バブル時代が生んだ”3兄弟”「アッシーくん」「メッシーくん」「ミツグくん」を英語で言うと?【アンちゃんの死語の世界】

アンちゃんことアン・クレシーニさんの連載「今よみがえる 死語の世界」第7回。今回は、バブル時代に生まれた「アッシーくん」を取り上げます。同時に生まれた「メッシーくん」「ミツグくん」も一緒に、英語ではなんと表現するのか見ていきましょう。

常連客の足がなくなった!?

この間、私と同じように長く日本に住んでいる外国籍の友人と、日本語のおかしなミスや勘違いについて笑いながら話しました。私にも数え切れないほど面白い話があるけれど、彼女のある経験を聞いて、「ああ!これがいい!」と思いました。

小売店に嫁いだその友人は、お店にもよく出て働いています。ある日、常連のお客様・Aさんがしばらく来ていないことに気付き、義理のお母さんに「Aさんは大丈夫ですかね。最近見かけないから心配しています」と尋ねました。義理のお母さんの返事は、「元気にされていますよ。ただ、足がないからなかなかお店に来られないの」でした。友人は、「ええ!?足がない・・・?」と心配そうな声で言ったそうです。

笑えるような話ですが、慣用句やスラングは本当に難しいです。外国人が「足がない」と耳にしたら、当然、「かわいそう!」と反応します。長く日本語を勉強すると、「足がない」=「移動手段がない」「車がない」みたいな意味があると分かりますが、こういう表現を把握するには、かなり時間がかかると思います。

ですから、バブル時代に流行った「アッシーくん」なんて、当然分かるわけがない!「うわあ、懐かしい!」と叫びたくなった人もいるでしょうか?今日は、この昭和生まれの魅力溢れる単語について解説します。「アッシーくん」の兄弟とも言える「メッシーくん」や「ミツグくん」も登場しますよ。

それでは今日も、アンちゃんと一緒に死語の世界を楽しみましょう!

「アッシーくん」の誕生と語源

1980年代後半〜1990年代前半はバブル時代でした。多くの人が経済的に恵まれていたので、マイカーを持つことが一般的でした。そして、高級車を所有していた人は、その車を自慢していました。

その豊かな時代の中で「アッシーくん」が生まれたのです。アッシーくんとは、女性の「足」になる男性。つまり、移動に困っている女性から電話がかかってきたら、アッシーくんは迷うことなく自分の車を出して、その女性を迎えに行きます。女性も、最終電車に乗り遅れたらタクシーではなくアッシーくんに電話します。

このアッシーくんですが、彼氏ではありません。アッシーくんはその女性のことが好きかもしれませんが、付き合っていないケースが多いし、お互いに好きになる可能性もほとんどない言えるでしょう。アッシーくんは、女性を喜ばせるため、いつでもどこにでも飛んでいくバブル時代の男性なんです。

アッシーくん以外にも、女性のために何かをする男性を表すバブル用語があります。

  • メッシーくん:「飯」から来た単語です。女性にご飯を奢る男性を差します。アッシーくんと同様に時間とお金の余裕があり、知り合いの女性にご飯を奢ることだけで満足する人です。
  • ミツグくん:ブランド品や高級な物を女性のために買う人です。ミツグくんも恋愛関係ではないことが多いです。
  • キープくん:女性が本命男性との恋愛がうまく行かないとき、予備の彼氏としてキープされている男性のこと。女性にキープくんへの恋愛感情は恐らくないし、結婚するつもりもないけれど、次の人が現れるまで彼氏としての場所を「キープする」役割です。居酒屋やスナックでお酒を「ボトルキープする」から生まれたそうです。

アッシーくんやメッシーくんなどは基本的に、都合よくもてあそばれています。相手の女性には恋愛の感情はなく、ただ彼らの車やお金を使いたいだけなのです。

「もてあそぶ」を英語で言うと?

では、この「もてあそぶ」、英語でなんて言えばいいでしょうか?

play with someone’s emotions(〔人〕の気持ちをもてあそぶ)
lead someone on(〔人〕に気を持たせる[妙な期待を抱かせる])

表現できます。では、例文を見ていきましょう。

She doesn’t really like you. She is playing with your emotions.
彼女、本当はあなたのこと好きじゃない。もてあそばれてるんだよ。

If you don’t like him, break up with him. Stop leading him on.
彼のことが好きじゃないなら、別れたほうがいいよ。もてあそんだらだめだよ。

誰かを「利用する」ことはuseやtake advantage of~と言います。

She isn’t into you at all. She is just using you for your car.
彼女はあなたのことが全く好きじゃないよ。ただ車を出して欲しいだけ。

He is taking advantage of your kindness.
彼はあなたの優しさを利用しているのよ。

Don’t take advantage of me!
私を利用しないで!

アッシーくんたちは、利用されていることももてあそばれていることも分かっているけれど、それでも女性と付き合いたいし、もしかしたら、女性の気持ちが変わるかもしれないと期待をしているのかもしれません。

アッシー・メッシー・ミツグ3兄弟はこう表す

アッシーくん、メッシーくん、ミツグくんの“3兄弟”を説明する表現はそれぞれ次のようになります。

アッシーくん
A guy who is used by a woman for his car. She doesn’t really like him in a romantic way but needs him to drive her around.
車のために女性に利用される男性。彼女は彼に必ずしも恋愛感情を抱いているわけではなく、彼の車に乗せてもらう必要があるのだ。

メッシーくん
A guy who treats a girl he likes to expensive meals, but she doesn’t usually like him in a romantic way.
好きな女の子に高価な食事をごちそうする男性で、女性は大抵、彼に恋愛対象として見ていない。

