「国際唎酒師」第二次試験と第三次試験攻略のコツとは?テイスティング練習に活用できる教材DL付き!

国際唎酒師をめざそう!

「国際唎(きき)酒師」の資格を取得しよう!と決めたら、試験対策に向けた学習が必要ですね。日本酒の資格っていったいどんな学習が必要なの?試験対策はどうすればいいの?といった疑問について、国際唎酒師で、シンガポールで同資格の試験監督も務める藤代あゆみさんに教えていただきます。今回は、第二次試験と第三次試験の概要と試験対策のポイントについてです。

日本酒サービス研究会・酒匠研究連合会(Sake Service Institute、以下「SSI」)公認の国際唎(きき)酒師および日本酒学講師の藤代あゆみです。

日本のことを英語で受験できる珍しい資格、「国際唎酒師」。TOEICや英検とは違って、マーケティングの観点を押さえた記述問題やテイスティングの実技もある、非常に総合的な試験で、合格後も実務や趣味に生かせる資格です。最終回の第3回では、第二次試験と第三次試験のヒントと対策についてお話しします!

今回も、国際唎酒師の公式テキストである『日本酒の基 NIHONSHU-NO-MOTOI The textbook for INTERNATIONAL KIKISAKE-SHI』(以下、テキスト)がお手元にあるとより充実して学べますので、購入された方はぜひご準備ください。

日本酒を香りと味わいで4つのタイプに分ける

日本酒といえば、「純米大吟醸」や「本醸造」といったプレミアムな特定名称酒が8タイプあり、そこに属さないものを「普通酒」と呼んでいますが、SSIでは香りと味わいを基に4つのタイプに分ける手法を使っています。

classification according to flavor characteristics [4 types]”(香味特性別分類[4タイプ])と言ったり、“the four sake classifications”(日本酒の4タイプ分類)と言ったりします。

この4つのタイプに分けることが、 第二次試験と第三次試験、どちらにも関わってくるので、テキストp.168のClassification according to flavor characteristics [4 types] をまずは理解しましょう。

日本酒の4タイプ分類

画像提供:日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)

テキストと試験の順番が逆?!

第二次試験では、日本酒のサービス・セールスプロモーションについて問われ、第三次試験では、テイスティングがメインですが、実はテキストの順番と逆になっています。第一次試験も含め、主な範囲を表にまとめましたので、試験直前の勉強や、再受験される場合などにお役立てください。

試験 試験内容 主な対応ページ
第一次試験 【筆記】選択式(一部記述式)
・日本酒に関する専門知識(原材料、歴史、製造方法、法律など)
・酒類をはじめ飲食全般に関する基礎知識
p.1〜p.165
第二次試験 【筆記】選択式(一部記述式)
・日本酒のサービス、セールスプロモーションに関する設問
p.167〜p.173
p.203〜p.279
第三次試験 【テイスティングの実技を伴う筆記】記述式(一部選択式)
・日本酒のテイスティングを通じた品質の評価、個性の抽出
p.167〜p.173
p.175〜p.201

本表はSSIインターナショナルが公表している試験内容を基に筆者にて作成しています。

※国際唎酒師の試験は、総合的に内容を理解しておく必要がありますので、すべてのページに目を通してくださいね。

第二次試験対策

出題範囲

「日本酒のサービス、セールスプロモーション」と聞くと少し抽象的に思われるかもしれませんが、つまるところ、日本酒を提供するときに大事なことや、どのように販売・おすすめすれば注文され、買ってもらえるのか、を問われるものです。

一部記述式とありますが、第一次試験に比べると記述問題がたくさんあります。おもてなしの形は人それぞれありますから、正解は一つではありませんが、日本酒の特徴をよく理解していることが根底にあり、かつ筋が通っていることも必要です。採点者の人に納得してもらえるような回答を書けるようにしましょう!

