においを表現するのにsmellはダメ?日本酒の香りと味わいを伝える英語表現

日本酒オタクのおもてなし英語

連載「日本酒オタクのおもてなし英語」では、国際利酒師や日本酒学講師の資格を持つあゆみせんせいが、日本酒の知識や日本酒にまつわる英語表現を紹介します。第3回は、「五感で感じる、日本酒の香りと味わい」について教えていただきます。

日本酒 × 英語で暮らしを豊かに

「日本酒オタクのあゆみせんせい」こと、日本酒サービス研究会・酒匠研究連合会(SSI)公認の国際利酒師および日本酒学講師の藤代あゆみです。

前回の記事で募集を開始した#日本酒オタクに聞きたい のハッシュタグですが、TwitterやInstagram上でさまざまなご質問・コメントありがとうございます!皆さんが日本酒をもっと楽しみたいという気持ちが伝わってきてとてもうれしいです。まだまだ募集しているので、お気軽に投稿してくださいね。

というわけで今回は、日本酒をより楽しく飲むためのTipsをご紹介しながら、英語を使って世界を広げるお手伝いをできたらと思っています。

日本酒も英語も五感が大事

日本酒は経験である

「日本酒は飲み物です!」と当たり前のことを前回の記事で豪語していましたが、五感をフルに活用して飲むともっと日本酒を楽しめちゃうんです。

まず目に入るのはラベルですよね!筆で名前が書いてある、いかにも日本酒らしいものから、おしゃれなものまで、見ているだけでも楽しめます。それから、お猪口(ちょこ)や徳利(とっくり)などに、とくとくとく・・・と注ぐときの音もわくわくしますよね。注がれた日本酒を見れば、清んだ日本酒だったり、ほんのりにごっていたり、はたまたべっこう飴みたいに綺麗な黄色だったり。

日本酒に顔を近づけるといい香りがして、口に含めば「あー!めちゃくちゃおいしー!」と幸せな気持ちに。「口の中にずっと入れていたい・・・」という欲望を諦めて(笑)飲み込めば、日本酒ののどごしがまた別の幸せを運んできてくれます。

そう、日本酒はモノですが、「飲む」ことは味や香りだけではなく、「人生の経験」というコトになるんです。

おうちで日本酒を飲むことが増えている昨今、誰かと一緒に飲む時間を恋しく思う日もありますが、誰にも邪魔されずに目の前にある日本酒を満喫できるチャンスだと思って、今の暮らしもせっかくだから楽しんじゃいましょう!

英語だって経験である

英語だって、言葉というツールですが、英単語などを学ぶときも日本語訳をそのまま覚えるのではなく、経験をすると身に付きやすいと思います。

例えば、appleという単語を見たときに、片手にちょうど乗るくらいの大きさで丸くて赤い色をしていて、甘い香りやほんのり感じる酸っぱさ、そして噛んだときのシャリシャリ感・・・などありありと思い浮かびますか?

毎回単語を覚えるたびに実際に経験するのは難しいかもしれませんが、そんなときは海外ドラマやリアリティーショーをNetflixで観たり、洋楽を聴いてみたり、おうちにいても経験する方法いっぱいあります!

実践!日本酒を飲みながら英語を身に付けよう

日本酒で英語も経験しよう!

日本酒も英語も、経験することが大事。ということは、日本酒を飲みながら英語を勉強すると日本酒が体に染み渡るとともに、英語も本当に体に染み込むんです!酒飲みには最高の勉強方法ですね!

日本酒を見る

普段見る日本酒はほとんど透明色ですが、実は元々は黄色っぽいんです。日本酒のコンセプトによって完全に黄色っぽい色を取り除いていたり、少しだけ残していたり、はたまた熟成させた日本酒だと綺麗で奥深い黄色になっていたり。

ところで、お猪口によくある青い二重丸は、日本酒の色味をよりはっきり見るため。青と黄色は反対色なんです。最近はニコニコマークのデザインもあったりして可愛いですよね〜!

日本酒の色

黄色は英語でyellowなので、日本酒の色味で使ってももちろんいいのですが、日本酒の黄色っぽさはバナナのような黄色ではないので、“-ish”という語尾を付けることで「○○っぽい」という表現になり、ちょっと英語通に聞こえます。

英語が得意な方はご存じかもしれませんが、適当な私は普段この“-ish”を使うのが大好き!(笑)10分、20分の遅刻は定刻扱いのシンガポールでは、打ち合わせでも「2時から」なんて言わずに“2ish?”と「2時すぎくらいに適当に」なんて言ったりしますね。

日本酒をかぐ

においは英語で“smell”と言いますが、“smell”だと臭いにおいも含まれてしまいます。日本酒のにおいのことを言うときは“aroma”を使うといい香りなのが伝わります。また、日本酒はお米からできていますが、実はお米以外の香りもするんです!不思議ですよね!もっと知りたい人は #日本酒オタクに聞きたい からどうぞ!(笑)

爽やか系

fruity aroma

フルーツのような香り

りんごやバナナ、メロンやマスカットなど、果物みたいな香りがしたときに使ってみましょう!

flowerish aroma

お花のような香り

辞書で調べると出てこないこの単語・・・そう、“Flower + ish”でお花っぽいという意味に!

