complacentってどういう意味?【無敵の難単語】

「英単語は極限まで覚えろ!」がキャッチフレーズの書籍『大学入試 無敵の難単語 PINNACLE 420』から、難単語クイズをお届けします。complacentの意味は①「予測不可能」②「熱心な」③「自己満足の」④「過剰な」のどれでしょう。

難単語クイズに挑戦!

問題

次の文中のcomplacentはどういう意味でしょうか?正しいと思うものを①~④より1つ選びましょう。

Despite the looming challenges in the industry, the company took complacent approach toward innovation and adaptability, which hindered its growth and competitiveness.

①「予測不可能」
②「熱心な」
③「自己満足の」
④「過剰な」

解答と解説

正解 ③

complacent /kəmpléisnt/
形容詞 ①(態度などが)自己満足の、独りよがりの ②慢心している ③のんきな

「実際には問題があるのに、自身または現状に満足し、変化や努力は不要だという心理状態にあること」を表す語で、批判的なニュアンスがある。名詞を前から修飾する形で用いるほか、complacent about X(Xについて慢心して、独りよがりの)という形でも用いる。【例】A lot of people in Japan are complacent about their security.(日本で暮らす多くの人は自らの安全に関して慢心している)

self-complacent(自己満足の、独りよがりの)という語もある。【派生語】complacency 名詞 自己満足、独りよがり、慢心【例】There is no room[time] for complacency.(自己陶酔している場合ではない)

問題文の訳

業界に差し迫った難題が存在するにもかかわらず、技術革新や柔軟性に関して慢心した取り組み方をしていたため、それが同社の成長と競争力の妨げとなった。

complacentを使った例文

Despite receiving constructive criticism, she remained complacent about her writing skills, believing they needed no improvement.
建設的な批判を受けても、彼女は自身の執筆スキルに自己満足し、改善の必要がないと信じていた。

The team became complacent after a series of wins, neglecting their training and preparation for upcoming matches.
連勝したことでチームは慢心し、今後の試合に向けたトレーニングや準備を怠った。

Even as deadlines approached, he was complacent, spending his time leisurely without a sense of urgency.
締め切りが近づいているにもかかわらず、彼はのんびりと時間を過ごし、緊急性を感じていなかった。

ENGLISH JOURNAL編集部
構成:ENGLISH JOURNAL編集部

英語を学び、英語で学ぶための語学情報ウェブサイト「ENGLISH JOURNAL」が、英語学習の「その先」にあるものをお届けします。 単なる英語の運用能力にとどまらない、知識や思考力を求め、「まだ見ぬ世界」への一歩を踏み出しましょう!

※ 本記事は、書籍『大学入試 無敵の難単語 PINNACLE 420』(アルク)の内容を基に再構成したものです。例文はENGLISH JOURNAL編集部が独自に追加しています。

おすすめ本:頂点を目指す人のための「仕上げの英単語集」

英単語を「極限まで覚える」ための単語集

大学入試などの語彙の問題は、「知っていれば解ける、知らなければ解けない」ものがほとんど。昨今の大学入試に登場する単語は難化していると言われており、文脈からの推測や消去法では太刀打ちできない「難単語の意味を問う問題」が多数出題されています。こうした問題をモノにして、周囲に差をつけるには、「難単語を知っていること」が何よりのアドバンテージです。

なお、本書は大学入試のみならず、究極の語彙力を身に付けたい全ての英語学習者にでもおすすめできる一冊です。この記事で紹介した単語も『大学入試 無敵の難単語 PINNACLE 420』に掲載しています。ぜひ、本書を手に取って「頂点(pinnacle)」を目指してください!

語彙力&フレーズ力を磨く、おすすめの本

ネイティブと渡り合える、知的で洗練された英単語力。

本書は、アルクの『月刊ENGLISH JOURNAL』(1971年創刊~2023年休刊)に掲載されたネイティブスピーカーの生のインタビューやスピーチ、約300万語のビッグデータから、使用頻度の高い英単語300個を厳選し、一冊に編んだものです。

すべての英単語は日本語訳、英英定義、例文と共に掲載、無料ダウンロード音声付きで、読んでも聞いても学べる英単語帳です。また、難易度の高い単語をしっかり定着させるため、穴埋め問題やマッチング問題、さらに構文や使用の際に気を付けるべきポイント解説も充実しています。伝えたいことが明確に伝えられる、上級者の英単語力をこの一冊で身に付けましょう!

英語中級者と上級者の違いは、的確で、気の利いたフレーズ力!

50余年の歴史を持つ、アルクの『月刊ENGLISH JOURNAL』(1971年創刊~2023年休刊)に掲載されたインタビューやスピーチ約300万語というビッグデータの中から、頻出する英語フレーズ300個を厳選。日常会話やemail、SNSではよく使われているのに、日本人が言えそうで言えない、こなれたフレーズを例文と英英定義と共に収載しました(全音声付き)。

厳選した300種類の穴埋め問題&マッチング問題を通して、「見てわかる」のレベルから「自分でも使える」ようになるまで、しっかり定着させます。上級者への壁をこの一冊で打ち破りましょう!

難関大を目指す受験生が英単語を「極限まで覚える」ための単語集

大学入試などの語彙の問題は、「知っていれば解ける、知らなければ解けない」ものがほとんど。昨今の大学入試に登場する単語は難化していると言われており、文脈からの推測や消去法では太刀打ちできない「難単語の意味を問う問題」が多数出題されています。こうした問題をモノにして、周囲に差をつけるには、「難単語を知っていること」が何よりのアドバンテージです。

SERIES連載

2024 02
NEW BOOK
おすすめ新刊
ITエンジニア本大賞2024受賞!チームを動かすIT英語実践マニュアル
詳しく見る
メルマガ登録