5、10-4、20。使いこなせたら楽しい!数を含む英語表現【ウルトラ英会話表現】

カン・アンドリュー・ハシモトさんの連載「爽快ウルトラ英会話表現」。第3回は前回に引き続き数字を含む表現を紹介します。取り上げるのは5、10-4、20など。What‘s your 20?と聞かれて答えることはできますか?

知っている単語ばかりなのに意味不明の表現を取り上げる第3回目です。前回に引き続き今回も数字を取り上げます。

まずはこれ。

Give me five.

「僕に5をくれ」ではありません。ここでのfiveは片手の指の数を表しています。「ハイタッチをしよう」という意味です。

何かいいことがあったとき、例えばスポーツ観戦で応援しているチームが得点を決めたとき、または自分自身がスポーツをしていてゴールをきめたときなど、「やった!ハイタッチしようぜ」のような感じで使う表現です。

ハイタッチはとてもうまい表現だと思いますが、和製英語です。日本で暮らしているといつの間にかそれも使ってしまいそうになりますが、英語でhigh touchと言っても通じません。ただし、high fiveという言葉はあります。

All right! High five!
やった!ハイタッチしよう!

また、high-fiveを1語の動詞にして、次のように言うこともできます。

High-five me.
僕とハイタッチしよう。

ちなみに腰のあたりで相手と手をたたき合うlow fiveという行為もあります。high fiveをするほど最高ではないけど「まあよかったよね」のようなレベルのときに Low five! と言い、低い位置で手をたたき合います。

このhigh fiveとlow five を使った、アメリカ人なら誰でもやったことがある遊びがあります。

  1. まず Give me five! と言って手をたたき合います。
  2. 次に Up high! と言い、もう一度高い位置で手を合わせます。
  3. そして Down low! と言い、低い位置で手をたたくように見せかけて手を引っ込め、Too slow!(遅すぎるよ)と言って相手をからかいます。

他愛もない遊びですが、アメリカ人なら(イギリス人でも)これをやったことがない人はいません。

もし、あなたに知り合いのお子さんでアメリカ出身の子供がいたら、いきなりこの遊びを仕掛けてくるかもしれません。知っておくとその子と仲良しになれますよ。

映画やドラマにもしばしば出てきます。『ターミネーター2』(1991)というSF映画の中でも、アーノルド・シュワルツェネッガーが演じるターミネーターと子供がこれをするシーンがあります。下の動画を見ると、相手をどんなふうにからかうのか、その雰囲気が分かると思います。

ちなみにこの遊びで口にする決まり文句で、気付くことはありませんか?

Give me five! Up high! Down low! Too slow.

この4つの文が奇麗に韻を踏んでいます。fiveとhighが/ai/の音で、lowとslowが/ou/の音で韻を踏んでいます。韻は英語でrhymeといいます。英語文化ではとても重要視されているもので、こういう遊び歌のようなものは、必ずと言っていいほど韻が含まれています。

これはイギリスでは言葉が変わります。

Give me five. On the side. Down below. You’re too slow.

言葉は変わりますが、やはりfiveとside、belowとslowが韻を踏んでいます。単語は変わっても韻は保つことに、英語文化を感じていただけたらうれしいです。

がそれました。数字に戻します。

10-4

これはどんな意味でしょうか。ten fourと読みます。

私は普段、英語の音声教材、映像教材や歌を作る仕事をしています。その録音や撮影を行うスタジオで交わされる会話に時々登場します。

えば、僕がパフォーマーにこんなふうに声をかけます。

Would you do it again?
もう一度やってみて。

すると彼または彼女はこんなふうに答えてくれます。

10-4!

そう、これは「了解!」という意味です。同様の意味でOkeydokey!という言い方もあります。両方ともよく使われる表現です。10-4はスマホのテキストメッセージでも見ることが多いです。

これは10-codesと呼ばれ、アメリカの警察の無線通信で使われている略号のひとつです。それがこのように日常会話でも使われる表現になりました。これも映画やドラマによく出てきます。カジュアルな表現ですが、特に若者言葉ということでもないので、知っておくと使う機会がきっとあるはずです。

次、これはどうでしょう?

What’s your 20?

