迷ったら「あれ」をなくすとtheの役割が見えてくる!

解いて磨こう冠詞神経【5】

本当に小さな単語だから、読み飛ばしてもなんとなく意味はわかる気がする、aやthe。ただ、実際に自分が英語を書こうと思うと、どちらを選択していいのか悩んだり、結局あいまいに書き進めたり、その結果、ちょっと違う意味で伝わっていたり……といったことはありませんか?この機会にじっくり冠詞と向き合い、問題を解いて、冠詞に対する感覚を研ぎ澄ましましょう。第5回では、theの役割についてさらに理解を深めます。

Vol. 1~Vol.4までの連載はこちら

Vol. 1 Vol. 2 Vol. 3 Vol. 4

「修飾語句」を気にしない

aとtheの使い分けは、「この表現には絶対に theを使う」とセットで覚えているものもあります。例えば比較表現の「最上級」はどうでしょうか。the kindest man(最も親切な人)、the most beautiful picture(最も美しい写真)のように theと一緒に使うように習います。the first snow(初雪)や the second boy(次男)などで使われている「序数詞」も、やはりtheとセットという感じがします。

しかし、これらはあくまでもtheと使うことが多いというだけであって、絶対の決まりがあるわけではありません。冠詞は「修飾語句」をほとんど気にせず、あくまでもaとtheの本来の意味を伝えているだけ。これが最後のポイントです。

最上級にtheを使うことが多いのは、「一番」という意味から対象を1つに絞ることができるからで、これは第3回で紹介したのと同じ考えです。the fastest boy in our class(クラスでいちばん足が速い男の子)は1人でしょうから、theが使われるのは当然です。このようにほかの誰かと比較して一番であることを表す形を「相対最上級」といい、こういうときにはtheを使います。一方、ほかとは比べずに「本当にすごい」という気持ちを伝える「絶対最上級」という表現もあります。

Hakone is a most beautiful place!

箱根って、本当にきれいな場所よね!

このような場合、個人的な感想を述べているのであって、ほかと比べて「世界でいちばん美しい場所」だと言っているわけではありません。最上級と冠詞の組み合わせは、候補を1つに絞れるかどうか次第で決まるのです。

迷ったら修飾語句をなくしてみる

少し難しいですが、序数詞にも aを使うことがあります。

I want a second chance.

もう一回チャンスが欲しい。

ここでは、「次の機会があることは予期しているけれど、確実にそれが起こるわけでもない」という不確定な気持ちをaが表していると考えてみましょう。つまり、second(2番目)という順序を意識しているというよりも、単純にanother chance(別の機会)くらいの意味合いで使っているということです。

思い切って secondを取っ払って、I want a chance.(チャンスが欲しい)とI want the chance.(そのチャンスが欲しい)ではどちらがいいかを考えてみても、やはりここではaを使った方がいいのだとわかります。

aとtheの使い分けに迷ったら、思い切って「修飾語句」を取ってどちらにする方がいいかを考えるのがコツなのです。

さて、以上のことを踏まえて、「自分の息子には兄弟がいない」ということを伝えたいとき、どちらの表現を使うのが自然でしょうか?

1. He is an only child.

2. He is the only child.

正解

「一人っ子だ」と言いたいので an only childが正解です。the onlyは「唯一の」を示すので、例えば5人兄弟であっても、ある場所に1人しか子どもがいなければ使えることもあります。物語では「世界に一人だけの子ども」のようなことも考えられますね。

練習問題に挑戦!

掲載されている英文にはすべて、どこか一箇所に空欄があります。それぞれ、a(an)かthe、またはどちらも必要ない場合には×を書き込みましょう。

※空所が文頭で無冠詞の場合も、最初の文字は小文字になっています。

1. My husband says getting a dog was his decision, but it was actually my idea in (   ) first place!

2. A: How’s your diet going?

B: Good, but I really want to eat (   ) second slice of cake.

3. The team was behind on their deadline, and there didn’t seem to be a way for them to catch up. As (   ) last resort, they decided to skip one of the steps in the approval process, but it backfired when their product was recalled for not meeting safety standards.

正解

1. the

My husband says getting a dog was his decision, but it was actually my idea in the first place!

(夫は、犬を飼うことに決めたのは自分だと言っているけれど、実際にはそもそもそれは私の考えだったのよ!)

解説:犬を飼うことを「最初」に言い出したのは「私」だと主張しています。物事の「順序」に視点を置いているので、特定できるthe firstが正解です。

2. a

A: How’s your diet going?

B: Good, but I really want to eat a second slice of cake.

(A:ダイエットはどうなっているの?

B:いい調子よ、でも2個目のケーキを食べたくてしかたないわ)

解説:ここでは「順序」というよりも、「もう1つ」ケーキを食べたいという気持ちなのでa secondが正解です。ちなみに、a second helping(おかわり)という表現も、順序を気にしていないので、不定冠詞です。

3. a

The team was behind on their deadline, and there didn’t seem to be a way for them to catch up. As a last resort, they decided to skip one of the steps in the approval process, but it backfired when their product was recalled for not meeting safety standards.

(そのチームは締め切りに間に合わず、遅れを取り戻すための方法もなさそうだった。最後の手段として、承認手続きのうち、一つの工程を飛ばすことに決めた。しかし、彼らの製品が安全基準を満たしていないためリコールされ、そのことが裏目に出てしまった)

解説:仕事で時間が足りず、「最後の手段」として承認手続きを省いたようです。「きっとほかにも手はあった」と考えれば、不定冠詞でa lastを使います。「承認工程を省くのが唯一の手段」とまで言う場合は、the lastですが、きっとほかにもありますよね。

さらに練習問題に挑戦するなら、EJ2020年3月号で!

ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2020年3月号

ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2020年3月号

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: アルク
  • 発売日: 2020/02/06
  • メディア: 雑誌
 

大竹保幹

文:大竹保幹(おおたけ やすまさ)
神奈川県立厚木高等学校教諭。1984年、横浜市生まれ。明治大学文学部文学科卒業。平成23年度神奈川県優秀授業実践教員(第2部門)表彰。文部科学省委託事業英語教育推進リーダー。趣味は読書。好きな作家はスティーヴン・キング。12月18日に著書『子どもに聞かれて困らない 英文法のキソ』(アルク)発刊。

構成:江頭茉里

※この記事は『ENGLISH JOURNAL』2020年3月号特集を再編集したものです。