believeとtrust: 英語で「信じる」と言いたいときの正しい使い方

「信じる」と言いたい時、英語では「believe」や「trust」のどちらを使えば良いのでしょうか。さらに、「believe in」と「believe」にはどんな違いがあるのでしょう。この記事では、これらの表現の違いや使い方を明確に説明します。英語の表現の微妙な違いを一緒に探ってみましょう。

「信じる」を英語で言うと?

「信じる」という日本語の表現を英語に置き換えるとき、通常、「trust」と「believe」のどちらかを使用します。この2つの単語は似たような意味を持っているように見える一方で、それぞれ異なるニュアンスを持っています。

自動詞?他動詞?

trustとbelieveは、どちらも他動詞です。つまり、どちらの単語も目的語が必要で、単独で使用することはできません。

例えば、I trust.やI believe.と単独で使うと、何を信じているのかが不明確になります。したがって、「何を信じているのか」または「誰を信頼しているのか」を明示する必要があります。

また、believeは前置詞inを伴う自動詞の使い方もあります。そのニュアンスは次の項で説明します。

「あなたを信じる」でどちらを使う?

「あなたを信じる」という表現をするとき、I trust you.とI believe you.のどちらを使うべきでしょうか?

I trust you.

相手の誠実さや信頼性を認めるときに使います。例えば、秘密を共有するときや、重要なタスクを委託するときなどです。ここでの「信じる」は、相手が約束を守る、正直である、または期待に応えてくれるという確信を表しています。

I believe you.

相手の発言や主張を信じるということを表現します。つまり、相手が述べた事実や状況を疑わずに受け入れることを示しています。例えば、相手が自分の体験を話しているとき、その体験が本当だと信じるという気持ちを表すために、I believe you.と言うことができます。

また、前述しましたが、believeはbelieve inの形で使うこともあります。その場合の意味は次の通りです。

I believe in you.

相手の能力やポテンシャルを信じることを表現します。つまり、その人が何かを成し遂げることができると確信しているということを示しています。例えば、子供が困難な試験に向けて学習しているとき、あなたがその成功を信じていると示すためにI believe in you.と言うことができます。

believe inはその他、「何かの存在を信じる」という意味でも使われます。

えば、

I believe in God.(私は神を信じています)
I believe in freedom.(私は自由を信じています)

などのように使われます。このような内容はtrustやbelieveでは表現できません。

trustとbelieveを使った英語例文集

それぞれの単語がどのように使われるかを理解するために、以下にいくつかの例文を挙げてみましょう。

trustの例文

I trust him with my life.
彼のことを命をかけて信頼している。

You can trust me. I won’t tell anyone your secret.
私を信頼して。あなたの秘密は誰にも話さない。

I don’t trust the weather forecast. It’s often wrong.
天気予報は信頼していないんだ。よく外れる。

believeの例文

I believe her when she says she’s innocent.
彼女が自分は無罪だと言うなら、私は彼女を信じる。

Scientists believe that this discovery could change our understanding of the universe.
科学者たちは、この発見が私たちの宇宙に対する理解を変えたかもしれないと考えている。

Do you believe in ghosts?
あなたは幽霊を信じますか?

まとめ

「信じる」という日本語の概念が、英語ではtrustとbelieveで分けて表現されるのは、言語の違いとして面白いですね。この使い分けを理解することで、自分の思っていることをより正確に伝えることができ、さらに、他者からのメッセージをより正確に理解することができます。英語の学習は、そのような微妙なニュアンスを理解する旅でもあります。これからも楽しみながら学んでいきましょう!

ENGLISH JOURNAL編集部
ENGLISH JOURNAL編集部

英語を学び、英語で学ぶための語学情報ウェブサイト「ENGLISH JOURNAL」が、英語学習の「その先」にあるものをお届けします。 単なる英語の運用能力にとどまらない、知識や思考力を求め、「まだ見ぬ世界」への一歩を踏み出しましょう!

