ENGLISH JOURNAL ONLINE

#世界トレンド1位!新日本プロレス通訳の舞台裏とは

f:id:k-nobuta:20201224132640j:plain

トップ画像とプロフィール欄の小池さん写真撮影:中村治

プロレスと英語!?この組み合わせに驚くなかれ。ここ数年、新日本プロレスでは人気と実力を兼ね備えた外国人レスラーが急増中。試合後のマイクアピールでは英語が飛び交うこともあり、ストーリーを追う上で、英語(通訳)が欠かせないものになりつつあります。今回は、プロレス、格闘技ファンにはおなじみの人気通訳小池水須香さんに、TOEICカリスマ講師であり熱狂的プロレスファンでもある濱崎潤之輔さんが突撃インタビュー!第1回では、小池さんのこれまでの歩みと新日本プロレス通訳の舞台裏について伺いました。(全3回)

初めて通訳したのは、カール・ルイス

濱崎:お聞きしたいこと、気になることがめちゃくちゃあります。まずは通訳になったきっかけを教えてください。

小池:TBSでやっていた「筋肉番付」「スポーツマンNo. 1決定戦」というテレビ番組でのアルバイトがきっかけですね。外国人アスリートが30人くらい出演していて、英語でアテンドできる人がたくさん必要だということで友人から紹介されて。選手に(競技の)ルールを説明したり、ロケの間はずっと一緒に動いて、次はあれやるよ、これやるよって案内したりする仕事でした。ちなみに生まれて初めて通訳した相手は陸上選手のカール・ルイスです。

濱崎:おぉ。すごい!

小池:その後、一緒に仕事をしていたスタッフが「K-1 WORLD MAX」という格闘技イベントを立ち上げて、そのままバイトの延長線上で格闘技にも関わるようになりました。だから最初は通訳っていうよりも、テレビの制作の仕事で格闘技の現場に行っていたような形ですね。インタビューをすることもありましたし、素材があればテープを持ち帰って文字起こしをやるところから、訳して、編集が終わった映像の字幕をディレクターさんと一緒にチェックするまでが私の仕事でした。

濱崎:通訳だけじゃなくて、裏の部分まで担当なさっていたと。

小池:最初は選手に関わることも少なくて、テレビの裏方ですよね。何でも屋さんでした。英語のテープ起こしって、すごい大変な作業で大嫌いなんですけど、それが自分の中の通訳脳を鍛えてくれたというか、言葉を変換するスピードにもつながったかなって思いますね。

不登校から小6で単身ハワイに

濱崎:そもそも日本語と英語、根本の部分でどちらがお得意なんですか?

小池:日本に住んでいる期間の方がすごく長くて、暮らしている環境も日本なので、日本語の方が楽ですね。ただ、英語で習ったものは日本語でわからなかったり、日本語で習ったものは英語がすぐに出てこなかったりと結構穴があったので、そこを埋める作業は大人になってからやった感じですかね。

濱崎:11才でハワイへ行かれたそうですが、小学生ですよね?一体なぜそのタイミングで?

小池:公立の小学校に通っていたんですが、学校になじめなくて不登校だったんです。給食が食べられなくて5時間目になっても後ろに残される子どもっているじゃないですか、まさに私で。あと忘れ物ばっかりして、バツが枠からあふれちゃうくらい(笑)。

たまたま母の知り合いでハワイ出身の方がいて、母もなかなかファンキーな人なので「知り合いもいるし、一度ハワイに行く?ハワイにも学校あるし」と後押しされて。行ってみたらなじめたので中学3年間はずっとハワイでした。

隙間産業!?スポーツの通訳の特徴

濱崎:格闘技、スポーツ以外の通訳のお仕事はされていますか?

小池:いろいろやってますよ!セミナーの同時通訳とか、フジロックとかサマーソニックのような夏フェスのツアーマネージャーみたいな仕事もずっとしていましたし、会議の通訳など、ひととおりやりました。

濱崎:おぉ、たくさん経験されているんですね!いろいろな通訳の中で、スポーツ関係、格闘技関係って特にスピードが必要な気がします。容赦なく長いセリフを言われて、長い英語をリテンションしてそれを訳す、そういったことがすごく求められると思うんですけど。

小池:一語一句訳す大統領の演説とかではないので、選手のキャラクターをちゃんと生かして、どう伝えるかですよね。ニュースの通訳は100%が求められるので、私の中では同じ通訳でも職種が違うと思っています。スポーツの通訳は、何を言われるかわからない、どんな名前が出てくるかわからない、何の資料もないので、同時通訳をしている人でもやりたがらない。私は隙間産業って呼んでます(笑)

