「飛行機雲」って英語でなんて言う?

青空に一筋の飛行機雲を見つけると、なぜかわくわくしませんか?さて、「飛行機雲」は英語でなんと言うでしょう。

「飛行機雲」を英語で言うと?

飛行機を見つけると、ちょっと嬉しい気持ちになりませんか。そんな飛行機雲はどんなふうに作られるのでしょうか。

それは、飛行機が高速で飛行する際に、そのエンジンの排気ガスが冷たい空気中で急速に冷やされ、水蒸気が凝結して形成される現象です。これにより、飛行機が通った後に長い帯状の雲ができることから、一般的に「飛行機雲」と呼ばれるのだそうです。 英語では、この現象をcontrails(condensation trailsの略)という表現を使います。

contrails

飛行機雲

condensationは「凝縮状態、結露」を意味します。ここでのtrailは「後を引くもの」や「跡」を意味します。飛行機雲は、飛行機が飛行する際にその後ろに長い雲の帯を形成するため、この名前が使われています。また、vapor trailsという表現もあります。vaporは「蒸気、ガス」を意味するので、vapor trailsは「蒸気の後を引くもの」という意味になります。

「飛行機雲」を見つけたときに使えるフレーズ

飛行機雲を見つけたときに、つぶやきそうなフレーズを見てみましょう。

飛行機雲を見て清々しい気持ちになったとき

青空にくっきりと見える飛行機雲を見つけたら、楽しい気持ちになりますよね。や流れ星などを見つけたときと同じように、いつもとちょっと違う空の様子は誰かに伝えたくなりませんか?

Look! There’s a beautiful contrail stretching across the sky.
見て!奇麗な飛行機雲が空に広がっているよ。

The crisscrossing contrails up above make the sky look like a canvas!
飛行機雲が上空を横切っていて、空がキャンバスのように見える!

The contrails crisscrossing the sky make me think of all the places I want to visit.
空を横切る飛行機雲を見ると、行ってみたい場所が思い浮かぶなあ。

Look, there are so many contrails in the sky today. The airport must be busy.
見て、今日は空にたくさんの飛行機雲があるね。空港は混雑しているに違いないね。

Spotted a long contrail, wonder where that plane is off to.
長い飛行機雲だよ!あの飛行機はどこに向かっているんだろう。

The contrails were like brushstrokes painting their journey.
飛行機雲は旅路を描く筆跡のようだった。

Her dreams soared higher than the contrails.
彼女の夢は飛行機雲よりも高く飛んだ。

He left a contrail of achievements behind him.
彼は功績の跡を残した。

天気と関係ありそうな飛行機雲

飛行機雲は天気とも関係しているようです。飛行機雲がなかなか消えないときは、上空の空気が湿ってきている状態で、雨が降りやすくなります。 逆に、上空の空気が乾燥しているときは、飛行機雲がすぐに消えてしまうのだそうです。

The weather forecast predicted clear skies, but the contrails tell a different story; it might change soon.
天気予報では晴れだったのに、飛行機雲が違うことを物語っているよ。天気はすぐに変わるだろう。

Contrails are formed when the water in the exhaust gases of aircraft cools rapidly in the cold upper atmosphere.
飛行機からの排気ガスに含まれる水分が、冷たい上層大気で急速に冷やされることで、飛行機雲が形成されるんだよ。

はかなさを想像させる飛行機雲

飛行機雲をはかないもののえとして、つぶやくこともありそうです。

As ephemeral as a contrail in the sky.
飛行機雲が空に消えるようなはかなさ。

Like a contrail, he made his mark and then faded away.
飛行機雲のように、彼は痕跡を残し、そして消えて行った。

His thoughts were as scattered as contrails in the sky.
彼の思考は空の飛行機雲のように散らばっていた。

飛行機雲を見つけたときの会話例

飛行機雲を眺めながらの会話例を見てみましょう。

A: Sometimes I feel as fleeting as a contrail.
B: That’s deep. But remember, even something fleeting can leave a lasting impression.

A:僕、時々自分が飛行機雲みたいにはかない存在に感じるんだ。
B:それは深いね。でも、はかないものでも印象に残ることがあるってことを覚えておいてね。

ENGLISH JOURNAL編集部
ENGLISH JOURNAL編集部

「英語を学び、英語で学ぶ」学習情報誌『ENGLISH JOURNAL』が、英語学習の「その先」にあるものをお届けします。 単なる英語の運用能力にとどまらない、知識や思考力を求め、「まだ見ぬ世界」への一歩を踏み出しましょう!

英文校正:Peter Branscombe

語彙力&フレーズ力を磨く、おすすめの本

ネイティブと渡り合える、知的で洗練された英単語力。

本書は、アルクの『月刊ENGLISH JOURNAL』(1971年創刊~2023年休刊)に掲載されたネイティブスピーカーの生のインタビューやスピーチ、約300万語のビッグデータから、使用頻度の高い英単語300個を厳選し、一冊に編んだものです。

すべての英単語は日本語訳、英英定義、例文と共に掲載、無料ダウンロード音声付きで、読んでも聞いても学べる英単語帳です。また、難易度の高い単語をしっかり定着させるため、穴埋め問題やマッチング問題、さらに構文や使用の際に気を付けるべきポイント解説も充実しています。伝えたいことが明確に伝えられる、上級者の英単語力をこの一冊で身に付けましょう!

英語中級者と上級者の違いは、的確で、気の利いたフレーズ力!

50余年の歴史を持つ、アルクの『月刊ENGLISH JOURNAL』(1971年創刊~2023年休刊)に掲載されたインタビューやスピーチ約300万語というビッグデータの中から、頻出する英語フレーズ300個を厳選。日常会話やemail、SNSではよく使われているのに、日本人が言えそうで言えない、こなれたフレーズを例文と英英定義と共に収載しました(全音声付き)。

厳選した300種類の穴埋め問題&マッチング問題を通して、「見てわかる」のレベルから「自分でも使える」ようになるまで、しっかり定着させます。上級者への壁をこの一冊で打ち破りましょう!

難関大を目指す受験生が英単語を「極限まで覚える」ための単語集

大学入試などの語彙の問題は、「知っていれば解ける、知らなければ解けない」ものがほとんど。昨今の大学入試に登場する単語は難化していると言われており、文脈からの推測や消去法では太刀打ちできない「難単語の意味を問う問題」が多数出題されています。こうした問題をモノにして、周囲に差をつけるには、「難単語を知っていること」が何よりのアドバンテージです。

SERIES連載

2024 07
NEW BOOK
おすすめ新刊
観光客を助ける英会話
詳しく見る