新着記事

すみません・恐れ入ります・ごめんなさい・申し訳ございません・・・日本の「謝罪」の言葉と独特の文化に迫ります【日米文化の裏側】
ご迷惑・ご不便をおかけして、お騒がせして、ご不快な思いをさせて、「申し訳ありません」「ごめんなさい」「すみません」。日本の「謝罪」に関する表現や文化、慣習は独特で、海外から疑問視されたり、時には国内から「過剰だ」という声が上がったりもします。日本語も英語も博多弁も操る、“言葉が大好き過ぎる”言語学者のアンちゃんことアン・クレシーニさんの目には、どう映っているのでしょうか?
「常識だよ!」は英語でなんて言う?【スティーブ・ソレイシィ】
スティーブ・ソレイシィさんの大ベストセラー『英会話なるほどフレーズ100』がシリーズ累計で発行部数100万を突破しました。そんな「なるほどフレーズ」シリーズから、この連載では英語の「使える裏技」を隔週でご紹介します。第5回は「常識だよ!」をお届けします。
スウェーデン、200年続けた中立政策を転換しNATOに加盟【英語ニュースを聞く No-28】
注目を集めた海外ニュースを紹介する、英語音声付きの連載。世界最大の軍事同盟であるNATO(北大西洋条約機構)の加盟国が1つ増え、32カ国になりました。
【TOEIC対策書】迷わず選べる!英語のアルクがおすすめする安定人気の10選
「TOEIC対策しなきゃ!でも、書籍がたくさんあり過ぎて選べない!」という方に、進化し続けるTOEIC本を長年出版しているアルクが自信を持っておすすめする10冊の人気本を紹介します。
戦時下で編集を続けるウクライナのウィキペディアンたち【ウィキペディアの歩き方】
連載「ウィキペディアの歩き方」の第8回。戦時下のウクライナで、ウィキペディアンたちは止まることなく活動を続けています。この記事では、彼らが直面する困難と、編集作業やコミュニティーイベントを通じて知識の共有を守るための取り組みを探ります。
つらい二日酔い回避!日本酒を全力で楽しむためのカギは、甘酸っぱいあのドリンク【#5秒英語】
英語と日本酒について楽しく学ぶ連載「#5秒英語」。いよいよ最終回となった今回は・・・つらい二日酔い防止につながる貴重な情報&フレーズのご紹介です。お酒の時間や記憶を、全部楽しいものにするためには不可欠!お花見シーズンも控える今、バッチリ準備しちゃいましょう。
《難関大入試に出る》infringement ってどういう意味?【無敵の難単語】
書籍『大学入試 無敵の難単語 PINNACLE 420』からクイズをお届け。infringementの意味は①「拡大」②「解決」③「侵害」④「採掘」のどれでしょう。大学入試と英語を知り尽くした著者3名による、厳選された難単語の意味が分かるかどうか、いざ挑戦!
