ENGLISH JOURNAL ONLINE

英語の新語・流行語で2010年代から2020年の世界がわかる!この言葉、覚えていますか?

新語・流行語

今月は、英語学習誌『ENGLISH JOURNAL』(EJ)の特集に関連して、「新語・流行語」の記事をたっぷりお届けします!新しい年を迎えるに当たり、2010年からの10年間を振り返ってみましょう。各年にアメリカ、イギリス、日本で広まった言葉や、2020年を語るのに欠かせない英語表現などを紹介。

新語・流行語から振り返る10年

2010~19年の日本、アメリカ、イギリスの新語・流行語(Word of the Year)を一挙に見ていきます。日本と英語圏との違いや、「#BlackLivesMatter」がアメリカでは2014年に注目されていたことなど、いろいろと発見があるでしょう。

fake news」は日本でもおなじみですが、「youthquake」はなんでしょうか?ぜひチェックしてみてください!

ej.alc.co.jp

有識者が選ぶ2020年を表す英語フレーズ

有識者の方々に、2020年を表す英単語やフレーズを選んでもらいました。それらの言葉や、師走に放送、報道される今年の出来事などを参考に、自分でもこの1年を表す英語表現を考えてみるのはいかがでしょうか?

ej.alc.co.jp

「英辞郎 on the WEB」で2020年に最も検索されたワードは?

オンライン英和・和英検索サービスである「英辞郎 on the WEB」*1の2020年検索ワードランキングを発表します。定番の言葉もあれば、今年ならではのものも。あなたが調べたあの単語は入っているでしょうか?

ランク外だけれど編集部が注目した言葉も紹介!

ej.alc.co.jp

ウェブスター英語辞書の「今年の言葉」を検証!

翻訳書の『ウェブスター辞書あるいは英語をめぐる冒険』(左右社)も話題になった、アメリカの英英辞典の代表格、メリアム・ウェブスター辞典。そのオンライン版で検索された語から、毎年、Word of the Yearが選ばれています。

日本でも片仮名でおなじみの語でも、英語としての使い方から当時の情勢が垣間見えます。ニュースなどの翻訳を手掛け、ライターでもある松丸さとみさんが解説。

ej.alc.co.jp

2019年を表す英語の言葉:OK boomer、cancel cultureって?

2019年に日本と海外で起こった主な出来事と一緒に、アメリカとイギリスの流行語やオックスフォード英語辞典の新語を紹介します。

ej.alc.co.jp

2018年を表す英語の言葉:tender-age shelter、toxicって?

2018年に日本と海外で起こった主な出来事と一緒に、アメリカとイギリスの流行語やオックスフォード英語辞典の新語を紹介します。

ej.alc.co.jp

2016~17年を表す英語の言葉:broflake、wintervalって?

2016~17年に日本と海外で起こった主な出来事と一緒に、アメリカとイギリスの流行語やオックスフォード英語辞典の新語を紹介します。

ej.alc.co.jp

2014~15年を表す英語の言葉:staycation、vape、baeって?

2014~15年に日本と海外で起こった主な出来事と一緒に、アメリカとイギリスの流行語やオックスフォード英語辞典の新語を紹介します。

ej.alc.co.jp

2012~13年を表す英語の言葉:buzzworthy、omnishamblesって?

2012~13年に日本と海外で起こった主な出来事と一緒に、アメリカとイギリスの流行語やオックスフォード英語辞典の新語を紹介します。

ej.alc.co.jp

2010~11年を表す英語の言葉:squeezed middle、earworm、sheepleって?

2010~11年に日本と海外で起こった主な出来事と一緒に、アメリカとイギリスの流行語やオックスフォード英語辞典の新語を紹介します。

ej.alc.co.jp

特集「世界の新語・流行語」をEJ1月号でチェック!

2週間無料でお試しできる!プレミアムメンバーシップ

プレミアムメンバーシップ2週間無料

月額980円(税抜)のプレミアムメンバーシップに会員登録をしていただくと、「PREMIUM」エリアに公開されるすべての有料記事へアクセスができます。 ほかにもアルクの電子書籍の購読、イベント優待など、学習のモチベーションを継続させるためのさまざまなコンテンツをご用意していく予定です。 まずはぜひ、2週間無料でお試しください。

*1:「英辞郎」は道端早知子氏の登録商標です。

ENGLISH JOURNAL ONLINE編集部

ENGLISH JOURNAL ONLINE編集部「英語を学び、英語で学ぶ」学習情報誌『ENGLISH JOURNAL』が、英語学習の「その先」にあるものをお届けします。単なる英語の運用能力にとどまらない、知識や思考力を求め、「まだ見ぬ世界」への一歩を踏み出しましょう!