つらい二日酔い回避!日本酒を全力で楽しむためのカギは、甘酸っぱいあのドリンク【#5秒英語】

英語と日本酒について楽しく学ぶ連載「#5秒英語」。いよいよ最終回となった今回は・・・つらい二日酔い防止につながる貴重な情報&フレーズのご紹介です。お酒の時間や記憶を、全部楽しいものにするためには不可欠!お花見シーズンも控える今、バッチリ準備しちゃいましょう。

二日酔いはつらい、耐えられない・・・だからこそ

今年もまだ休肝日を迎えていない国際唎酒師(こくさいききさけし)の藤代あゆみです!

桜の開花が近づき、お花見が楽しみなシーズンになりましたね。アルクのオフィスからほど近い日本武道館の周りの桜は本当に美しく、ぜひ一度は推しに想いを馳せながら訪れてもらいたいスポットです。

ChamJamがここでライブをする日が来たら・・・ちゃむの未来・・・ウッ!!!(胸を押さえてむせび泣く)

さて、お花見に加えて送別会や歓迎会などが多くあるこの時期とあれば、お酒を飲む機会も多いことでしょう。ついつい飲みすぎてしまうこともあるかもしれません。せっかく楽しい時間を過ごしたのに、次の日になると頭が痛かったり、喉が乾いたり・・・あれだけ飲みすぎないようにしようと誓ったはずが、二日酔いになってしまうと台無しです。それでも、またお酒を飲んでしまう人間は儚い生き物ですね。

英語が話せる日本酒のソムリエ=国際唎酒師と聞くと、たくさん飲まされそうと怖がる人もいますが、私たちの責務は楽しくお酒を飲んでもらうことです。

Have some water when you drink sake!
〔ハヴ・サム・ウァーラー・ホェン・ユー・デュリンク・サケ〕
日本酒を飲むときはお水も飲んでね!

音声は藤代さんによる読み上げです。①カタカナ発音、②ゆっくりとした速度の英語、③自然な速度の英語、④日本語訳の順で収録されています)

この連載を読んでいる人は誰も二日酔いにさせない!と心を燃やしているので、今回はこのフレーズを選びました。

お酒を飲むときには、お水も飲みましょう、というのは、聞いたことがあると思います。飲む前に、飲んでいる最中に、そして、飲んだ後にも、お水を飲むことは大切です。日本酒の通な言い方だと「和らぎ水」(やわらぎみず)と言ったりもします。

焼酎や泡盛は、(少なくとも東京では)氷を入れたり、何かで割ったりすることが多いですが、日本酒ってストレートで飲みますよね。でも、ワインに比べると日本酒のアルコール度数は高いことがほとんど。それを知らずにいつものペースで飲んでしまうと悪酔いすることもあるんです。だから、お水を飲むことが大切なんです。

これまでの「#5秒英語」で学んできたフレーズを使えば、外国から遊びに来ている人にも日本酒をお勧めできるようになったと思います。うまい!うまい!と日本酒の味を楽しんでもらえるのは嬉しいですが、いい思い出にしてもらいたいですよね。

カルピスって英語でなんて言う?

とはいえ、お酒を飲んだ後にお水ばかり飲みすぎると、なんだか気持ち悪くなってしまうこともあります。そんなときにおすすめなのが、カルピスです!カルピスといえば、乳酸菌飲料ですね。

そういえば、前回の記事で、日本酒にも乳酸菌が使われていると書いてあったこと、覚えていますか?医学的根拠ではなく、私の実体験ですが、同じ乳酸菌を使っているからか、水よりもマッチしてごくごく飲める上に、カラダにピースです!

では、さっそく、カルピスを使ったフレーズをご紹介・・・のその前に。カルピスは英語ではCalpico(カルピコ)と言うんですよ。(なぜそうなったかはぜひ調べてみてください。)日本のものでも、海外では別の名前になるときもあるので、面白いですね〜。

Have some Calpico after you drink sake!
〔ハヴ・サム・カルピコ・アフター・ユー・デュリンク・サケ〕
日本酒を飲んだあとはカルピスも飲んでね!

これで、お酒そのものを楽しんでもらいつつ、アフターケアもバッチリです。居酒屋さんなどで、隣に座った海外からの旅行者の人にここまで英語でおしゃべりできたら、きっと感動してもらえることでしょう!

実は、今回で「#5秒英語」は最終回。全9回に渡ってお送りしてきた「#5秒英語」、いかがでしたでしょうか?気軽に話せる英語を通じて、「英語、できるかも!」と思ってもらえていたら嬉しいです。貴方のような人に読んでもらえて光栄でした。

藤代あゆみ、ENGLISH JOURNAL卒業……。ではなく、次の企画が進行中です♪結構すぐ始まります(笑)。ぜひ私の InstagramX(旧Twitter) をフォローして、お知らせをチェックしてくださいね!またお会いしましょう!See you!

「#5秒英語」を耳で学ぶ

この記事全編の音声もあります。下記リンクからぜひ聞いて学習に役立ててくださいね。


これまでの「#5秒英語」を振り返る


藤代あゆみ
藤代あゆみ

平成元年、東京生まれ。世界に10人しかいない、国際唎酒師・日本酒学講師・酒匠・焼酎唎酒師。海外勤務の経験を生かし、世界20カ国以上の人に向けて日本酒の素晴らしさを広めつつ、平尾アウリ先生の『推しが武道館いってくれたら死ぬ』(徳間書店と百合マンガの魅力を伝える筋金入りのオタクとしても活躍中。著書に『推し英語入門』(アルク)、『日本酒オタクのほろ酔い英語』(アルクEJ新書【電子書籍】)がある。
X:@ayumi_and_sake
Instagram:@ayumi_and_sake
note:日本酒オタクのあゆみせんせい


藤代あゆみさんのおすすめ記事

●「お酒×英語」の専門資格を知る
●「推し×英語」について楽しく学ぶ

【おすすめの本】日本酒でも漫画でも!「推し」について英語で語ろう

SNSで推し(応援している存在)の情報収集をしたい、素晴らしさを世界中に広めたい、オタク同士つながりたい、推しに愛を伝えたい・・・そんな人にピッタリなのが、藤代あゆみさんの著書『推し英語入門』です。「推し活」が何倍も楽しくなるシンプル英語のフレーズ集であるのはもちろん、藤代さんの最推し「平尾アウリ先生」、そしてその平尾アウリ先生の傑作漫画『推しが武道館いってくれたら死ぬ』への愛がダダ漏れの1冊。

本書の主人公は、ある日突然、『推しが武道館いってくれたら死ぬ』の沼にはまり、推し活を始めた「ちぷちぷ」。ちぷちぷの心の動きやつぶやきが、ストーリー仕立てで展開します。楽しく共感しながら「推し活に使えるシンプル英語」=「推し英語」を身に付けましょう!

SERIES連載

2024 04
NEW BOOK
おすすめ新刊
英会話は直訳をやめるとうまくいく!
詳しく見る
メルマガ登録