ENGLISH JOURNAL ONLINE

音楽

ザ・キッド・ラロイがジャスティン・ビーバーと2度目のコラボ シングル「Stay」

★最新音楽もEJでCheck★ 「今聴いてほしいアーティスト」と関連する楽曲を音楽ライターの渡辺志保さんが解説します。今回は、ザ・キッド・ラロイ&ジャスティン・ビーバーの「Stay」を紹介します。

ももクロにBABY METALも!J-POPの世界展開を歌詞対訳から考える

この連載では、洋楽歌詞の翻訳や海外アーティストの通訳を数多く行い、音楽分野で活躍してきた佐々木南実さんが、歌詞対訳の仕事を取り巻く現状やヒット曲に込められたストーリーをご紹介。歌詞対訳ならではの面白さ・難しさをひも解いていきます。第3回で扱…

音楽活動を再開したロードの4年ぶりとなる新曲「Solar Power」

★最新音楽もEJでCheck★ 「今聴いてほしいアーティスト」と関連する楽曲を音楽ジャーナリストの高橋芳朗さんが解説します。今回は、ロードの「Solar Power」を紹介します。

翻訳者にとって唯一のミッションとは?マイケル・ジャクソンの歌詞対訳をしながら考えたこと

この連載では、洋楽歌詞の翻訳や海外アーティストの通訳を数多く行い、音楽分野で活躍してきた佐々木南実さんが、歌詞対訳の仕事を取り巻く現状やヒット曲に込められたストーリーをご紹介。歌詞対訳ならではの面白さ・難しさをひも解いていきます。第2回で扱…

ブルーノ・マーズとアンダーソン・パークが結成した新バンド、シルク・ソニックのデビューシングル「Leave The Door Open」

★最新音楽もEJでCheck★ 「今聴いてほしいアーティスト」と関連する楽曲を音楽ライターの渡辺志保さんが解説します。今回は、シルク・ソニックの「Leave The Door Open」を紹介します。

訳しづらい英語「empowerment」の意味は?カーペンターズの時代から続く‟抑圧と解放”の物語

この連載では、洋楽歌詞の翻訳や海外アーティストの通訳を数多く行い、音楽分野で活躍してきた佐々木南実さんが、歌詞対訳の仕事を取り巻く現状やヒット曲に込められたストーリーをご紹介。歌詞対訳ならではの面白さ・難しさをひも解いていきます。第1回で扱…

同性愛をテーマにしたリル・ナズ・Xのニューシングル「Montero (Call Me By Your Name)」

★最新音楽もEJでCheck★ 「今聴いてほしいアーティスト」と関連する楽曲を音楽ジャーナリストの高橋芳朗さんが解説します。今回は、Lil Nas Xの「Montero (Call Me By Your Name)」を紹介します。

アジア系ヘイトクライムに立ち向かうアーティスト、ジェネイ・アイコの『Sailing Soul(s)』

★最新音楽もEJでCheck★ 「今聴いてほしいアーティスト」と関連する楽曲を音楽ライターの渡辺志保さんが解説します。今回は、ジェネイ・アイコの『Sailing Soul(s)』を紹介します。

「カメレオン的」な性格がいい?!世界中の人と仲良くなるコツ【クリスタル・ケイさんインタビュー後編】

アーティストのクリスタル・ケイ(Crystal Kay)さんに、ブロードウェイミュージカル『PIPPIN』日本語版への出演や、ニューヨークでの体験、自身のアイデンティティーの変化、人と仲良くなる方法などをお聞きしました。

違うからいいんじゃない?「みんな一緒」の安心感とは異なるNY体験【クリスタル・ケイさんインタビュー前編】

アーティストのクリスタル・ケイ(Crystal Kay)さんに、ブロードウェイミュージカル『PIPPIN』日本語版への出演や、ニューヨークでの体験、自身のアイデンティティーの変化、人と仲良くなる方法などをお聞きしました。

なぜK-POPアイドルの英語力は高いのか?世界を虜にする外国語戦略

K-POPアイドルの「英語力」が、BTSを筆頭に、注目されることが近年増えてきました。なぜK-POPアイドルは英語が堪能なのでしょうか?J-POPに先駆けて、早くからグローバルな市場を意識してきたK-POP界の戦略について、翻訳家・ライターで、韓国文化に詳しい桑…

歌いながらフレーズを定着させよう!洋楽での英語学習における大事なプロセスとは

曲の選び方から効果的な学習法まで、「音楽を使った英語学習」のこつをご紹介します。

好きな音楽で英語学習!ディクテーションのコツをつかもう

曲の選び方から効果的な学習法まで、「音楽を使った英語学習」のこつをご紹介します。

「音楽で英語学習」はどれくらい有効?効果的な曲の選び方も!

