英語を気軽に学べる電子書籍 「EJ新書」

英語を気軽に学べる電子書籍

EJ新書

EJ SERIES

 

「英語学習の、その先」を提示するWebメディア「ENGLISH JOURNAL ONLINE」(EJO)の連載や、英語学習誌『ENGLISH JOURNAL』(EJ)の過去の特集から生まれた電子書籍「EJ新書」。英語学習に役立つ情報を手軽でお得にお届けします。2020年5月8日(金)には関 正生さんの新刊が発売されます!

キモチを伝える仮定法

関 正生

『キモチを伝える仮定法』関 正生著

どうにもこうにも苦手な人が多い、「英文法」。その中でも特に「仮定法」と聞くと、いかにも受験英語の堅いイメージが浮かんで顔が曇る方も多いでしょう。しかし、実は仮定法は「話し手の気持ちを表す」ために、とても便利に使うことができます。

PART 1では仮定法の基本ルールをわかりやすくおさらいし、PART2ではEJ学習コーナー内で実際に使われていた仮定法の表現例を紹介します。PART 3では「もしも仮定法がなかったら」と仮定して、仮定法を使わない言い換え表現を考え、PART 4では音声を聞きながら、絶対に押さえておきたい基本例文を頭に入れていきましょう。

仮定法の本質をつかみ直し、仮定法と仲良くなる方法を一緒に考えてみませんか?

Amazonで詳しく見る

不真面目な批評家、
文学・文化の英語をマジメに語る

北村紗衣

映画やドラマ、小説や演劇、コメディーなどには、日常英会話で活躍するフレーズや文法がいっぱい!そうしたコンテンツで学べば、飽きずに楽しく続けられて、高い英語運用能力を得るために必須の文化的背景も理解できます。パディントンからオスカー・ワイルドやアガサ・クリスティー、『スター・ウォーズ』の世界が舞台のドラマ『マンダロリアン』、シェイクスピア、英語上級者にも実は手ごわいジョークまで、自称「不真面目な批評家」の北村紗衣さんが「ゆるふわ」に紹介する本です。

Amazonで詳しく見る

アメリカ人の
英語感覚がわかる15のストーリー

カン・アンドリュー・ハシモト

英語で「とても」という意味を表すso とvery。これらの使い方の違いを知っていますか?あるいは、「聞く」という動詞のlistenとhearにも、その定義にはちゃんと違いがあることを、意識しているでしょうか?ネイティブスピーカーは、ちゃんと使い分けをしています。本書では、アメリカのウィスコンシン州出身のバイリンガルであるカン・アンドリュー・ハシモトさんが実際に体験した、アメリカ人の「英語感覚」がわかる15のストーリーをご紹介しています。「英語文化にまつわる面白エピソードならネタは尽きません」と言うカンさんのユーモアたっぷりな語りで、シンプルな英語フレーズを学んでみませんか?

Amazonで詳しく見る

英語を気軽に学べる
電子書籍シリーズ

ENGLISH JOURNAL
公式SNS