p. 203~Ⅶ Services

プロとして、日本酒を提供するときに必要な知識や姿勢に始まり、日本酒の管理方法、酒瓶の取り扱い方など、勉強してみると案外知らないことがたくさん書いてあるかもしれません。しかし、丸暗記するというよりは、しっかり読んで理解できていれば大丈夫なので、試験に問題が出たときに焦ることはないでしょう。

ただし、p. 220~5 Sake vesselsでは日本酒を楽しむ醍醐味(だいごみ)の一つ、「酒器」についてかなり詳しく解説されています。酒器そのものの歴史などは覚えなくても問題ありませんが、日本酒の4タイプ分類のうち、どの酒器がどの日本酒に合うのか、その理由は何か、という点を覚えておきましょう。

また、p. 214~の4 Serving temperatureについては、前連載の「日本酒オタクのおもてなし英語(第7回)」でも紹介しておりますので、そちらを参考にしてくださいね。

p. 247~Ⅷ Sake sales promotion

人の好みは十人十色。華やかな日本酒(薫酒)が好きな人もいれば、力強いもの(醇酒)が好みな人もいます。日本酒をあまり飲んだことのない人と、私みたいな日本酒オタクを相手にするのとでは、おすすめするお酒も変わってきますよね。相手の好みに準じておすすめすることが大事なため、日本酒は販売したことがないけれど、営業やマーケティングの経験がある方には、案外解きやすいかもしれません。

4タイプ別ではありませんが、「日本酒オタクのおもてなし英語(第4回)」で掲載した日本酒をおすすめするためのチャートや、第11回で解説した季節やペアリングも参考になりますので、テキストと併せて読んでみてくださいね。

第二次試験の記述問題を攻略!

日本酒のセールスプロモーションについて2つ記述問題が出ます。自分のポジションを「レストランのサービススタッフ」もしくは「お酒の小売店のスタッフ」のどちらかに設定したり、どのようなお客さまをターゲットにするか決めたり、4タイプ分類の中からどのような日本酒をおすすめするかを提案したり。逆にターゲットや季節、日本酒が決められている場合もありますので、とにかく設問をよく読むことが大事です!

また、答えの整合性も大事ですから、例えば、暑い夏に冷やして飲みたい日本酒という流れで回答しているのに、合う食事が鍋となると、ん?となりますよね。繰り返しになりますが、正解は一つでないので、自分が導き出す「正解」の筋が通ることを意識しましょう。

第二次試験と第三次試験は同時に対策できる!

第二次試験と第三次試験のいちばんの対策は、なんと、日本酒を飲むこと!(笑)

もちろん、ただ飲むだけではありません。日本酒を飲み、ノートに情報をまとめ、コメントを書くことが、対策です。テキストにもサンプルの表がありますが、空欄の表は付属されていないので、ぜひ以下の表を印刷して書き込んでみてくださいね。

日本酒のラベルから「基本情報」を記録しよう

まずは、日本酒のラベルを確認して、これからテイスティングする日本酒の基本的な情報を記録します。せっかくテイスティングをしても、あとで復習するときに、どの日本酒だったかわからなくなってしまったら、意味がないですよね!また、ラベルの情報を書くことで、難解な日本酒用語の味わいが経験的に理解できるようになりますので、隅々まで読んで書いていきましょう。

「テイスティング」をしながら外観・香り・味について記録しよう

日本酒の基本的な情報を書き終えたら、いよいよテイスティングです!第三次試験のメインの出題範囲ですね。テイスティングをする際は、お猪口(ちょこ)・・・ではなく、お持ちでしたらワイングラスを使用しましょう。

実際の試験ではISO(国際規格)のワイングラスを使用するからです。「日本酒オタクのおもてなし英語(第1回)」で書いたとおり、日本酒の楽しみはさまざまなタイプの酒器で楽しめることなのですが、酒器が変われば味も変わるもの。常に同じ条件で比較することで、その日本酒の個性を判断し、ほかの日本酒との違いを見つけていくのです。