英文校正:Peter Branscombe

トップ写真:Marek Piwnicki from Unsplash

おすすめの本

英語中級者と上級者の違いは、的確で、気の利いたフレーズ力!

50余年の歴史を持つ、アルクの『月刊ENGLISH JOURNAL』(1971年創刊~2023年休刊)に掲載されたインタビューやスピーチ約300万語というビッグデータの中から、頻出する英語フレーズ300個を厳選。日常会話やemail、SNSではよく使われているのに、日本人が言えそうで言えない、こなれたフレーズを例文と英英定義と共に収載しました(全音声付き)。

選び抜いた300個を、穴埋め問題やマッチング問題を通して、「見てわかる」のレベルから「自分でも使える」ようになるまで、しっかり定着させます。上級者への壁をこの一冊で打ち破りましょう!

20時間の学習でTOEICスコアが平均165点アップ!

「Santaアルク」は世界で400万人が利用する、AIを活用したTOEIC®学習アプリです。このアプリについて特筆すべきところは、なんといってもその実績。Santaアルクのユーザーデータを分析した結果、20時間の学習で平均165点のスコアアップが報告されています。AIが膨大な数のTOEIC®学習データに基づき、最適な学習法を提示してくれるので、最短期間での目標スコア達成を可能にしてくれます。

そんな「Santaアルク」は、TOEIC®学習に必要な教材がすべて入っている「オールインワン」型のアプリ。

  • TOEIC®学習に役立つ基礎知識から、実際のテストに役立つ解答法、高スコア獲得用のTIPSまで、200以上の講義
  • TOEIC®学習の最新トレンドをおさえた3,000問以上の練習問題
  • 基礎レベルの単語から、TOEIC®での高スコア獲得のための必須単語帳まですべてのユーザーに対応した単語学習

利用できます。

語彙力&フレーズ力を磨く、おすすめの本

ネイティブと渡り合える、知的で洗練された英単語力。

本書は、アルクの『月刊ENGLISH JOURNAL』(1971年創刊~2023年休刊)に掲載されたネイティブスピーカーの生のインタビューやスピーチ、約300万語のビッグデータから、使用頻度の高い英単語300個を厳選し、一冊に編んだものです。

すべての英単語は日本語訳、英英定義、例文と共に掲載、無料ダウンロード音声付きで、読んでも聞いても学べる英単語帳です。また、難易度の高い単語をしっかり定着させるため、穴埋め問題やマッチング問題、さらに構文や使用の際に気を付けるべきポイント解説も充実しています。伝えたいことが明確に伝えられる、上級者の英単語力をこの一冊で身に付けましょう!

英語中級者と上級者の違いは、的確で、気の利いたフレーズ力!

50余年の歴史を持つ、アルクの『月刊ENGLISH JOURNAL』(1971年創刊~2023年休刊)に掲載されたインタビューやスピーチ約300万語というビッグデータの中から、頻出する英語フレーズ300個を厳選。日常会話やemail、SNSではよく使われているのに、日本人が言えそうで言えない、こなれたフレーズを例文と英英定義と共に収載しました(全音声付き)。

厳選した300種類の穴埋め問題&マッチング問題を通して、「見てわかる」のレベルから「自分でも使える」ようになるまで、しっかり定着させます。上級者への壁をこの一冊で打ち破りましょう!

難関大を目指す受験生が英単語を「極限まで覚える」ための単語集

大学入試などの語彙の問題は、「知っていれば解ける、知らなければ解けない」ものがほとんど。昨今の大学入試に登場する単語は難化していると言われており、文脈からの推測や消去法では太刀打ちできない「難単語の意味を問う問題」が多数出題されています。こうした問題をモノにして、周囲に差をつけるには、「難単語を知っていること」が何よりのアドバンテージです。

SERIES連載

2024 02
NEW BOOK
おすすめ新刊
ITエンジニア本大賞2024受賞!チームを動かすIT英語実践マニュアル
詳しく見る
メルマガ登録