「トリセツ」は英語でなんて言う?

「トリセツ」という言葉は、日本語で「取扱説明書」を意味し、製品やデバイスの使用方法や注意事項などを説明する文書を指します。英語ではどのように表現されるのでしょうか?本記事では、「トリセツ」に相当する英語表現や、それに近い表現を探っていきます。

「トリセツ」とは?

「トリセツ」は、「取り扱い説明書」の略で、製品や機器の使い方、機能、保証情報などを記載したマニュアルのことです。電化製品、家具、ソフトウェアなど、さまざまな製品に付属しています。

英語での「トリセツ」の表現

「トリセツ」に相当する英語の表現はさまざまです。その中から主な表現を紹介します。

  • user’s/user manual(ユーザーマニュアル)
  • instruction manual(使用説明書)
  • owner’s manual(所有者マニュアル)
  • handling manual(取扱説明書)

全て「取扱説明書」の意味になるので、詳細な解説は省略します。例文を見ていきましょう。

user’s manual

The coffee maker came with a detailed user’s manual.
そのコーヒーメーカーには詳しいユーザーマニュアルが付属していた。

instruction manual

Please read the instruction manual before operating the new camera.
新しいカメラを操作する前に、取扱説明書を読んでください。

owner’s manual

The owner’s manual includes information on maintenance and repair of the car.
その車のオーナーズマニュアルには、メンテナンスや修理に関する情報が含まれている。

handling manual

I want to know how to use this chemical, so I would like to see the handling manual.
この薬品の使い方を知りたいので、取扱説明書が見たいです。

「トリセツ」を冗談で使うときの例

「トリセツ」や「取扱説明書」を、冗談で人に対して使うこともありますよね。そんなときに言いそうな英語も紹介しておきます。これらの例文は、あくまで冗談ですので、ご承知おきください。

I wish John came with a user manual. I can never tell what he’s thinking!
ジョンには取扱説明書が付いてくればいいのに。彼の考えていることが全然分からないよ!

Sometimes I think I need a handling manual to understand my boss’s mood swings.
上司の気分の変わりようを理解するために、トリセツが必要だと思うことがあるよ。

スラングや他の表現

「トリセツ」とは少し違ったニュアンスになりますが、次のような表現も参考になるかもしれません。

cheat sheet

cheat sheetは、「早見表」や「カンニングペーパー」を意味する口語表現です。簡単な指示や情報をまとめた短いメモや書類のことを指します。

He created a cheat sheet to remind him of the basic functions of the software.
彼はソフトウェアの基本的な機能を覚えるために早見表を作った。

quick start guide

quick start guide(クイックスタートガイド)は、製品の基本的なセットアップや初めて使う際の情報を簡潔に提供するものです。

The printer comes with a quick start guide for easy setup.
そのプリンターには、簡単な設定のためのクイックスタートガイドが付属している。

まとめ

「トリセツ」という言葉の英語表現にはさまざまな形がありますね。正しい「トリセツ」を手に入れたら、間違いなく使いこなすためにしっかりと目を通したいものです。ああ、人間関係にも「トリセツ」があれば、どれだけ楽か!ちょっとした冗談ですが、適切な言葉を選んで、意図を間違いなく伝えることが肝心ですね。

ENGLISH JOURNAL編集部
ENGLISH JOURNAL編集部

英語を学び、英語で学ぶための語学情報ウェブサイト「ENGLISH JOURNAL」が、英語学習の「その先」にあるものをお届けします。 単なる英語の運用能力にとどまらない、知識や思考力を求め、「まだ見ぬ世界」への一歩を踏み出しましょう!

英文校正:Peter Branscombe

語彙力&フレーズ力を磨く、おすすめの本

ネイティブと渡り合える、知的で洗練された英単語力。

本書は、アルクの『月刊ENGLISH JOURNAL』(1971年創刊~2023年休刊)に掲載されたネイティブスピーカーの生のインタビューやスピーチ、約300万語のビッグデータから、使用頻度の高い英単語300個を厳選し、一冊に編んだものです。

すべての英単語は日本語訳、英英定義、例文と共に掲載、無料ダウンロード音声付きで、読んでも聞いても学べる英単語帳です。また、難易度の高い単語をしっかり定着させるため、穴埋め問題やマッチング問題、さらに構文や使用の際に気を付けるべきポイント解説も充実しています。伝えたいことが明確に伝えられる、上級者の英単語力をこの一冊で身に付けましょう!

英語中級者と上級者の違いは、的確で、気の利いたフレーズ力!

50余年の歴史を持つ、アルクの『月刊ENGLISH JOURNAL』(1971年創刊~2023年休刊)に掲載されたインタビューやスピーチ約300万語というビッグデータの中から、頻出する英語フレーズ300個を厳選。日常会話やemail、SNSではよく使われているのに、日本人が言えそうで言えない、こなれたフレーズを例文と英英定義と共に収載しました(全音声付き)。

厳選した300種類の穴埋め問題&マッチング問題を通して、「見てわかる」のレベルから「自分でも使える」ようになるまで、しっかり定着させます。上級者への壁をこの一冊で打ち破りましょう!

難関大を目指す受験生が英単語を「極限まで覚える」ための単語集

大学入試などの語彙の問題は、「知っていれば解ける、知らなければ解けない」ものがほとんど。昨今の大学入試に登場する単語は難化していると言われており、文脈からの推測や消去法では太刀打ちできない「難単語の意味を問う問題」が多数出題されています。こうした問題をモノにして、周囲に差をつけるには、「難単語を知っていること」が何よりのアドバンテージです。

SERIES連載

2024 02
NEW BOOK
おすすめ新刊
ITエンジニア本大賞2024受賞!チームを動かすIT英語実践マニュアル
詳しく見る
メルマガ登録