「うま味」を英語で説明すると?「おいしい」を伝える英語表現

日本酒オタクのおもてなし英語

連載「日本酒オタクのおもてなし英語」では、国際利酒師や日本酒学講師の資格を持つあゆみせんせいが、日本酒の知識や日本酒にまつわる英語表現を紹介します。第10回は、日本酒を通じて感じる「おいしい」や「うま味」についてお話しします。

「おいしい」は世界共通語!

「日本酒オタクのあゆみせんせい」こと、日本酒サービス研究会・酒匠研究連合会(SSI)公認の国際利酒師および日本酒学講師の藤代あゆみです。

私が日本酒のことが大好きな理由は、とてもシンプルです。そう、「おいしい」から!もし、日本人として日本の地に生まれていなくても、日本酒に出合うことがあれば、きっと好きになっていたと思います。運命〜!(笑)

というわけで、今回は日本酒を通じて「おいしい」についてお話ししたいと思います。

「おいしい」は幸せ!

最近、いちばんおいしかった食べ物はなんですか?

私は、たっぷり具が入ったお味噌汁ですかね〜。季節の野菜にお魚、豆腐も入れて、お腹いっぱい楽しみました。もちろん、おいしい日本酒を飲んだ後の締めに食べたので、それはそれは体に染みわたり、最高でした。

「おいしい」ものを食べたり飲んだりしたときって、本当に幸せですよね。思い出すだけで、嫌なことも忘れちゃいます(笑)。

「おいしい」の英語いろいろ

英語で「おいしい」といえば、どのような表現が思い付くでしょうか?実はたくさんあるんですよね!今すぐ使える表現を紹介します。

Good!

Nice!

英語を話すことに自信がない方でも、この単語ならもちろん知っていますよね!単純に「(この食べ物/飲み物)いいね!」という感じでとても気軽に使えます。

Yummy!

こちらも知っている方が多いと思いますが、基本的には子どもが使ったり、子どもに向けて使ったりする表現です。しかし、本当に仲良しのお友達同士であれば、「おいしー!」のような意味合いで使うこともできます。

Tasty!

気の知れた相手にカジュアルに「おいしいね!」と言いたいときに使う言葉。もちろん、独り言で使ってもOKです(笑)。ただししょっぱい食べ物に対して使うため、基本的に甘いものには使いません。

Delicious!

どんな場面でも使える「おいしい」はデリシャス!です。こちらは甘いものにも使うことができます。

Excellent!

excellentは「素晴らしい」という意味ですので、「素晴らしく(おいしい)」という意味合いで使われます。

Beautiful!

beautifulは「美しい」という意味ですが、「美しい」って、味というよりは見た目の話じゃないの?と思う方もいるかもしれませんが、ワインや日本酒などによく使われる「おいしい」の表現の一つ。これが言えると、なんだかかっこいい気がするので私もやたら使います(笑)。

Mmm!

感動するくらい「おいしい」と感じると、言葉にできないときってありませんか?ネイティブスピーカーだって、言葉を見つける前にこんな言い方をするんですよ。“Mmm!”なんて、発言する前に付け加えるとちょっとネイティブっぽいかも?!

「おいしい」に関する英語表現を紹介しておきながら、こんなことを言うのもなんですが、本当に目が覚めるくらいおいしいときには、母国語でつい言葉にしてしまうもの。私も、海外でごちそうになるときに“Oishii!”と日本語を口にすると、「英語で話す余裕もないくらいおいしいでしょ!」と相手まで喜んでくれます。「おいしい」を分かち合うことも、とても幸せなことですよね。

「おいしい」の正体とは?

自分も相手も幸せにしてくれる「おいしい」という言葉、あるいは感覚。実は、とても奥深いんですよ。

「あなたの、“おいしい”を具体的に説明してください」と聞かれたら、皆さんはどんなふうに答えますか?「おいしい」って味のことでしょ?と思われるかもしれませんが、いろいろな条件がパーフェクトに交わったときに「おいしい」と感じるといわれています。

「おいしい(旨味)」の正体

sweetness(甘味)、sourness(酸味)、saltyness(塩味)、bitterness(苦味)、umami(うま味)といった味に加え、香りや食感、食べ物や飲み物の見た目も大事です。

さらに、食べたり飲んだりする場の環境や、一緒にいる相手、その日の体調や気分の浮き沈みでも変わってくるんですよね。ですから、「おいしい」と「おもてなし」はとても近いものがあって、その人その人に合わせることが大事になります。

例えば、外国の方の中には、魚は好きだけれど、生魚は苦手(もしくは食わず嫌い)という人も多く、どんなに「地元でとれたての新鮮な魚を生で!」とおすすめしても、生魚を食べる習慣のない人が嫌々食べては、本当の「おいしい」にはなれません。(味はよかったかもしれないけれど、生魚を食べたことで、後でお腹を壊さないか心配で気が気じゃないようです)

自分がいいと思うものを無理やり押し付けてしまっては「おもてなし」になりませんよね。「おいしい」には、実はいろいろな理由があることを知っておくだけでも、おもてなしの幅が広がりますよ!

