前置詞が入る? 入らない? まずは自動詞・他動詞を区別する/ネイティブに実験「How are you? にどう返事するの?」

前置詞が入る? 入らない? まずは自動詞・他動詞を区別する/ネイティブに実験「How are you? にどう返事するの?」

この1カ月で人気が高かった記事をランキング形式でご紹介します。

(集計期間:2020年8月16日~9月15日。5回以上ランクインした記事は殿堂入りとして、集計から除外しています)

※テキスト中のリンクが表示されない場合は、オリジナルサイトでご覧ください。

1位

ej.alc.co.jp

連続1位の人気記事。前置詞がいるのか、いらないのか、迷うことはありませんか?そのお悩みは、自動詞と他動詞の区別がわかればスッキリ解決!押さえておきたい基本をgoとvisitを例に学びましょう。

2位

ej.alc.co.jp

先月から2ランクアップ!「How are you?って結局どう返せばいいんだろう」と疑問に思っている方にぴったりの記事です。Hapa英会話を主宰する大人気の Jun先生が、実際にネイティブ・スピーカーにHow are you?と話し掛け、どう返されるかを検証した記事です。果たして、I'm fine, thank you.と返事をした人はいったい何人?

3位

ej.alc.co.jp

大学や英語専門学校で英検やTOEIC対策法を教える、Joyこと和泉有香さん。英検1級では優良賞を受賞し、TOEICでは満点を取得した実力のカギは語彙。連載「英検1級の語彙を極める」では、語彙の魅力を徹底的に、わかりやすく、楽しく、カジュアルに教えます。この記事では「教える」という意味の単語を掘り下げます。

4位

ej.alc.co.jp

「3密」を避けることは、しっかりと生活に定着してきました。シルバーウィークで実感した方も多いのでは?「密閉」「密集」「密集」に関連するフレーズと、「間隔を空けて並ぶ」「飛沫(ひまつ)が放出される」など、言えそうで言えないフレーズが盛りだくさんです。

5位

ej.alc.co.jp

「ドアを閉めてくれる?」と言いたいとき、Would you~?とCould you~?をどう使い分ける?ニュアンスの違いは?など迷いがちなポイントを、あの『総合英語Forest』の編集・共著者である英文法のエキスパート、鈴木希明さんが丁寧に解説します!

6位

ej.alc.co.jp

「Satsuma」は、アメリカ南部の住民なら日本文化や和食に全然興味がなくてもみんな知ってる食べ物です。いったいなんでしょう?

7位

ej.alc.co.jp

8月29日、日本で「安倍首相が辞任」という大きなニュースが流れました。海外メディアはこれをどのように報じたのでしょうか?英語圏のメディアではさまざまな表現で「辞任」という言葉が使われていました。

8位

ej.alc.co.jp

ビクトリアサンドイッチケーキってどんなお菓子?ケーキなのに「サンドイッチ」という名前が付いているのはなぜ?横浜でイギリス菓子とアフタヌーンティーの教室を開いている宮崎美絵さんが、その謎を解き明かします。

9位

ej.alc.co.jp

日本で普通に使われている外来語や和製英語。でも、世界から見るとかなり不思議!?アメリカで生まれ、日本で暮らし、博多弁を操る言語学者のアンちゃんことアン・クレシーニさんが、最近日本で見つけた「不思議なエイゴ」をご紹介。今回は「そんな意味だったの?」と驚く日本の店名を取り上げます。

10位

ej.alc.co.jp

日本発祥であるために、英語圏で通じない絵文字があります。海外からの友達とチャットしている時に勘違いしないように、実際にどんな絵文字が違うのか見てみましょう!

 

気になる記事はありましたか?

ENGLISH JOURNAL ONLINEの新着記事情報は、メールマガジン「ENGLISH JOURNAL NEWS」でお届けします

下記のフォームでメールアドレスを登録するだけ。メールアドレス以外の個人情報は不要です。ぜひご利用ください!

2週間無料でお試しできる!プレミアムメンバーシップ

プレミアムメンバーシップ2週間無料

月額980円(税抜)のプレミアムメンバーシップに会員登録をしていただくと、「PREMIUM」エリアに公開されるすべての有料記事へアクセスができます。 ほかにもアルクの電子書籍の購読、イベント優待など、学習のモチベーションを継続させるためのさまざまコンテンツをご用意していく予定です。 まずはぜひ、2週間無料でお試しください。

ENGLISH JOURNAL ONLINE編集部

文:ENGLISH JOURNAL ONLINE編集部
「英語を学び、英語で学ぶ」学習情報誌『ENGLISH JOURNAL』が、英語学習の「その先」にあるものをお届けします。 単なる英語の運用能力にとどまらない、知識や思考力を求め、「まだ見ぬ世界」への一歩を踏み出しましょう!