英語の「動詞」③:重要な違いを表す「動詞の形」を見極める5問【大竹保幹の英文法パラダイス】
現役の高校英語教師・大竹保幹さんの連載「英文法パラダイス」。つまずきがちなポイントや、苦手な人が多いところを、分かりやすく解説します。前回に引き続き、第6回のトピックも「動詞」。「動詞の形」を意識しながらクイズに挑戦し、英文法が楽しくなるパラダイスを目指しましょう。
新しいメンバーを迎えるときのスピーチ【ひびく英語スピーチ】
連載「ひびく英語スピーチ」の6回目は、新しいメンバーを迎えるときのスピーチについてです。
eye candyって何のこと?メープルシロップのtaffyはどんなお菓子?読めば甘いものが欲しくなる!【small talk】
ネイティブスタッフによる英語エッセイ「Small Talk」、今回はヨダレをこぼさないようにご注意ください。甘くておいしいお菓子がテーマです。カナダならではのメープルシロップを使った「taffy」、そして、みんな大好きな焼き芋・・・。甘いものに関連した英語フレーズとともにご紹介します。
「これどう思う?」はhowとwhat、どちらを使う?【英文法の落とし穴】
日本人が苦手な項目で英文法をマスターしていく書籍『英文法の落とし穴』から、クイズ形式の記事をお届け!最終回となる第5回目は、whatとhowの使い方に関する「落とし穴」です。whatとhowの使い方ミスの典型例が「どう思いますか」とたずねるとき、howの日本語訳につられてHow do you think?としてしまうことです。また、whatとhowが関係代名詞・副詞として使われる際も混同がよく見られます。whatとhowの意味の根本的な違いをおさらいしましょう。
「うらやましい!」は英語で I envy you. とは言わないの?【スティーブ・ソレイシィ】
スティーブ・ソレイシィさんの大ベストセラー『英会話なるほどフレーズ100』がシリーズ累計で発行部数100万を突破しました。そんな「なるほどフレーズ」シリーズから、この連載では英語の「使える裏技」を毎週ご紹介します。第4回は「うらやましい!」をお届けします。
MBA留学・GMAT対策のための英単語学習にはこれがおススメ!【英単語帳レビュー】
ビジネス分野での活躍を目指している方は、GMATへのチャレンジがおすすめ。GMATは、経営学修士の学位習得を目的とした「MBA留学」のための試験(審査)です。今回はGMAT対策の名著「GMAT®重要単熟語」を紹介します。
名作『ライオン・キング』が登場! ディズニー作品で英語を学べる「ディズニー ファンタスピーク」
ディズニーやピクサーの人気作品で英語学習ができる好評配信中のアプリ、「ディズニー fantaSpeak(ファンタスピーク)」。本アプリの魅力と、3月19日に配信される『ライオン・キング』の作品についてご紹介します。
英会話は直訳をやめるとうまくいく!― 「脱・直訳」のコツ③ シンプルに考える
なぜ、英語で言いたいことがパッと言えないのでしょうか? その大きな原因の一つは、日本語に合わせようとするから。日本語をそのまま英語にしようとする、つまり「直訳」しようとすると、うまくいかないことが多いのです。では、どうすればいいのでしょう?
「能力」を意味するabilityとcapability、どう使い分ければいい?【技術英語&ビジネス英語の単語使い分けクイズ④】
「能力」という言葉を使える対象は、人・動物や機械などさまざま。英語ではabilityやcapabilityが「能力」という意味を持ちますが、どう使い分ければいいのでしょう?「よく似た意味の単語の使い分け」を解説した書籍『技術英語の名詞・動詞 使い分けハンドブック』から、クイズの出題です!
お礼を言うときのスピーチ【ひびく英語スピーチ】
連載「ひびく英語スピーチ」の5回目は、お祝いされた人がお礼を言うときのスピーチについてです。便利な入れ替えフレーズを覚えましょう。
deviateってどういう意味?【無敵の難単語】
「英単語は極限まで覚えろ!」がキャッチフレーズの書籍『大学入試 無敵の難単語 PINNACLE 420』から、難単語クイズをお届けします。deviateの意味は①「加速する」②「凝固する」③「証明する」④「逸脱する」のどれでしょう。
チャレンジはchallengeに非ず!?正しく使い分けるのはchallengingなチャレンジです!【日米文化の裏側】
皆さんは今年、何か新しいことにチャレンジする予定はありますか?「言葉」大好きアンちゃんは、40代になってから突然「チャレンジ精神」が溢れてきたそうです。ところで、実はこの「チャレンジ」と英語の「challenge」は似て非なるもの。何が違うのか、じっくり見ていきましょう!
