ENGLISH JOURNAL ONLINE

CULTURE

映画、音楽、海外旅行、そのほかちょっと笑えたりほっこりしたりする英語ネタをお届けします。

翻訳は創造する──異質さを肯定する翻訳の力【翻訳を哲学する】

翻訳とは原作に対して二次的で付随的なものだとみなされることも多いですが、実際には翻訳は単なる模倣ではなく、新しい言語を生み出す創造的な営みでもあります。この連載では、哲学がご専門の柿木伸之さんと一緒に、「翻訳」について深く考えていきましょ…

歴史から見るアメリカと日本、マンガ・アニメ文化の違い

『ENGLISH JOURNAL』2021年8月号の特集「アニメで英語を学ぶ理由。」より、「オタク文化」のスペシャリストとして大学で国際コミュニケーションを教える、パトリック・W・ガルブレイスさんへのインタビューを2回に分けてご紹介します。日米のアニメーション…

翻訳者にとって唯一のミッションとは?マイケル・ジャクソンの歌詞対訳をしながら考えたこと

この連載では、洋楽歌詞の翻訳や海外アーティストの通訳を数多く行い、音楽分野で活躍してきた佐々木南実さんが、歌詞対訳の仕事を取り巻く現状やヒット曲に込められたストーリーをご紹介。歌詞対訳ならではの面白さ・難しさをひも解いていきます。第2回で扱…

Netflixでも大人気!日本発のオリジナルアニメが面白い理由

今、世界は日本のアニメ界に熱い視線を寄せています。特に動画配信サービスNetflixは、日本のオリジナルアニメを多数製作しています。その理由と魅力とは?コラムニストの長谷川朋子さんにご紹介いただきます。

英語のプロが推薦!英語学習におすすめのアニメ作品

子どもの頃に、そして今も親しんでいるアニメは、英語学習に利用するのにうってつけ!実際にアニメを見ながら楽しく学ぶ方法を、おすすめ作品と一緒にご紹介します。

フランス語圏のマンガ「バンド・デシネ」沼にはまった研究者おすすめの作品10選

フランス語圏のマンガ、バンド・デシネをご専門に研究されている猪俣紀子さんが、その魅力とおすすめの作品を紹介します。

「アリストテレス」って英語でなんて発音する?世界のキーパーソンについて学べる聞き取りクイズ付き!

『英語で知りたい!世界のキーパーソン人名事典』(アルク)から、人名に潜む意外な日英ギャップにスポットを当てて紹介します。ディクテーションにも挑戦してみてください。

近所で見かけるあの人は・・・英語でキャラクタースケッチに挑戦してみよう!

連載「クリエイティヴ・ライティング入門講座」では、立命館大学の吉田恭子さんが、英語で書く文芸創作エクササイズを出し、読者の皆さんに実際にクリエイティヴ・ライティングに挑戦していただきます。さらに、応募作品の一部を吉田さんが記事内で講評して…

性転換しながら300年生き続ける詩人『オーランドー』と私たちの共通点【英語文学】

時や性別を超えて愛や芸術に生きる主人公が活躍する、ヴァージニア・ウルフの小説『オーランドー』。移民、帰国子女、会社員、翻訳者と姿を変えてきたエリザベト怜美さんが、物語の主題をひもときます。

ニコルソン・ベイカーの『中二階』で描かれる、人生の核心【柴田元幸】

翻訳家、柴田元幸先生が毎月一冊の洋書を紹介する連載。今月取り上げるのはニコルソン・ベイカーの『中二階』(The Mezzanine)です。長編小説が語る「人生の核心」について考察します。

世界のイベントを英語で紹介!スリランカで8月に行われる「歯の祭り」とは?

世界にはさまざまな祝日、伝統行事やイベントが数多くありますが、その実態は知らない人が多いのでは?各国の文化を楽しみながら学んでいきましょう!今回は、スリランカで毎年8月に祝われる「キャンディ・エサラ・ペラヘラ祭り」を紹介します。

「翻訳には高い日本語力が必要」ってほんと?