ミツグくん
A guy who buys a girl expensive stuff to win her favor, but she is just using him to get stuff. She is not really interested in him.
女の子に好かれようと高価なものを買い与える男性で、彼女は物を手に入れるために彼を利用しているだけ。彼女は彼にあまり興味がない。

アッシーくんはどこでもいつでも“足”になってくれるから、こんな言い方もあります。

When a guy chauffeurs a girl around when she needs him.

chauffeurは、自家用車のお抱え運転手という意味です。お金持ちのリムジン運転手のイメージが湧いてきますね。上の例文のように動詞として使うと、「誰かをあちこちに送り迎えする」という意味になります。また、taxiも全く同じ意味として使えます。

I spent all day chauffeuring my kids around.
I spent all day taxiing my kids around.
1日中、子供たちの送り迎えで忙しかった。

I am tired of chauffeuring you around. You need to get your driver’s license!
I am tired of taxiing you around. You need to get your driver’s license!
もう君をあちこち連れていくのがしんどいよ。運転免許を取ってくれ!

アッシーくんのもう一つの特徴は、いつ電話がきても車を出してあげる点です。そんなふうに言いなりになっている状態は、英語でbeck and callと言います。

He is at her beck and call. Whenever she needs him, he is always there.
彼は彼女の言いなりになっている。呼ばれたら必ず行きます。

An asshikun is a guy that is at the beck and call of the women around him. No matter when she calls him or where she is, he will go pick her up in his car.
アッシーくんとは、周りの女性の言いなりになっている男のこと。呼ばれたらいつでもどこにでも車で迎えに行きます。

3兄弟を表すイマドキ若者言葉のsimp

アッシーくん・メッシーくん・ミツグくん兄弟を、英語でsimpと言ってもいいと思います。simpは若者言葉で、まさにアッシーくんたちを表しているんです。

Urban Dictionaryでの定義は次の通り。

Someone who does way too much for a person they like
好きな人のために、いろいろやりすぎる人

ほとんどの場合、男性を表す言葉です。好きな人を喜ばせるために物を買ったり、親切なことをしたりする人で、どうしても好きな人に注目されたいのです。インスタやTikTokでよく使われていて、侮辱の意味でも使われているし、冗談っぽく使われている時も多いです。

You are being such a simp!(名詞)やYou are so simping on her!(動詞)のように、simpは、主に周りから言われる言葉です。

似たような表現には、You are so whipped.があります。これは、片思いの相手や彼女、奥さんなどのことが好きすぎて、その人のために何でもするし、その女性からコントロールされても平気ということを表現しています。自分に自由がなくなる場合もありますが、その人のことについてしか考えられない状態です。日本語に「尻に敷かれる」という表現がありますが、それと同じような意味です。

A:Let’s go out drinking next weekend.
来週末、飲みに行こうよ!

B:Sorry, my girlfriend doesn’t want me to go drinking.
ごめん、彼女が友達と飲みに行かないでほしいって。

A:Man, you are so whipped.
あなた、尻に敷かれてるよマジで。

キープくんは英語でなんて言う?

続いて、「キープくん」は英語でどう表現するのか見ていきましょう。

さまざまな言い方があり、back up partner/stand-by lover/spare-tire loverなどと言うことができます。back up partnerのback upは、日本語のバックアップ(支える)という意味ではなく、「予備」という意味です。

彼はキープくんだ。
He is my back up partner.
He is my stand-by lover.
He is my spare-tire lover.

アッシーくん、メッシーくん、ミツグくんと同様に、結婚するつもりは全くありません。ただ独りになりたくないので、次の好きな人が現れるまで、一時的に彼氏になってくれる人を示す単語です。キープくんは現代用語では「つなぎの彼氏」と言えそうです。

英語では、「つなぎの彼女」を表す言葉もあります。それがin-between girlです。付き合っていた恋人と別れてすぐの男性が、このin-between girlと時間を過ごすことがあります。独身としてどう生きていくかとよく分からないので、とりあえずこのin-between girlに優しくするのです。ちなみに、『Inbetween Girl』という映画があるみたい。私も見るから、皆さんも見てね!

まとめ

日本のバブル時代に生まれた独特な表現は、なかなか英語に訳しにくいことに気付きました。ぴったり当てはまる英単語がないとき、今日みたいに説明したほうがずっと分かりやすいと思います。

お金の余裕が山ほどあったバブル時代に、アッシーくん・メッシーくん・ミツグくんの“3兄弟”は誕生しました。しかし、今の時代はその余裕がないので、当然消えてしまいました。

言葉が消えてしまう理由はたくさんあります。似たような単語が出てきたり、社会が変わって使う場面がなくなったりすることが多いでしょう。「○○くん兄弟」は社会の変化のせいで消えたと言ってもいいと思います。“3兄弟”の再登場はなくてもよいけれど、バブル時代のように、経済的に豊かな国になってほしいなあ・・・。

アン・クレシーニ
アン・クレシーニ

アメリカ生まれ。福岡県宗像市に住み、北九州市立大学で和製英語と外来語について研究している。著書に『アンちゃんの日本が好きすぎてたまらんバイ!』(合同会社リボンシップ)。自身で発見した日本の面白いことを、博多弁と英語でつづるブログ「アンちゃんから見るニッポン」が人気。Facebookページも更新中! 写真:リズ・クレシーニ

本文写真: why kei, Michael Fenton from Unsplash

アン・クレシーニさんの本

アン・クレシーニさんの連載

SERIES連載

2024 02
NEW BOOK
おすすめ新刊
ITエンジニア本大賞2024受賞!チームを動かすIT英語実践マニュアル
詳しく見る
メルマガ登録