「ま、しょうがない」は英語でなんて言う?【スティーブ・ソレイシィ】
スティーブ・ソレイシィさんの大ベストセラー『英会話なるほどフレーズ100』がシリーズ累計で発行部数100万を突破しました。そんな「なるほどフレーズ」シリーズから、この連載では英語の「使える裏技」を毎週ご紹介します。第3回は「だいじょうぶ」をお届けします。
文法的判断だけでは答えにたどりつけない!前置詞句の修飾関係を考える問題【難問クイズで学ぶ文法知識⑯】
Twitterで話題になった北村一真さん作成の英語クイズで文法知識&読解力を高める本連載。第16回は前置詞句の修飾関係を考える問題です。
桜咲く日本、アイルランドの守護聖人、イースター・・・3月にまつわる行事やフレーズを知ろう【Small Talk】
日本の3月と言えば、桜の開花が始まるタイミング。春の訪れを感じることが増える時期ですね。そして、卒業や引っ越しなど、新たな船出の始まりの時期でもあります。ネイティブスタッフによるエッセイ、今回はそんな3月に行われる行事やフレーズをお届けします!
お祝いの席を盛り上げる効果的なスピーチのポイント【ひびく英語スピーチ】
連載「ひびく英語スピーチ」の4回目は、日常生活で出合うことが多いスピーチの一つ、誕生日を祝う席での「ひと言」です。
日本酒をおいしくていい香りにしてくれる「yeast」と「lactic acid bacteria」って何のこと?【#5秒英語】
日本酒のソムリエである、国際唎酒師の資格を持つ藤代あゆみさんによる連載最新回!前回は「滑らか」「甘口/辛口」など日本酒の味わいに関する表現を紹介しましたが、日本酒はその香りも魅力の一つです。果物や、時にはヨーグルトの香りがしたり・・・。今回はその秘密に迫ります!
「金を払わないなら守らない」 NATOをめぐるトランプ氏の爆弾発言【英語ニュースを聞く No-27】
注目を集めた海外ニュースを紹介する、英語音声付きの連載。大統領選挙で政権復帰を目指すトランプ前大統領。NATO防衛をめぐる発言が波紋を呼びました。その内容と周囲の反応を見ていきましょう。
「なんとかなるよ」は英語でなんて言う?【スティーブ・ソレイシィ】
スティーブ・ソレイシィさんの大ベストセラー『英会話なるほどフレーズ100』がシリーズ累計で発行部数100万を突破しました。そんな「なるほどフレーズ」シリーズから、この連載では英語の「使える裏技」を毎週ご紹介します。第2回は「だいじょうぶ」をお届けします。
almost employeesとmost employees、どっちが正しい?【英文法の落とし穴 】
日本人が苦手な項目で英文法をマスターしていく書籍『英文法の落とし穴』から、クイズ形式の記事をお届け!第4回目は、almostの「落とし穴」です。日本語で「ほとんど」と訳されることの多い副詞almost。“ほとんど”の皆さんはもちろんご存知だと思いますが、日本語訳に引っ張られて誤った使い方をする人は少なくないようです。特にallやalwaysなどとともに用いる用法を押さえていきましょう。
「ミニー」と「デイジー」の物語が登場! ディズニー作品で英語を学べる「ディズニー ファンタスピーク」
ディズニーやピクサーの人気作品で英語学習ができる好評配信中のアプリ、「ディズニー fantaSpeak(ファンタスピーク)」。3月に配信されるショートストーリー仕立ての作品、『おっかなびっくりのお泊まり会』についてご紹介します。
相手の記憶に残る自己紹介のパターンを作っておこう【ひびく英語スピーチ】
連載「ひびく英語スピーチ」の3回目は、自己紹介のパターンの作り方です。名前を覚えてもらう、経験を話す、自分をアピールする、など相手の記憶に残る自己紹介を考えましょう。
テイラー・スウィフト東京公演、もたらした経済効果「Swiftonomics」はいかに?【ニュース英語】
海外メディアが報じたニュースから、英語表現を学びましょう。5年ぶりに来日した世界的歌姫、テイラー・スウィフト。その人気や経済効果はさまざまなメディアでも取り上げられました。桁違いの影響力や、今回の来日で注目されたもう一つのポイントなどを見ていきます。
英語を英語で暗記してさらにレベルアップ!【英単語帳レビュー】