「あなたの20は何?」だと意味が分かりません。

刑事ドラマにはよく出てくる表現です。日常生活で使うことは少ないと思っていましたが、私は2、3年前に実際にこのセリフを言われたことがあります。友人の家で行われるパーティーに1時間ほど遅刻して車で向かっているとき、その友人から電話がかかってきてWhat’s your 20?と尋ねられました。

今、どこにいる?」という意味です。

このような状況でWhere are you?と尋ねると In the car. (車の中)とふざけて答える人が多い(定番のようにもなっている)ので、このように尋ねたのでしょう。

ニュアンスとしては「現在位置を報告せよ」のような感じでしょうか。これも警察の無線通信から生まれた言葉です。

最後はこちらです。

Third time’s the charm.

third timeは「3回目」という意味ですね。charmには「魅力」「魔力」「お守り」など、幾つかの意味があります。さて、どんな意味でしょう。日本語にもそっくりの表現がありますよ。

そう、「三度目の正直」です。日常生活でもよく使います。

A: Yes, I made it! Finally!
B: Congrats! Third time’s the charm!
A: やった!ついに!
B: おめでとう!三度目の正直だね!

この表現は、何かをうまくできた自分自身に対して使うこともあります。イギリスでは、次のように少し異なる言い方をすることがあります。

Third time lucky!

The third time is lucky!

回も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

次回もお楽しみに!

カン・アンドリュー・ハシモト
カン・アンドリュー・ハシモト

アメリカ合衆国ウィスコンシン州出身。教育・教養に関する音声・映像コンテンツ制作を手掛ける株式会社ジェイルハウス・ミュージック代表取締役。英語・日本語のバイリンガル。公益財団法人日本英語検定協会、文部科学省、法務省などの教育用映像(日本語版・英語版)の制作を多数担当する。また、作詞・作曲家として、NHK「みんなのうた」「おかあさんといっしょ」やCMに楽曲を提供している。9作目となる著作『外国人に「What?」と言わせない発音メソッド』(池田書店)が発売中。

カン・アンドリュー・ハシモトさんのその他の記事

トップ写真:山本高裕(ENGLISH JOURNAL ONLINE編集部)
本文写真:GiFri, Miguel Á. Padriñán, Kati, NoName_13 from Pixabay

語彙力&フレーズ力を磨く、おすすめの本

ネイティブと渡り合える、知的で洗練された英単語力。

本書は、アルクの『月刊ENGLISH JOURNAL』(1971年創刊~2023年休刊)に掲載されたネイティブスピーカーの生のインタビューやスピーチ、約300万語のビッグデータから、使用頻度の高い英単語300個を厳選し、一冊に編んだものです。

すべての英単語は日本語訳、英英定義、例文と共に掲載、無料ダウンロード音声付きで、読んでも聞いても学べる英単語帳です。また、難易度の高い単語をしっかり定着させるため、穴埋め問題やマッチング問題、さらに構文や使用の際に気を付けるべきポイント解説も充実しています。伝えたいことが明確に伝えられる、上級者の英単語力をこの一冊で身に付けましょう!

英語中級者と上級者の違いは、的確で、気の利いたフレーズ力!

50余年の歴史を持つ、アルクの『月刊ENGLISH JOURNAL』(1971年創刊~2023年休刊)に掲載されたインタビューやスピーチ約300万語というビッグデータの中から、頻出する英語フレーズ300個を厳選。日常会話やemail、SNSではよく使われているのに、日本人が言えそうで言えない、こなれたフレーズを例文と英英定義と共に収載しました(全音声付き)。

厳選した300種類の穴埋め問題&マッチング問題を通して、「見てわかる」のレベルから「自分でも使える」ようになるまで、しっかり定着させます。上級者への壁をこの一冊で打ち破りましょう!

難関大を目指す受験生が英単語を「極限まで覚える」ための単語集

大学入試などの語彙の問題は、「知っていれば解ける、知らなければ解けない」ものがほとんど。昨今の大学入試に登場する単語は難化していると言われており、文脈からの推測や消去法では太刀打ちできない「難単語の意味を問う問題」が多数出題されています。こうした問題をモノにして、周囲に差をつけるには、「難単語を知っていること」が何よりのアドバンテージです。

SERIES連載

2024 02
NEW BOOK
おすすめ新刊
ITエンジニア本大賞2024受賞!チームを動かすIT英語実践マニュアル
詳しく見る
メルマガ登録