実際に日本酒を飲みながらここまで書いてきて・・・お気付きでしょうか?そう、項目の中に「おいしい」か「おいしくない」か、は含まれていないのです!「日本酒オタクのおもてなし英語(第10回)」で書きましたが、「おいしい」というのは、味だけのことではなく、さまざまな要因が関わってきます。

また、日本国内の唎酒師や国際唎酒師は、そもそも日本酒とそれを飲む人の橋渡しをする役割がありますから、自分の好みを主張するのではなく、相手の好みを察知して、それに合わせて適切なお酒を提供できるようになることが大事です。

会員限定記事だから、またまた言っちゃいますが、私にだって自分の好みはあります。ですから、自分はそこまで好きじゃないけど、この人が、こんな食事をするなら、きっとこの日本酒が喜んでもらえるのでは・・・とおすすめすること、よくあるんです。その方の好みに合致して楽しい時間を過ごしてもらえたのなら、こんなにうれしいことはありません!ちなみに、私の好みは内緒です(笑)。

少し話がそれましたが、前述の「余談」は第一次試験で出題される「とある」頻出問題を解くヒントにもなりますので、読み飛ばした人は改めて読んでみてくださいね。そして、テイスティングのノートにはまだまだ書くことがありますので、次にいきましょう!

テイスティングを基に日本酒の個性まとめよう

今度は、テイスティングをした日本酒の個性を抽出していきます。「個性を抽出」なんて聞くと、なんだか難しそうですが、ただ単にまとめです!(笑)資格だから仕方がないとはいえ、いちいち表現が難しいんですよね、日本酒って。

ちなみに、国際唎酒師として、実際にお客さまなどと交流するときは、この「まとめ」をお話しすることになります。一つ前に紹介した「テイスティング」用ノートは、どちらかというとレストランのシェフや卸売、小売のバイヤーといったプロの方とお話しするときに必要な情報ですので、常に相手に合わせた日本酒の説明をすることを心掛けてくださいね。

効果的な販売方法を考えよう

ようやく最後のノートです!第二次試験範囲の日本酒のセールスプロモーションは、実際の試験ではいくつかの条件が問題用紙に記されていますが、どんな条件になるかは受けてみないとわかりません。ですから、テイスティングのトレーニングで飲んだ日本酒をどのようにプロモーションするかを考えることが対策になるのです!

こんなに考えながら、書きながら、日本酒を飲んだことありましたか?唎酒師や国際唎酒師はどんなことをしているのだろう?と疑問に思っていた方も、このようなことを考えながら日本酒を飲んでいると知ると、どうして唎酒師の人の話が長いのかわかったかと思います(笑)。

第一次試験とは違い、テイスティングやマーケティングの観点も問われる第二次・三次試験のトレーニングを重ねることは、試験合格後もとても大事なことですので、こちらのフォーマットはぜひ保存してくださいね。

例題にチャレンジしてみよう!

第1回でも書きましたが、国際唎酒師試験の出題範囲は2020年に改訂されています。
現在(2020年10月時点)SSIのWEBサイトに掲載されている過去問は、改訂前の出題範囲のままとなっていますので、今後受験される方は参考までにご確認ください。

以下の【1】は答えを最後に書いていますが、【2】と【3】、【4】の問題は試験によって答えが異なりますので、参考までにご覧ください。

【1】 Questions regarding the serving of the sake. Answer each question from (1) to (3).

(1) State the value of ichigo indicated by a traditional Japanese measurement unit, using the figure written on the answer sheet.

○○ ml

(2) Choose from the following the correct explanation of sake when it is chilled.

A:less umami and sweetness

B:more umami and sweetness

(3) State three characteristics of Japanese cuisines.

【2】 Questions regarding the sales promotion of the sakes.

State the sales promotion for Jun-shu in the given format. The target is a beginner, who is a person having tasted sake before but does not know much about it. As for the situation, please choose from “restaurant service staff” or “salesperson in liquor storeregardless of your current occupation. Also, please include details of the sake vessels, temperature, and dishes according to the current season.

【3】 Questions regarding the appearance within tasting sake. Answer each question from (1) to (3) after you have tasted the sample sake A. (Use alphabet to answer the multiple-choice questions. Write your answer in the answer section for the essay question.)