「翻訳するには高い日本語力が必要」って本当?そもそも「高い日本語力」って何?「原文が読める」とはどういうこと?翻訳家・通訳者の平野暁人さんが探究します。

特別対談!平尾アウリ先生(マンガ家)×藤代あゆみ先生(オタク) 「私たちはなぜ何かを推すのか」

マンガ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』の著者・平尾アウリ先生と、アウリ先生のオタクである藤代あゆみ先生が「私たちはなぜ何かを推すのか」をテーマに語り合います。

英語のプロ&日英翻訳家が推薦!英語学習におすすめのアニメ作品 

子どもの頃に、そして今も親しんでいるアニメは、英語学習に利用するのにうってつけ!実際にアニメを見ながら楽しく学ぶ方法を、おすすめ作品と一緒にご紹介します。

大人の女性に「cute」というのは失礼か?英語で使いこなす「カワイイ」

ハローキティやポケモンなど、今や世界中にファンを持つ「カワイイ文化」。その魅力は英語の「cute」や「beautiful」には収まらない独特の奥行きがあります。この連載では、社会学をご専門とする遠藤薫さんと「カワイイ文化」の真髄に迫ります。

英語学習におすすめのアニメ作品はこれ!自分に合った方法で楽しく学ぼう

子どもの頃に、そして今も親しんでいるアニメは、英語学習に利用するのにうってつけ!実際にアニメを見ながら楽しく学ぶ方法を、おすすめ作品と一緒にご紹介します。

「任せて!」って英語でなんて言う?【ドラマで英語】

映画やドラマは生きた英語の宝庫。おすすめ映画・ドラマから、ちょっとおしゃれですぐに使える英語表現を毎回一つ紹介します!ドラマ「SUITS」から、「任せて!」と言うときの表現です。

表現を効率よく吸収しよう!アニメが英語学習に向いている4つの理由

子どもの頃に、そして今も親しんでいるアニメだからこそ、英語学習に利用していただきたい。その方法を、 前回の記事でアニメの名セリフを選定していただいた、「マンガ大好き」リチャード川口さんに教えていただきます。

AngelsとAngelesは何が違う?映画と英語を通して学ぶアメリカの野球文化

教科書では目にしない「ちょっと奇妙な英語」にこそ、言語や文化をより深く学ぶためのヒントが隠れています。さまざまな映画やドラマ作品のセリフを通して、英語のからくりや背景にある文化を探っていきましょう。

おなじみのアニメのあのセリフ、英語でなんて言う?

子どもの頃にはまっていた、そして今、はまっている人気マンガやアニメの名セリフを英語にしたらどうなるでしょうか?日本語のセリフを見て、英語を考えてみましょう!

人気の米アニメ『サウスパーク』を通じて考える「ポリティカル・コレクトネス」

アメリカの人気コメディ・アニメ『サウスパーク』は、実はアメリカ社会を深く知り、考えるのにとても適した作品です。今回はそんな『サウスパーク』のエピソードから、「ポリティカル・コレクトネス」について考えていきましょう。

「アニメ・マンガで英語学習」特集!具体的な学習法からおすすめ作品まで

今月は、英語学習誌『ENGLISH JOURNAL』(EJ)8月号の特集に関連して、「世界のアニメ&マンガに夢中!」と題した記事をお届けします!

「フェルメール」って英語でなんて発音する?世界のキーパーソンについて学べる聞き取りクイズ付き!

『英語で知りたい!世界のキーパーソン人名事典』(アルク)から、人名に潜む意外な日英ギャップにスポットを当てて紹介します。ディクテーションにも挑戦してみてください。

交響する言葉を生きる──逐語訳の力【翻訳を哲学する】

皆さんは翻訳における「意訳」と「逐語訳」についてどのようなイメージをお持ちでしょうか?現代では「意訳」に比べて「逐語訳」はあまり人気がなく、時には単に「工夫がない訳」のように見られることありますが、翻訳論の歴史を振り返ってみると、実は「逐…

Foyles、Daunt Books、Round Table Books・・・落ち着いたら行きたい!ロンドンの本屋さん巡り

「多文化都市」と呼ばれるイギリスの首都ロンドン。この街で10年以上暮らす宮田華子さんが、日々の雑感や発見をリアルに語ります。

スペルミスも愛の証し?!SNSで推しをオタクっぽく褒めたたえる英語表現

マンガ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』の大大大ファンである藤代あゆみ先生が、「推しを褒めたたえる英語表現」をテーマに、多彩な英語表現を紹介します。

「カワイイ」を英語にする難しさ ハローキティはcuteそれともadorable?