曲の選び方から効果的な学習法まで、「音楽を使った英語学習」のこつをご紹介します。

歌詞のアイデアはどこから?音楽プロデューサーに聞く英語詞の作り方

英語詞と日本語詞。作り方はどう違うのでしょうか?英語ネイティブの音楽プロデューサー、ジョベット・リベラさんに聞きました。

記録的なヒット曲が誕生!オリヴィア・ロドリゴのデビューシングル「drivers license」

★最新音楽もEJでCheck★ 「今聴いてほしいアーティスト」と関連する楽曲を音楽ジャーナリストの高橋芳朗さんが解説します。今回は、Olivia Rodrigoの「drivers license」を紹介します。

日本語の歌詞は「より詩的」?英語と日本語の歌詞の違い

英語詞と日本語詞。作り方はどう違うのでしょうか?英語ネイティブの音楽プロデューサー、ジョベット・リベラさんに聞きました。

人生の応援歌、英文法が印象的に覚えられる曲・・・50~90年代の忘れられない名曲

『ENGLISH JOURNAL』創刊50周年にちなんで、「洋楽英語」を70年代までさかのぼり、がっつり振り返ってみましょう!

感謝で満たされる曲、ハートがキュンとする曲・・・50~90年代の忘れられない名曲

『ENGLISH JOURNAL』創刊50周年にちなんで、「洋楽英語」を70年代までさかのぼり、がっつり振り返ってみましょう!

エルヴィス・プレスリーにビートルズ・・・50~90年代の忘れられない名曲

『ENGLISH JOURNAL』創刊50周年にちなんで、「洋楽英語」を70年代までさかのぼり、がっつり振り返ってみましょう!

英語学習にぴったり!おすすめミュージカル映画3選と歌い方解説

明場由美子さんが、英語学習におすすめの「ミュージカル映画」を紹介します!歌い方のこつも解説。登場人物になりきって、気持ちよく歌い上げましょう♪

K-POPアイドルの英語力の秘密は?音楽×英語を最大限に楽しもう!

今月は、英語学習誌『ENGLISH JOURNAL』(EJ)5月号の特集に関連して、「洋楽で英語!」と題した記事をお届けします♪

アウンサンスーチーやポール・マッカートニーは、1990年代に何を語っていた?

今年、創刊50周年を迎える『ENGLISH JOURNAL』(EJ)。創刊当時から、ハリウッドスターや世界的なアーティスト、文化人の方々のインタビューを掲載してきました。そこには長い年月がたっても色あせない言葉があふれています。その中から今回は、時代が反映さ…

女性同士のパワフルなコラボソングSaweetieの「Best Friend (feat. Doja Cat)」

★最新音楽もEJでCheck★ 「今聴いてほしいアーティスト」と関連する楽曲を音楽ライターの渡辺志保さんが解説します。今回は、Saweetieの「Best Friend (feat. Doja Cat)」を紹介します。

1980年代の名インタビュー!オードリー・ヘプバーンがユニセフの活動をする理由

今年、創刊50周年を迎える『ENGLISH JOURNAL』(EJ)。創刊当時から、ハリウッドスターや世界的なアーティスト、文化人の方々のインタビューを掲載してきました。そこには長い年月がたっても色あせない言葉があふれています。その中から今回は、時代が反映さ…

オノ・ヨーコにジェーン・フォンダ・・・ウーマンリブ時代に生まれた名言がかっこいい!

今年、創刊50周年を迎える『ENGLISH JOURNAL』(EJ)。創刊当時から、ハリウッドスターや世界的なアーティスト、文化人の方々のインタビューを掲載してきました。そこには長い年月がたっても色あせない言葉があふれています。その中から今回は、時代が反映さ…

今ではみんなが当たり前に使う、50年前の流行語って?

