッシュ】

洋楽で楽しく気軽に英語を勉強してみませんか?連載「洋楽イングリッシュ」では今、人気のアーティストの音楽を聞きながら、英語圏で若者がよく使うカジュアルな口語をご紹介。今回は、ニッキー・ミナージュの曲をチェック!英語で“outta”ってどういう意味?

平井堅の歌まねで優勝!日本語の歌詞を英語に翻訳して海外に伝える「文化通訳」の仕事【ネルソン・バビンコイ】

シンガーソングライターで、米津玄師さんの「パプリカ」の英訳も手掛けた、アメリカ出身のネルソン・バビンコイさんの連載第2回。日本でJ-POP界に携わるようになったきっかけなど、音楽と自身の関係や、翻訳についての持論などを語ります。

インスタフォロワー数 1億7000万人!アリアナ・グランデのヒット曲で英語を学ぼう

洋楽で楽しく気軽に英語を勉強してみませんか?連載「洋楽イングリッシュ」では今、人気のアーティストの音楽を聞きながら、英語圏で若者がよく使うカジュアルな口語をご紹介。今回は、アリアナ・グランデ(愛称:アリ)の曲をチェック!スラングで“gee”って…

孤独を感じる人の心に染みる名バラード【EJ’s Playlist】

「今聴いてほしいアーティスト」と関連する楽曲を音楽ライターの高橋芳朗さんが解説します。今回は、サム・スミスの「To Die For」を紹介します。

英語ネイティブ講師はなぜレッスンで日本語を使ってはいけないの?【シンガーソングライター、ネルソン・バビンコイ】

シンガーソングライターで、米津玄師さんの「パプリカ」の英訳も手掛けた、アメリカ出身のネルソン・バビンコイさんの連載第1回。日本に興味を持って日本語を学んだ経緯や、来日当初の仕事について語ります。

高橋芳朗 × 渡辺志保 対談「洋楽を聞けば、文化や社会が見えてくる」【前編】 〜2010年代の音楽シーンとアメリカ〜

英語学習者の中でも、「洋楽にはなじみがない」という方も多いのではないでしょうか。洋楽は、英語学習にうってつけであることは言うまでもありませんが、それ以上に文化や政治、社会まで知ることができる優秀なツールです。今回、月刊誌『ENGLISH JOURNAL』…

ビルボードチャート1位の理由はTikTokにあり

「今聴いてほしいアーティスト」と関連する楽曲を音楽ライターの渡辺志保さんが解説します。今回は、ロディ・リッチの「The Box」を紹介します。

米グラミー賞で注目!18歳ビリー・アイリッシュのヒット曲で英語学習

第62回グラミー賞の授賞式でポップ歌手のビリー・アイリッシュ(18)が最優秀新人賞など5冠を達成しました。今回は、ビリー・アイリッシュの話す英語の特徴やなどを紹介します。

ラテンミュージックとダンス!ラテンジャズからレゲトンまで~有名な曲とミュージシャン

ラティーノ文化の専門家がラテンミュージックとダンスを紹介します。ラテンジャズ、マンボ、サルサ、ヒップホップ、レゲトンの有名なミュージシャンや代表曲など。

歓迎会のシーズン!海外からきた同僚をもてなすカラオケ術

カラオケが初めてという外国人の方を楽しませる、曲選びや盛り上げのコツをご紹介します。

職場でスムーズに英語でコミュニケーションがとれてしまう理由

英語による音楽と教育ワークショップに取り組む非営利団体「ヤングアメリカンズ」。この団体のキャストとして世界で活躍している日本人や、キャストを経て、人生を切り開いた人によるリレーコラムをお届けしています。最終回は、ヤングアメリカンズで培った…

英語が完璧じゃなくてもいい!心が通じるように話してみよう

英語によるミュージカルと音楽と教育ワークショップに取り組む非営利団体「ヤングアメリカンズ」。そのヤングアメリカンズのキャストとして世界で活躍している日本人や、ヤングアメリカンズのキャストを経て、人生を切り開いた人によるリレーコラムをお届け…

大量の英語を「通訳して!」と言われてもあわてなくなったワケ

英語によるミュージカルと音楽と教育ワークショップに取り組む非営利団体「ヤングアメリカンズ」。そのヤングアメリカンズのキャストとして世界で活躍している日本人や、ヤングアメリカンズのキャストを経て、人生を切り開いた人によるリレーコラムをお届け…

世界で活躍する若きミュージカルダンサーが大切にする合言葉

英語によるミュージカルと音楽と教育ワークショップに取り組む非営利団体「ヤングアメリカンズ」。そのヤングアメリカンズのキャストとして世界で活躍している日本人や、ヤングアメリカンズのキャストを経て、人生を切り開いた人によるリレーコラムをお届け…

英語、音楽、世界! 自分の可能性を信じて前へ進もう!

音楽を通じた教育ワークショップに取り組む非営利団体「ヤングアメリカンズ」。これまで「GOTCHA!」では、そのワークショップ「ミュージックアウトリーチ」の体験談などをご紹介してきました。 今回からは、現在ヤングアメリカンズのキャストとして世界で活…

テイラー・スウィフトの動画できれいな英語の発音を手に入れよう!

世界の歌姫テイラー・スウィフトの話す英語の特徴や、まねする際のコツなどを紹介します。動画を見て・聞いて・声に出して、思い切りテイラースウィフトになりきりながら、美しい発音を手に入れましょう。

ジャスティン・ビーバーのかっこいい英語でスピーキング練習

意外なデビューのきっかけから現在の成功に至るまで、ジャスティンの魅力を徹底解剖し、ジャスティン・ビーバーのなりきり英語ポイントをご紹介!

ジェニファー・ロペスの曲やSNSで英語力が向上する勉強法公開!

ネイティブのような美しい発音を身に付ける最短の方法は、ズバリ!「なりきり」。今回「なりきり英語」が取り上げるのは、押しも押されもせぬA-List (大物)セレブ、J.Loことジェニファー・ロペス。長きにわたりハリウッドの頂点に君臨し続けるジェニファー…

まるで魔法!40人のアメリカ人とたった3日で作る英語のショー

「ヤングアメリカンズ」という、魔法のような、英語と音楽のワークショップをご存知ですか?それは、毎年春、夏、秋に開催される40人のアメリカ人とたった3日で作る英語のショー。英語にまったく自信がない人でも大丈夫!参加すれば英語で自分を表現するこ…