新日本プロレスでの通訳舞台裏

濱崎:新日本プロレスではどのような仕事をされていますか。

小池:試合開始の30分前に会場入りして、対戦カードをもらいます。試合が終わったらすぐにバックステージのインタビュースペースに移動して、外国人選手のコメントをその場にいる記者さんたちへ日本語に訳して伝えます(新日本プロレスでは選手コメントの)速報を出しているので、本当にスピード勝負です。私が訳したものを新日本の担当の方がレコーダーで録音して急いで文字起こしをして、サイトにばしっと掲載!みたいな連携がありますね。

あとアメリカ遠征時には一緒に連れて行っていただいて、2019年4月のニューヨーク大会の時には、矢野通選手のトークイベントの通訳をやりました。ちゃんと伝わるかな、大丈夫かなと思ったんですけど、お客さんが笑ってくれたからよしっ!みたいな。矢野選手のジョーク、ちゃんと英語にできているぞと(笑)。

▼ 試合後のバックステージでのコメント

SNSでも話題に。ジェイ・ホワイトの大演説

濱崎:記者会見での通訳も担当されていますよね。2020年の11月の会見ではジェイ・ホワイト選手の10分近い大演説を見事に訳されていてSNSでも話題になっていました。

小池:実はアクシデント的な側面もあって、通訳が入ることがジェイにうまく伝わっていなかったみたいです。(司会の)清野氏も(ジェイ選手を)一回止めようとしたのに、それを制止してまたしゃべって(笑)。

通訳って、1に体力、2にフットワーク、3、4がなくて、5も英語力じゃないかも、と思っていて。もちろん英語力は基本として必要なんだけど、アクシデント、ハプニングへの対応力というか、そういったものが大事になったりしますよね。会見は生配信されているし、(発言が)長いからもう無理です、とはできないんで。

濱崎:いやぁ本当にすごいことだと思います。もうすごいとしか言えないです(笑)。

▼ 大演説があった会見のダイジェスト

NJPWWORLD(新日本プロレスワールド)では小池さんの通訳を含めた全編がご覧になれます。(会見は無料)

▼ WRESTLE KINGDOM 15 in 東京ドーム 2020年11月8日  第1弾 記者会見(全編)

https://njpwworld.com/p/s_series_00562_1_1

次回は、人気外国人プロレスラーの英語をご紹介します!

濱崎潤之輔さんの書籍

TOEIC L&Rテスト 目標スコア奪取の模試

TOEIC L&Rテスト 目標スコア奪取の模試

  • 作者:濱崎潤之輔
  • 発売日: 2019/12/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
改訂版 中学校3年間の英語が1冊でしっかりわかる本

改訂版 中学校3年間の英語が1冊でしっかりわかる本

  • 作者:濱崎 潤之輔
  • 発売日: 2020/12/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

小池水須香

小池水須香(MIZUKA)通訳・翻訳家、メディテーション愛好家。11歳で単身ハワイに留学。15歳で帰国後、横浜市のインターナショナルスクール、上智大学比較文化学部(現・国際教養学部)を卒業。大学在学中からアルバイトとしてテレビ局の通訳、翻訳の仕事を始め、卒業後はフリーランスの通訳に。新日本プロレス、UFC、MMA、ボクシングを始めとする格闘技や、MLB、NFL、NBAなどのメジャースポーツの中継番組、海外アーティスト、瞑想(めいそう)家、マインドフルネスの指導者の通訳などさまざまな現場で活躍中。マインドフルネスについても造詣が深く、ワークショップやセミナー講師としても人気。polokanalu(ポロカナル)主宰。

濱崎 潤之輔

濱崎 潤之輔 大学・企業研修講師、書籍編集者。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。明海大学や獨協大学、早稲田大学EXT、ファーストリテイリングや楽天銀行、エーザイやSCSK、オタフクソースなどの企業でTOEIC L&Rテスト対策研修講師を務める。TOEIC L&Rテスト990点(満点)を70回以上取得。『 TOEIC L&Rテスト990点攻略』(旺文社)、『改訂版 中学3年間の英語が1冊でしっかりわかる本』(かんき出版)など、著書・監修書は70万部以上の実績を誇る。「濱崎TOEIC研究所オンラインサロン」主催。
・濱崎TOEIC研究所オンラインサロン: https://peraichi.com/landing_pages/view/hummertoeicsalon/
・Twitter: @HUMMER_TOEIC
・Instagram: junnosuke_hamasaki
・TOEIC L&Rテスト 長文パート対策セミナー http://tz-eigolounge.jp/news/2021cho/