ハローキティやポケモンなど、今や世界中にファンを持つ「カワイイ文化」。その魅力は英語の「cute」や「beautiful」には収まらない独特の奥行きがあります。この連載では、社会学をご専門とする遠藤薫さんと「カワイイ文化」の真髄に迫ります。

「how could you?」ってどんなときに使う?【映画で英語】

映画は生きた英語の宝庫。おすすめ映画から、ちょっとおしゃれですぐに使える英語表現を毎回一つ紹介します!SFコメディ映画『ミラクル・ニール!』から、「how could you?」の使い方について解説します。

訳しづらい英語「empowerment」の意味は?カーペンターズの時代から続く‟抑圧と解放”の物語

この連載では、洋楽歌詞の翻訳や海外アーティストの通訳を数多く行い、音楽分野で活躍してきた佐々木南実さんが、歌詞対訳の仕事を取り巻く現状やヒット曲に込められたストーリーをご紹介。歌詞対訳ならではの面白さ・難しさをひも解いていきます。第1回で扱…

「死んだ比喩」を蘇らせる!陳腐な慣用句をネタに英語の文芸創作に挑戦

連載「クリエイティヴ・ライティング入門講座」では、立命館大学の吉田恭子さんが、英語で書く文芸創作エクササイズを出し、読者の皆さんに実際にクリエイティヴ・ライティングに挑戦していただきます。さらに、応募作品の一部を吉田さんが記事内で講評して…

小説の「信頼できない語り手」とは?カズオ・イシグロの『日の名残り』【英語文学】

イギリスの作家カズオ・イシグロによる小説『日の名残り』の主人公である老執事の語りは、何を明かし、何を隠しているのか?翻訳者のエリザベト怜美さんが、「信頼できない語り手」の心象風景をひもときます。

TOEICテスト600点からコロンビア大学の大学院へ【サラさんインタビュー】

EJ新書『Q&Aサイトから読むアメリカのリアル』刊行を記念して、著者のサラさんのインタビューをお届けします。英語に興味を持ったきっかけや、EJ新書に込めた思い、将来の展望を聞きました。

アリアナ・グランデや米副大統領、Netflixも参加!SNSの英語投稿で見る「プライド月間」

6月はPride Month(プライド月間)。LGBTQ+の人々の権利や、さまざまなセクシュアリティへの支持を示すイベントが世界各地で行われています。SNSへの投稿を中心に、その活動をご紹介します。

世界のイベントを英語で紹介!「7月4日」はアメリカで何の日?

世界にはさまざまな祝日、伝統行事やイベントが数多くありますが、その実態は知らない人が多いのでは?各国の文化を楽しみながら学んでいきましょう!今回は、アメリカで毎年7月4日に祝われる「独立記念日」を紹介します。

「推しが尊い」「推ししか勝たん」って英語でどう言う?考えるとオタク愛が深まります

マンガ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』の大大大ファンである藤代あゆみ先生が、「推しが尊い」をテーマに、多彩な英語表現を紹介します。

「中高6年間英語やったのに」の呪縛を忘れよう!「大人の語学が楽しい」理由5つ

「英語もできないのに、フランス語なんてできるようになるわけない・・・」。そんなふうに学び始める前から諦めてしまっている相談をよく受けるという翻訳家・通訳者の平野暁人さん。その論法を考察し、「大人ならではの語学の楽しみ方」を提案します。

「tell me about it」ってどんなときに使う?【映画で英語】

映画は生きた英語の宝庫。おすすめ映画から、ちょっとおしゃれですぐに使える英語表現を毎回一つ紹介します!SFコメディ映画『ミラクル・ニール!』から、「tell me about it」の使い方について解説します。

Let'sの正体と短縮形のからくりとは?映画やドラマでリアルな英語表現を学ぼう

教科書では目にしない「ちょっと奇妙な英語」にこそ、言語や文化をより深く学ぶためのヒントが隠れています。さまざまな映画やドラマ作品のセリフを通して、英語のからくりや背景にある文化を探っていきましょう。