英語を日本語で学べる辞典は「英和辞典」、英語を英語で学ぶものは「英英辞典」と呼ばれています。「英語を英語で学ぶ」と聞くと、皆さんはどう感じますか?今回はそんな「英英式」の単語帳をご紹介します。
AIと私たち ~AI社会の未来を考える~【英語ニュースを聞く No-26】
注目を集めた海外ニュースを紹介する、英語音声付きの連載。AIの歴史について解説したニュースから、「AIの今と未来」について語られている部分を聞いてみましょう。
「それってなんて言うの?」は英語で What’s that(  )?【スティーブ・ソレイシィ】
スティーブ・ソレイシィさんの大ベストセラー『英会話なるほどフレーズ100』がシリーズ累計で発行部数100万を突破しました。そんな「なるほどフレーズ」シリーズから、この連載では英語の「使える裏技」を毎週ご紹介します。第1回は「それって何?」をお届けします。
いつからこんなに現金が使えない? キャッシュレス化が進むロンドン【LONDON STORIES】
イギリスではコロナ禍で一気に加速した、「キャッシュレス」「コンタクトレス」「ペーパーレス」。ロンドン在住の宮田華子さんが、イギリスと日本の決済方法の違いについて紹介します。
city、interview、buttonの「t」はすべて発音が違う?6種類の「t」を発音し分けよう!Part 2
コロンビア大学大学院で英語教授法を学んだサラさんが、すぐに実践できる発音のコツを教えてくれる連載「コロンビア大学TESOLサラの英語発音ジム」。今回は、英語学習者ならまずは押さえておきたい6種類の「t」の発音の特徴と見分け方を前回に引き続き解説してくれました。
《祝・ITエンジニア本大賞受賞》グローバルな職場でも困らない! 新人研修で使える英語表現【チームを動かすIT英語実践マニュアル】
ITエンジニアの方々を中心に、「仕事の役に立った」「初学者におすすめ」「ずっと手元に置いておきたい」などの観点からみんなに読んでほしい技術書・ビジネス書を選ぶイベント「ITエンジニア本大賞」。その「ビジネス書部門」2024年大賞に、アルクの『チームを動かすIT英語実践マニュアル』が選出されました!この記事では、本書に収録した、IT現場で頻出の英語表現をご紹介します。
topとstopの「t」は発音が違う? 6種類の「t」を発音し分けよう!Part 1
コロンビア大学大学院で英語教授法を学んだサラさんが、すぐに実践できる発音のコツを教えてくれる連載、「コロンビア大学TESOLサラの英語発音ジム」。今回は、英語学習者ならまずは押さえておきたい6種類の「t」の発音の特徴と見分け方を解説してくれました。
あなたの”ジュース感”が見えてくる!?読めば思わず喉が渇く「ジュース / juice」について知る【日米文化の裏側】
皆さんはどんなジュースが好きですか?甘いフルーツジュースに爽やかな炭酸飲料。種類は実にさまざまですが、そもそもジュースにはどこまで入るのでしょう。運動後に飲みたいスポーツドリンクや、砂糖入りのコーヒー・紅茶は?「言葉」が大好き過ぎる言語学者アン・クレシーニさんが、今回は「ジュース」をテーマに考察します。
検閲を乗り越えたトルコのウィキペディアンたち【ウィキペディアの歩き方】
連載「ウィキペディアの歩き方」。トルコのウィキペディアンたちは、ウィキペディアへのアクセス遮断を乗り越え、活動を再開しました。今回の記事では、表現の自由と知識の共有を守るための彼らの努力と、アクセス回復後に展開されたプロジェクトや国際交流の様子を紹介します。
推しも好きなお酒も、おすすめ(recommend)してこそ!味わいを表現するフレーズも【#5秒英語】
日本酒をはじめとしたお酒の味わいを表現するとき、「滑らかで飲みやすい」「複雑な味わいだ」「甘口/辛口だね」といった言い方をしますよね。英語ではなんて言えばいいのでしょうか?そして、あなたのお気に入りのお酒を周りにも味わってもらうには?今回の「#5秒英語」は、好きなお酒をおすすめする英語表現を中心に紹介します。
英会話は直訳をやめるとうまくいく!― 「脱・直訳」のコツ②「時制」優先で考える
なぜ、英語で言いたいことがパッと言えないのでしょうか?その大きな原因の一つは、日本語に合わせようとするから。日本語をそのまま英語にしようとする、つまり「直訳」しようとすると、うまくいかないことが多いのです。では、どうすればいいのでしょう?