(1) State your evaluation of sample sake A in terms of its clarity.

(2) State your evaluation of sample sake A in terms of its color.

(3) Choose from the following your evaluation of sample sake A in terms of its viscosity.

A:low

B:a little low

C:medium

D:a little high

E:high

【4】 Questions regarding the total impression of the sake. Answer each question from (1) to (2) after you have tasted the sample sake A and B. (Use alphabet to answer the multiple-choice questions. Write your answer in the answer section for the essay question.)

(1) State two total impressions of sample sake A.

(2) Choose from the following the classification of sample sake A.

A:Kun-shu

B:So-shu

C:Jun-shu

D:Juku-shu

答え

1. (1)180ml/(2)A

(3)[1] using diverse, fresh ingredients and respecting their original taste.

[2] healthy eating habits with excellent nutritive balance.

[3] expressing the transitioning seasons and the beauty of nature. など。

※(3)は3つ書かなければいけないことに注意

おわりに

私の連載をすべて読んでくださっている方は、もうお気付きかもしれませんが、全11回にわたって書いた連載「日本酒オタクのおもてなし英語」って、実は国際唎酒師の試験対策にもなるんですよ〜!

連載の第5回でご紹介した『白熱日本酒教室』(著者:アザミユウコ/原作:杉村啓/発行元:星海社COMICS)も、テキストを読み込むのに行き詰まったときに漫画でわかりやすく理解できるのでおすすめです。

国際唎酒師の試験対策でいちばん大事なことは、テキストを丸暗記することではなく、日本酒やそれに関するサービス・プロモーションを理解することです。TOEICや英検と違い、英語の単語や文法を覚えるのではなく、日本酒を理解した上で、英語で説明できるようになる資格です。

また、本連載の第1回でも記しましたが、国際唎酒師の資格を持つことはゴールではなく、通過点です。私もまだまだ知らないことがたくさんあり、日々(飲みながら)一生懸命勉強しています。オンラインでいつでもどこでも世界中とつながれる今、日本にいても英語ができれば世界はいくらでも広がっていきますから、「Youはどこにいるの?」と聞かれたときに「日本にいるよ!日本といえば、日本酒というおいしい飲み物があってね・・・」なんて会話を広げられたら、英語を身に付けたかいがありますよね。英語が話せる人が増えている中、英語で日本のことを話せる人への需要はまだまだありますから、ぜひ国際唎酒師を目指してみてください!

私のInstagramアカウントでは、定期的に日本酒の知識をわかりやすく日本語と英語(いつか中国語でも!)で説明しており、フォロワーの皆さんからコメントなどもいただいてますので、ぜひぜひフォローして気軽に絡んでくださいね〜!

藤代あゆみさんの過去連載

連載「日本酒オタクのおもてなし英語」では、国際唎酒師および日本酒学講師の資格を持つあゆみせんせいが、日本酒の知識や日本酒にまつわる英語表現などを紹介しています。外国の方とコミュニケーションを取るきっかけや話題のネタにもなる「日本酒」を英語で学びましょう!連載第5回では国際唎酒師のお仕事についても触れています。

▼連載第1回はこちら!

ej.alc.co.jp

編集:加藤愛美

藤代あゆみ

藤代あゆみ平成元年、東京生まれ、共立女子大学文芸学部劇芸術コース卒。日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)公認国際唎酒師・日本酒学講師。日本酒などの輸入・販売・販路開拓支援を行うIPPIN PTE LTDと共に、シンガポール全域にて日本酒を1時間で配達する画期的なサービス「SAKE TO GO」を展開。マレーシア・タイ・ベトナム・インドなどでも日本酒を広める活動を展開している。好きな漫画は『推しが武道館いってくれたら死ぬ』(平尾アウリ著、徳間書店)
Official Website:https://www.ayumi-and-sake.tokyo/
Twitter:@ayumi_and_sake
Instagram:@ayumi_and_sake