1971年に「声の月刊誌」として創刊された『ENGLISH JOURNAL』(EJ)は、今年で50周年を迎えます。本記事では、EJが生まれた1971年の出来事や流行したものをご紹介します。1971年に思い出がある人は当時に思いをはせ、思い出のない人はこの機会にどんな年であ…

ジェンダーレスで新しい価値観を象徴する失恋ソング【EJ’s Playlist】

★最新音楽もEJでCheck★ 「今聴いてほしいアーティスト」と関連する楽曲を音楽ジャーナリストの高橋芳朗さんが解説します。今回は、Conan Grayの『Kid Krow』を紹介します。

今の時代を生きる女性たちの「position(居場所)」【EJ’s Playlist】

「今聴いてほしいアーティスト」と関連する楽曲を音楽ジャーナリストの渡辺志保さんが解説します。今回は、Ariana Grandeの「positions」を紹介します。

米大統領選に向けて問い掛ける「愛と平和と団結」【EJ’s Playlist】

「今聴いてほしいアーティスト」と関連する楽曲を音楽ジャーナリストの高橋芳朗さんが解説します。今回は、Stevie Wonderの「Can’t Put It in The Hands of Fate」を紹介します。

ゲスの極み乙女。の英語歌詞:直訳から「歌える訳」にするプロの技を大公開!

「英語を学び、英語で学ぶ」学習情報誌ENGLISH JOURNAL(EJ)の「Lecture」。シンガーソングライターで数々のJ-POPの歌詞英訳も手掛ける、ネルソン・バビンコイさんによるレクチャーの最終回となる今回は、「直訳を『歌える訳』にするコツ」について教えてい…

苦境の中で闘う人たちに向けた、優しく力強い応援歌【EJ’s Playlist】

「今聴いてほしいアーティスト」と関連する楽曲を音楽ジャーナリストの渡辺志保さんが解説します。今回は、Alicia Keysの「ALICIA」を紹介します。

tough old birdってどういう意味?佐藤由美子の「音楽療法英語」

アメリカのホスピスで約10年間、終末医療の現場に携わった音楽療法士の佐藤由美子さんのインタビュー、佐藤由美子の「音楽療法英語」。3回にわたって、音楽療法士のお仕事についてや、佐藤さんが体験してきたエピソードなどを伺います。

患者さんとのコミュニケーションでよく使う英語表現とは?「音楽療法英語」

アメリカのホスピスで約10年間、終末医療の現場に携わった音楽療法士の佐藤由美子さんのインタビュー、佐藤由美子の「音楽療法英語」。3回にわたって、音楽療法士のお仕事についてや、佐藤さんが体験してきたエピソードなどを伺います。

歌詞翻訳の3つの種類:①直訳②自由訳、あともう一つ重要なものは?

「英語を学び、英語で学ぶ」学習情報誌ENGLISH JOURNAL(EJ)の「Lecture」。シンガーソングライターで数々のJ-POPの歌詞英訳も手掛ける、ネルソン・バビンコイさんによるレクチャーの第2回となる今回は、「3つの異なる歌詞翻訳の種類」について教えていただ…

コロナ禍の世界に向けて歌う「未来への希望」―ビリー・アイリッシュ―【EJ’s Playlist】

「今聴いてほしいアーティスト」と関連する楽曲を音楽ジャーナリストの高橋芳朗さんが解説します。今回は、Billie Eilishの「my future」を紹介します。

米国音楽療法士の佐藤由美子さんに聞く!英語と音楽で人を支える仕事とは?

アメリカのホスピスで約10年間、終末医療の現場に携わった音楽療法士の佐藤由美子さんの連載「英語でラストソング」。3回に渡って、音楽療法士のお仕事についてや、佐藤さんが体験してきたエピソードなどを伺います。

「文化通訳者」になるために、語学力だけでなくもう一つ大切なことは?