お米系

rice aroma

お米のような香り

お米からできている日本酒なので、いちばん親しんでいる香りかもしれませんね。

熟成系

nutty aroma

ナッツのような香り

nuttyだけだと「ばか」という意味になってしまうので、必ず“aroma”を付けましょう。こういう単語ほど覚えやすかったりしますが(笑)

spicy aroma

スパイスのような香り

スパイシーって「辛い」っていう意味じゃないの?!もちろん舌がヒリヒリするようなときもスパイシーですが、ここでは香辛料、例えばゴマやシナモンなどを思い浮かべてもらえたらと思います。

日本酒を味わう

味は「甘い」とか「酸っぱい」ということですが、「味わい」というと、飲み口がすっきりしているのか、重みがあるのか、など口の中で感じることも全部含んでいます。

口あたり

smooth

なめらか

お水のように飲めちゃう日本酒ってありますよね!そんな日本酒に出合ったらぜひ使ってみてください。

sharp

キレがある

ワインは余韻を大事にしますが、日本酒は余韻だけでなくキレも特徴のひとつ。

rich

豊か、奥深い

お金がたくさんある人をリッチというように、日本酒でもいろいろな味がしたらリッチと言います。

甘辛

sweet

甘口

ケーキやチョコレートのような甘さではないものの、日本酒の甘みもスウィートと言います。

dry

辛口

唐辛子や山椒を食べたときのような舌がヒリヒリする辛さはスパイシーですが、日本酒の「辛口」は実はアルコールをより強く感じるから。辛口好きの方は絶対覚えましょう!

well-balanced

真ん中

とっても便利なこの表現!甘いのか辛いのか、どっちとも言えない日本酒もたくさんありますから、そんなときはこれでOKです。

これらの単語を覚えたら、実際に文章にもトライしてみましょう!

This Junmai Dai Ginjo Sake is fruity and sweet taste.
この純米大吟醸酒はフルーティーで甘口です。

This Junmai Sake has beautiful yellowish color and rich flavor.
この純米酒は綺麗な黄色みがかった色をしていて、豊かな味わいです。

I love sharp and dry Sake!
私はキレのある辛口の日本酒が好きです!

This Honjozo Sake is smooth and it goes well with Sashimi.
この本醸造酒はなめらかでお刺身に合います。

おわりに

英語の勉強するときにお酒を飲むなんてもってのほか、そんな風に思っていませんでしたか?学生時代は勉強をしてテストでいい点数を取ることが目標だったかもしれませんが、大人になると仕事や趣味で活かすために勉強することが多いですよね。TOEICで高得点を取れたらうれしいですが、実用的じゃなかったら意味がありません!だから、暮らしの一つ一つのすべてが学びにつながるんです。

日本酒は好きだけど、英語は全然・・・という方も、自分の「スキ」を世界中の人に伝えられるなら!とちょっとだけでも英語に興味を持っていただけたらうれしいなと思っています。オタクは布教に余念がないのです(笑)

「#日本酒オタクに聞きたい」を募集中!

ENGLISH JOURNAL ONLINEとのコラボであなたの聞きたいことに答えちゃう企画実施中です!「お酒はあんまり飲めないけど、日本酒を楽しむにはどうすればいいの?」というご相談から、「あゆみせんせいはいつも何を飲んでるの?」なんていう気楽なものまで絶賛募集中です!

#日本酒オタクに聞きたいというハッシュタグを付けてTwitterでつぶやいたり、Instagramでポストしたり、気軽に参加してくださいね。

タグ付けされたものの中からピックアップして、「日本酒オタクのおもてなし英語」にて詳しく解説させていただきます。

みんなで一緒に日本酒も英語も楽しんでいきましょう〜!

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

藤代あゆみ🍶AYUMI AND SAKE(@ayumi_and_sake)がシェアした投稿 -

藤代あゆみ

藤代あゆみ
平成元年、東京生まれ、共立女子大学文芸学部劇芸術コース卒。日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)公認国際利酒師・日本酒学講師。日本酒などの輸入・販売・販路開拓支援を行うIPPIN PTE LTDと共に、シンガポール全域にて日本酒を1時間で配達する画期的なサービス「SAKE TO GO」を展開。マレーシア・タイ・ベトナム・インド等でも日本酒を広める活動を展開している。好きな漫画は『推しが武道館いってくれたら死ぬ』(著 平尾アウリ・徳間書店)
Official Website:https://www.ayumi-and-sake.tokyo/
Twitter:@ayumi_and_sake
Instagram:@ayumi_and_sake