ENGLISH JOURNAL ONLINE

国によって全然違う!?日本・アメリカ・イギリスの流行語10年分を一目でチェック!!

国によって全然違う!?日本・アメリカ・イギリスの流行語10年分を一目でチェック!!

世相が反映された新語・流行語を見れば、その年がどんな年だったかが一目でわかります。アメリカ・イギリス・日本で新たに生まれた言葉や流行した単語からこの10年を振り返り、来る2021年がどんな年になるかを予想してみましょう。

世界ではどんな言葉が流行した?

日本以外でも、その年に流行した言葉を選定して発表する国があります。日本の流行語大賞で選ばれた言葉と、アメリカとイギリスの「Word of the Year」(日本でいう流行語大賞のようなもの)をご紹介します。各国で選ばれた言葉を比べて、国民がどんなことに興味を持っているのかを考えてみてはいかがでしょうか。

アメリカ、イギリスの大賞に選ばれた言葉やノミネートされた言葉のいくつかについては、次回以降の記事で詳しくご紹介します。(12月11日以降公開予定)

2020

日本

【大賞】3密

【ノミネート】愛の不時着、あつ森(あつまれ どうぶつの森)、アベノマスク、鬼滅の刃など

2019

日本

【大賞】ONE TEAM

【ノミネート】計画運休、タピる、免許返納、闇営業など

US

(my) pronouns

UK

climate emergency

2018

日本

【大賞】そだねー

【ノミネート】eスポーツ、(大迫)半端ないって、おっさんずラブ、スーパーボランティアなど

US

tender-age shelter

UK

toxic

2017

日本

【大賞】インスタ映え、忖度

【ノミネート】Jアラート、プレミアムフライデー、○○ファーストなど

US

fake news

UK

youthquake

2016

日本

【大賞】神ってる

【ノミネート】トランプ現象、ゲス不倫、ポケモンGO、PPAPなど

US

dumpster fire

UK

post-truth

2015

日本

【大賞】爆買い、トリプルスリー

【ノミネート】一億総活躍社会、五郎丸(ポーズ)、ドローンなど

US

singular “they”

UK

Face with Tears of Joy(うれし泣きの絵文字)

2014

日本

【大賞】ダメよ~ダメダメ、集団的自衛権

【ノミネート】ありのままで、カープ女子、壁ドン、マタハラなど

US

#BlackLivesMatter

UK

vape

2013

日本

【大賞】今でしょ!、お・も・て・な・し、じぇじぇじぇ、倍返し

【ノミネート】アベノミクス、ご当地キャラ、ブラック企業など

US

because

UK

selfie

2012

日本

【大賞】ワイルドだろぉ

【ノミネート】LCC、終活、iPS 細胞など

US

hashtag

UK

omnishambles

2011

日本

【大賞】なでしこジャパン

【ノミネート】スマホ、どや顔、帰宅難民、風評被害など

US

Occupy

UK

squeezed middle

2010

日本

【大賞】ゲゲゲの~

【ノミネート】イクメン、AKB48、女子会、ととのいました、~なうなど

US

app

UK

big society

各国の選定団体

日本

「現代用語の基礎知識」選 ユーキャン新語・流行語大賞

1984年に創始。『現代用語の基礎知識』収録の用語をベースに、自由国民社および大賞事務局がノミネート語を選出。選考委員会によってトップテン、年間大賞語が選ばれる。

www.jiyu.co.jp

US

American Dialect Society(ADS)

1889年設立。北米の英語や方言などの研究を行っている団体。メンバーには学者や教授、教師、作家などの言語のプロフェッショナルのほか、大学生などさまざまな人によって構成されている。毎年メンバーの投票でWord of the Yearを決定する。

www.americandialect.org

UK

Oxford University Press(OUP)

イングランド・オックスフォード大学の出版局兼出版社で、世界最大規模の大学出版局。言語調査プログラムによって収集されたデータからノミネートを選定し、オックスフォード・ランゲージ・チームによってWord of the Yearを決定する。

languages.oup.com

「世界の新語・流行語」特集は『ENGLISH JOURNAL』1月号で!

※本記事は『ENGLISH JOURNAL』2021年1月号に掲載した記事を再編集したものです。

ENGLISH JOURNAL ONLINE編集部

ENGLISH JOURNAL ONLINE編集部「英語を学び、英語で学ぶ」学習情報誌『ENGLISH JOURNAL』が、英語学習の「その先」にあるものをお届けします。単なる英語の運用能力にとどまらない、知識や思考力を求め、「まだ見ぬ世界」への一歩を踏み出しましょう!