「英語を学び、英語で学ぶ」学習情報誌ENGLISH JOURNAL(EJ)の「Lecture」。今月からは、シンガーソングライターで数々のJ-POPの歌詞英訳も手掛ける、ネルソン・バビンコイさんによるレクチャーが始まります。「文化通訳」とはどのような仕事なのか、日本語…

Black Lives Matter を強く訴えるラップ・ソング【EJ’s Playlist】

「今聴いてほしいアーティスト」と関連する楽曲を音楽ジャーナリストの渡辺志保さんが解説します。今回は、YGの「FTP」を紹介します。

作詞家ネルソン・バビンコイ&Fukase(SEKAI NO OWARI)対談!一緒に英語詞を創作して発想や世界が広がった

SEKAI NO OWARIのFukaseさんと、その英語詞で協力もしているアメリカ出身の作詞・訳詞家でミュージシャン、「文化通訳家」を名乗るネルソン・バビンコイさんの対談をお届けします。

変幻自在のサウンドスタイルが魅力のロックバンド【EJ’s Playlist】

「今聴いてほしいアーティスト」と関連する楽曲を音楽ジャーナリストの高橋芳朗さんが解説します。今回は、The 1975の「Notes On A Conditional Form」を紹介します。

常に変化し続ける新生・The Weeknd【EJ’s Playlist】

「今聴いてほしいアーティスト」と関連する楽曲を音楽ジャーナリストの渡辺志保さんが解説します。今回は、ザ・ウィークエンドの『After Hours』を紹介します。

次世代ポップアイコンが訴える「有害な男らしさ」【EJ’s Playlist】

「今聴いてほしいアーティスト」と関連する楽曲を音楽ジャーナリストの高橋芳朗さんが解説します。今回は、デュア・リパの「Future Nostalgia」を紹介します。

THE BAWDIESの英語詞の創作方法を作詞協力のネルソン・バビンコイさんが明かす

シンガーソングライターで、米津玄師さんの「パプリカ」の英訳も手掛けた、アメリカ出身のネルソン・バビンコイさんの連載第6回。THE BAWDIESの「STARS」の制作過程から、英語詞の作り方を語ります。

SEKAI NO OWARI「Dragon Night」「ANTI-HERO」の英語詞を手掛けたネルソン・バビンコイさんが歌の世界観を紹介

シンガーソングライターで、米津玄師さんの「パプリカ」の英訳も手掛けた、アメリカ出身のネルソン・バビンコイさんの連載第5回。SEKAI NO OWARIの「Dragon Night」と「ANTI-HERO」の英語詞について語ります。

米津玄師「馬と鹿」歌詞の英訳者が解く歌のテーマ、ラグビーに賭ける選手たちの心【ネルソン・バビンコイ】

シンガーソングライターで、米津玄師さんの「パプリカ」の英訳も手掛けた、アメリカ出身のネルソン・バビンコイさんの連載第4回。ドラマ『ノーサイド・ゲーム』の主題歌として米津玄師さんが書き下ろした「馬と鹿」の歌詞のテーマを語ります。

ヒップホップ界に大きな影響を与える日本のカルチャー【EJ’s Playlist】

「今聴いてほしいアーティスト」と関連する楽曲を音楽ライターの渡辺志保さんが解説します。今回は、リル・ウージー・ヴァートの「Eternal Atake (Deluxe): LUV vs. The World 2」を紹介します。

「パプリカ」英語版歌詞の作詞家ネルソン・バビンコイさんが語る訳詞の意図やメロディーの魅力

シンガーソングライターで、米津玄師さんの「パプリカ」の英訳も手掛けた、アメリカ出身のネルソン・バビンコイさんの連載第3回。「パプリカ」の英語バージョン「Paprika」の制作秘話を語ります。

平井堅の歌まねで優勝!日本語の歌詞を英語に翻訳して海外に伝える「文化通訳」の仕事【ネルソン・バビンコイ】

シンガーソングライターで、米津玄師さんの「パプリカ」の英訳も手掛けた、アメリカ出身のネルソン・バビンコイさんの連載第2回。日本でJ-POP界に携わるようになったきっかけなど、音楽と自身の関係や、翻訳についての持論などを語ります。

孤独を感じる人の心に染みる名バラード【EJ’s Playlist】

「今聴いてほしいアーティスト」と関連する楽曲を音楽ライターの高橋芳朗さんが解説します。今回は、サム・スミスの「To Die For」を紹介します。