everydayとevery day、どっちが正しい?【英文法の落とし穴】
日本人が苦手な項目で英文法をマスターしていく書籍『英文法の落とし穴』から、クイズ形式の記事をお届け!第3回は、everyday とevery day、sometimeとsome time・・・など1語か2語かで意味が異なる語の「落とし穴」です。このような複合語をざっくりと同じ意味だと思って使ってしまう人がけっこういます。文法的にもおかしなことになったりするので、いくつかの例で違いを確認しましょう。
今日の失敗は明日の教訓である【明日の風を今日吹かせよう】
TOEIC対策のカリスマ講師、ハマーこと濵﨑潤之輔さんの連載「明日の風を今日吹かせよう」。今回のテーマは「今日の失敗は明日の教訓である」。日々の失敗をただの挫折としてではなく、成長と進歩へのステップとしてどう捉え、活用していくかについて、ハマーさんが具体的な例を交えて解説します。
beenの発音は「ビーン」じゃない?!今さら聞けないアメリカ英語の特徴とは
コロンビア大学大学院で英語教授法を学んだサラさんが、すぐに実践できる発音のコツを教えてくれる連載、「コロンビア大学TESOLサラの英語発音ジム」。今回も前回に引き続き「アメリカ英語とイギリス英語の発音の違い」について解説してくれました。
とにかくツラい・・・!「花粉症」は英語でなんて言う?【花粉症やアレルギーに関する表現】
今の時期、特にツラいアレルギー症状・・・そう、「花粉症」!英語ではなんて言うのでしょうか?北九州市立大学准教授のアン・クレシーニさんが、病気にまつわる英語を紹介するコラム。関連する英単語やフレーズも一緒に紹介します。
銀河をのみ込む、謎多き「黒い渦」 観測史上最古の超巨大なブラックホールの発見 【英語ニュースを聞く No-25】
注目を集めた海外ニュースを紹介する、英語音声付きの連載。ケンブリッジ大学率いる国際科学者チームが、観測史上最も古いブラックホールを発見しました。その姿は、非常に大きくて重いようです。
スピーチの基本的な流れを押さえよう【ひびく英語スピーチ】
連載「ひびく英語スピーチ」の2回目は、スピーチの基本的な流れです。自己紹介をはじめ、ちょっとしたスピーチをする機会は、不意に訪れるもの。いざというとき、さっと話せるよう、基本的な流れや表現のパターンを頭に入れておくと便利です。前回の自己紹介を例にスピーチの基本を押さえましょう。
フィリピンの「takoyaki」はタコが入っていない!【世界のニホンゴ調査団】
「世界のニホンゴ調査団」の第31回は、タイ・バンコク在住で東南アジア各国を取材するライター梅本昌男さんがリポート。今回のテーマは「takoyaki」です。大阪の粉もん料理の代表の一つであるたこ焼き。それがフィリピンでウケているというのです。しかし、現地のtakoyaki、日本のものとは似て非なるようで・・・。
ドイツで始まった「週休3日制」実験【ニュース英語】
海外メディアが報じたニュースから、英語表現を学びましょう。「給料が減らない週休3日制」が、新たな働き方として広がりつつあります。一部企業で実験が始まったドイツ。すでに正式な制度となっているベルギー。アメリカ、カナダ、イギリス、ポルトガルで見られた変化。世界各地の動きを見ていきます。
英語の「動詞」②:スマートに使いこなしたい「受動態」5問【大竹保幹の英文法パラダイス】
現役の高校英語教師、大竹保幹さんの連載「英文法パラダイス」。第5回のトピックは動詞の「受動態」。5題のクイズに挑戦して、英文法が楽しくなるパラダイスを目指しましょう。
2024 05
NEW BOOK
おすすめ新刊
観光客を助ける英会話
詳しく見る
メルマガ登録