イギリス文化と英語を堪能!ビートルズ、推理小説、シェイクスピア、ファッション、スラングなど

イギリス文化

今月は、英語学習誌『ENGLISH JOURNAL』(EJ)の特集に関連して、「イギリス文化」の記事をたっぷりお届けします!「美術」「デザイン」「ファッション」「文学」「戯曲」「音楽」――世界や日本が影響を受けたイギリス文化の神髄とは?使ってみるとイギリスにいる気分が味わえる英語フレーズも紹介!

美術:ウィリアム・ホガースと美のエッセンス

18世紀イギリスを代表するアーティスト、ウィリアム・ホガースをご存じですか?日本での知名度は高くありませんが、欧米ではビッグネームです。

西洋美術史上、ホガースが残したものは大きく2つあるそうです。それは、現代漫画への影響と、「モノの見方」につながる芸術論。どういうことなのでしょうか?

ej.alc.co.jp

デザイン:ウィリアム・モリスふたたび

「アーツ・アンド・クラフツ運動」で知られるウィリアム・モリス。彼の「手作りのアート」とは?1970年代のロンドンでよみがえった理由は?

ej.alc.co.jp

ファッション:世界に影響を与え続けるイギリスファッション

近現代のファッション史に影響を与えたイギリスのファッション。特に20世紀後半に活躍したデザイナーとは?「階級社会の不条理」や「伝統という名の旧弊」との闘いから誕生した世界を紹介します。

ej.alc.co.jp

文学:ビクトリア朝の光と闇を描く名探偵小説

アーサー・コナン・ドイルが生み出した名探偵シャーロック・ホームズは、現在もドラマ化などにより、翻案も含めて新たな姿が描かれ続けています。その小説の「裏読み」と魅力をお伝えします。

ej.alc.co.jp

生誕130周年で映画化も話題のアガサ・クリスティー

イギリスの名優ケネス・ブラナーが監督・主演を務め、豪華キャスト陣で製作された映画、『オリエント急行殺人事件』『ナイル殺人事件』が話題になっています。

両作品とも、原作はアガサ・クリスティーによる、世界中で人気の名探偵ポアロが登場する小説。その『ナイルに死す』(早川書房)の翻訳家、黒原敏行さんが徹底解説します。

ej.alc.co.jp

戯曲:世界中の喜怒哀楽に浸透したシェイクスピアの台詞

ウィリアム・シェイクスピアの作品は、英語圏など世界中の映画から日常生活にまで広く影響を与えています。その台詞(せりふ)が持つ「読み手が独自に解釈できる奥深さ」とは?ENGLISH JOURNAL ONLINEでもおなじみのシェイクスピア研究者、北村紗衣さんが紹介します。

ej.alc.co.jp

音楽:誰よりもイギリスらしかったザ・ビートルズの音楽

1960年代に活動し、今も世界的な人気を誇る音楽グループ、ザ・ビートルズ。その「イギリスらしいさ」とはなんだったのでしょうか?

ej.alc.co.jp

イギリス人にしか通じない英語スラング40

知っていたらイギリス通!?イギリスといえばこの方、通訳者の川合亮平さんが、2回にわたって、イギリス特有のスラングを紹介します。例えば、blimeyやcheekyはイギリスの人がよく使っていますよ!

ej.alc.co.jp

ej.alc.co.jp

イギリス王室を扱ったおすすめの海外ドラマ&映画

イギリスのロイヤル・ファミリーは現代も話題に事欠きませんが、歴史上も多種多様な人物が知られています。そんな王室は、ドラマや映画の格好なテーマになり得ます。中でも特に面白くて英語の勉強にもなるおすすめの作品を紹介!

ej.alc.co.jp

特集「イギリス文化論」をEJ12月号でチェック!

2週間無料でお試しできる!プレミアムメンバーシップ

プレミアムメンバーシップ2週間無料

月額980円(税抜)のプレミアムメンバーシップに会員登録をしていただくと、「PREMIUM」エリアに公開されるすべての有料記事へアクセスができます。 ほかにもアルクの電子書籍の購読、イベント優待など、学習のモチベーションを継続させるためのさまざまなコンテンツをご用意していく予定です。 まずはぜひ、2週間無料でお試しください。

ENGLISH JOURNAL ONLINE編集部

ENGLISH JOURNAL ONLINE編集部「英語を学び、英語で学ぶ」学習情報誌『ENGLISH JOURNAL』が、英語学習の「その先」にあるものをお届けします。単なる英語の運用能力にとどまらない、知識や思考力を求め、「まだ見ぬ世界」への一歩を踏み出しましょう!