アメリカ社会の「今」がわかる!Q&Aサイトで学ぶ生の英語表現【EJ新書】

「EJ新書」シリーズ『Q&Aサイトから読むアメリカのリアル』が発売されました!アメリカで人気のQ&Aサイトへの書き込みを基に、アメリカ人が日常生活で気にしていることや、日本との社会や習慣の違いなどをひも解いていきます。

まるで人工知能?!会話が苦手なシェイクスピア研究者が英語コミュニケーションのために取った秘策

英語の聞き取りと会話が苦手なまま初めてイギリスに渡り、大学院に進学。専門がシェイクスピアで、現代作品も含め演劇を見に行くが、セリフが聞き取れない!そこで北村紗衣さんが取った行動とは?

ニュース英語/英検1級/TOEIC/翻訳/文学など充実の新連載スタート!執筆陣からのメッセージ

「ENGLISH JOURNAL ONLINE」では、2021年6月から魅力的な新連載がスタートします。個性あふれる執筆陣から、読者の皆さまへのメッセージを頂きました!

コロナ感染者が激減!イギリスで進む「vaccine rollout」とは?

「多文化都市」と呼ばれるイギリスの首都ロンドン。この街で10年以上暮らす宮田華子さんが、日々の雑感や発見をリアルに語ります。

正しい英語の発音に目からウロコ~50歳からの留学のススメ【光浦靖子さんインタビュー】後編

テレビやラジオ出演、コラム執筆など多岐にわたり活躍されているお笑い芸人の光浦靖子さんインタビュー。後編では、海外旅行中のエピソードや現在通われている英会話レッスンについて伺いました。

国際恋愛中、恋人に言いたい!思わずキュンとする英語フレーズ

国境を越えた恋愛に、誰しも一度は憧れを抱いたことがあるのではないでしょうか? しかし、言葉の壁がもたらすすれ違いなど、外国人との恋愛ならではお悩みも、そこにはつきものです。国際恋愛中のライターの黒須千咲さんが、恋人に使える「モテ英語」を解説…

マンガ、アイドル、俳優など、推しの尊さを英語で世界に伝えたい人必見!

マンガ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』の大大大ファンである藤代あゆみ先生が、「推しの尊さ」を伝えるさまざまな英語表現を紹介します。

「好かれて当然」って英語でなんて言う?【ドラマで英語】

映画やドラマは生きた英語の宝庫。おすすめ映画・ドラマから、ちょっとおしゃれですぐに使える英語表現を毎回一つ紹介します!今回はドラマ「LUCIFER/ルシファー」から、「好かれて当然」という意味の英語フレーズをご紹介します。

「それから」を車輪にして物語を進めよう!And, so, but, thenを効果的に用いた文芸創作に挑戦

連載「クリエイティヴ・ライティング入門講座」では、立命館大学の吉田恭子さんが、英語で書く文芸創作エクササイズを出し、読者の皆さんに実際にクリエイティヴ・ライティングに挑戦していただきます。さらに、応募作品の一部を吉田さんが記事内で講評して…

「It’s me.」か「It’s I.」か?英語校正者の究極の選択【『カンマの女王』レビュー】

『カンマの女王 「ニューヨーカー」校正係のここだけの話』は、特に中上級者の英語学習者におすすめの本です。もちろん、校正者、校閲者、編集者にも。英文法や文学や校正にまつわるマニアックな体験と意見が詰まった本書の面白いポイントを紹介します。

【光浦靖子さんインタビュー】50歳からの留学のススメ~誰も私を知らない町に住んでみたい

テレビやラジオ出演、コラム執筆など多岐にわたり活躍されているお笑い芸人の光浦靖子さん。実は英語学習に取り組まれていて、現在カナダ留学を計画中だそうです。今回は『ENGLISH JOURNAL』50周年を記念して、同じく今年50歳となられた光浦さんに英語習得へ…

英語圏などでよく使われるジェスチャー「air quotes」って何?

英語圏やスウェーデンなどでよく使われるジェスチャー「air quotes」とは、どんなしぐさで、どんな意味があるのでしょうか?使用言語によって「3つの人格がある」と言われる、スウェーデン人の日本茶インストラクター、ブレケル・オスカルさんが、外国語を学…