英語の関係詞をマスターしよう②:関係代名詞と関係副詞は何が違う?

「関係詞(関係代名詞・関係副詞)」を分かりやすく解説する連載。第2回は関係副詞に焦点を当てます。関係代名詞との違いはなんでしょうか。

ポイント1:先行詞と動作の関係に注目する

「人」や「物」を説明するのが得意な関係代名詞ですが、「場所」や「時」などに情報を加えるときにはかなりの苦労を強いられます。そんなときの強い味方が「関係副詞」と呼ばれるものです。ここでは関係代名詞と関係副詞の違いを、「先行詞と動作の関係」に注目して整理していきましょう。

先行詞「で」する?

先週私たちが食べたそば屋さん、覚えている?」何げない文ですが、これを英語にするのは案外難しいんです。よくある間違いですが、下のような英語にしてしまうと大変です。

Do you remember the soba shop we ate last week?
先週私たちが食べたそば屋さん、覚えている?

これでは先行詞the soba shop(そば屋)を実際に私たちがバクバクと食べた、ということになってしまうからです。「そば屋を食べた」のではなく、「そば屋で食べた」わけですから、これをなんとか表現しないといけません。

そこで登場するのが、whereという関係副詞です。これを先行詞の後ろに付け加えるだけで、その後に加わる説明がすべて「ある場所」で行われたものだと伝えることができます。

ステップ1

場所」を表す名詞を決めます。

the soba shop(そば屋)

ステップ2

whereと「誰が」「何をする」などの情報を加えます。

the soba shop + where +we ate last week(先週私たちが食べた)
→ the soba shop where we ate last week(先週私たちが食べたそば屋)

これで、先行詞the soba shop(そば屋)という「場所」で食事をしたことが間違いなく伝わり、以下のように表せます。

Do you remember the soba shop where we ate last week?

まとめ

  • 「先行詞(場所)で」何かするときには、関係副詞のwhereで説明しよう!

「場所」以外の関係性

先行詞と動作の関係は、「場所」だけではありません。次の文の太字の部分では明らかに「時」が関係していますよね。

私たちが初めて会った日を覚えている?」

こういう場合には「時」を表すのが得意な関係副詞whenを使いますが、作り方は同じなので安心してください。

ステップ1

「時」を表す名詞を決めます。

the day(日)

ステップ2

whenと「誰が」「何をする」などの情報を加えます。

the day + when +we met for the first time(私たちが初めて会った)
→the day when we met for the first time(私たちが初めて会った日)

Do you remember the day when we met for the first time?
私たちが初めて会った日を覚えている?

whereやwhenと同じように、当然whyやhowにだって関係副詞としての使い方があります。ただ、この二つは先行詞が限られているので一種のフレーズとして覚えておくとよいでしょう。

I don’t know the reason why he has gone.
彼がなんで行ってしまったのかわからない。

This is how I studied English.
こんなふうに僕は英語を勉強した。

関係副詞whyはthe reasonを先行詞に取って「理由」を表しますが、whyまたはthe reasonのどちらかを省略してもOKです。howは「やり方、方法」を表すときに使われますが、先行詞はまったく必要ありません。

まとめ

  • 先行詞との関係が「時」ならwhen、「理由」ならwhyを使うこともある!
  • 「やり方、方法」を表すhowは先行詞が必要ない、特別な関係副詞!

ポイント2:「○○を~する」「〇〇で~する」を見分ける

先行詞と動作の関係はとても大切ですが、先行詞が「場所」ならいつでもwhereを使えばよいというわけではないこともしっかりと覚えておきましょう。「そこを何かした」のか「そこで何かした」のか、この二つの違いがポイントなのです。

We went to see the building that my father designed.
父が設計した建物を見に行った。

※建物設計した → 関係代名詞(目的格)

We went to see the building where my father works.
父が働いている建物を見に行った。

※建物働いている → 関係副詞(場所を表す)

もちろん、関係副詞whereではなく関係代名詞whichを使って「場所」を表すことができないわけではありません。物事の位置関係を表すのが得意な前置詞(in、on、fromなど)と組み合わせることで、「ある場所の中で食べた」ことを強調することは可能です。

  1. the soba shop in which we ate last week
    先週私たちが[中で]食べたそば屋
  2. the soba shop (which) we ate in last week
    先週私たちが[中で]食べたそば屋

その場合はこんな言い方をするのですが、1.の例はかなり硬い表現です。2.の例は会話でもよく使われる言い回しですが、関係詞節の中で場所を強調する前置詞を入れるなど扱いが難しいので、リズムに慣れるまでは無理に使わなくてもよいでしょう。

大竹保幹(おおたけ・ やすまさ)
大竹保幹(おおたけ・ やすまさ)

明治大学文学部文学科卒業。神奈川県立多摩高等学校教諭。平成23年度神奈川県優秀授業実践教員(第2部門)表彰。文部科学省委託事業英語教育推進リーダー。著書に『子どもに聞かれて困らない英文法のキソ』『まんがでわかる「have」の本』(いずれもアルク)『APPLAUSE LOGIC AND EXPRESSION Ⅰ~Ⅲ』(開隆堂出版)など。

イラスト:Satoshi Kurosaki

大竹保幹さんの著書

大竹保幹さんのその他の記事

SERIES連載

2024 07
NEW BOOK
おすすめ新刊
観光客を助ける英会話
詳しく見る