「うま味 」って英語でなんていう?

甘味・酸味・塩味・苦味・うま味

昔、学校で習ったかもしれませんが、味の基本は5つあると言われています。いわゆる、五味(ごみ)というやつですね。簡単にいえば、世界中の人が感じることができる味覚、みたいなものです。

甘いケーキに、酸っぱいフルーツ、塩で味付けしたお肉や、ビターチョコレート、うま味はえっと・・・。日本人にとってなじみ深い「うま味」ってどう表現すればいいのでしょうか?

「うま味」は umami?

英語学習の味方、英辞郎で「旨(うま)味」と検索してみてください。英語で旨味は“delicious taste”と出てきます。

eow.alc.co.jp

しかし、最初にも書きましたが、“delicious”って「おいしい」という意味ですよね?そして、「おいしい」にはいろいろな条件や理由がありましたよね?あれっ、どう訳しましょう・・・。

実は「旨味」とは、「おいしい」のことで、基本味の場合は「うま味」と書くんです。日本語、難しい〜!

そして、なんと、「うま味」は英語でも“umami”なんです!漫画を“manga”というのと同じですね!しかし、“umami”と言ってみても、なかなか外国の方にはわかってもらえません。(ただ、アジアの方には“Ajinomoto”というと伝わります。味の素、すごいですね!)

「うま味」を英語で説明してみよう

Umami is one of the 5 basic tastes which was discovered by a Japanese chemist. For example, you can taste umami in tomatoes, mushrooms, cheeses, anchovies, and Japanese Sake. People who are not familiar with umami taste may say “it’s salty” or “it’s rich” instead. Umami plays an important role making the food and beverages delicious!

うま味は日本人の化学者によって発見された五味の一つです。うま味は、トマトやきのこ、チーズ、アンチョビ、そして日本酒などで味わえます。うま味になじみがない方は、「しょっぱい」や「味が濃い」なんていう表現をするかもしれません。うま味は食べ物や飲み物をおいしいと感じるために大事なものです。

「#日本酒オタクに聞きたい」にお答えします!

質問者

質問者:Koheiさん
日本酒の『淡麗』って英語でなんて言いますか?

あゆみせんせい

日本酒を飲んだとき、深みがあってしっかりとした味わい、いわゆる「うま味」を感じることがあるかと思いますが、それとは反対に、すっきりとした味わいを指す「淡麗」という表現。日本酒のラベルにもよく書いてありますよね。

「淡くて麗しい」なんて美しい日本語が並んでいますし、英語で説明しようと思うと悩んでしまいますよね。淡麗の日本酒は、すっきりとして、滑らかなので、“smooth and light”や、“elegant”(上品な)という表現をすると、外国の方でも納得できると思いますよ。

おわりに

全4回の予定で連載を開始した「日本酒オタクのおもてなし英語」も、おかげさまで好評につき延長となり、10回目を迎えることができましたが、実は次回が最終回・・・。

「おいしい」日本酒をもっと楽しめるアイディアをギュッと詰め込んだ内容をお届けしますので、最終回も楽しみにしていてくださいね!

2週間無料でお試しできる!プレミアムメンバーシップ

プレミアムメンバーシップ2週間無料

月額980円(税抜)のプレミアムメンバーシップに会員登録をしていただくと、「PREMIUM」エリアに公開されるすべての有料記事へアクセスができます。 ほかにもアルクの電子書籍の購読、イベント優待など、学習のモチベーションを継続させるためのさまざまコンテンツをご用意していく予定です。 まずはぜひ、2週間無料でお試しください。

藤代あゆみ

藤代あゆみ
平成元年、東京生まれ、共立女子大学文芸学部劇芸術コース卒。日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)公認国際利酒師・日本酒学講師。日本酒などの輸入・販売・販路開拓支援を行うIPPIN PTE LTDと共に、シンガポール全域にて日本酒を1時間で配達する画期的なサービス「SAKE TO GO」を展開。マレーシア・タイ・ベトナム・インド等でも日本酒を広める活動を展開している。好きな漫画は『推しが武道館いってくれたら死ぬ』(著 平尾アウリ・徳間書店) Official Website:https://www.ayumi-and-sake.tokyo/ Twitter:@ayumi_and_sake Instagram:@ayumi_and_sake