世界海洋デー、Juneteenth・・・父の日だけじゃない!6月の記念日や祝日【英語エッセイを読んでみよう】

アルクのカナダ人スタッフが、日々のあれこれを英語エッセイで語る連載「Small Talk」。6月は、世界的にも重要な記念日や祝日が多い月だと言います。

英語エッセイ Thoughts on June(6月について思うこと)

梅雨時の6月はジメジメとした日も多いですが、アジサイをはじめとした花や草木が目に美しい季節でもあります。

そんな6月は、世界的に重要な記念日や祝日が多いことをご存じでしょうか。アルクのネイティブスタッフ、Margaretの英語エッセイと和訳、そして豆知識をお楽しみください!

Lush and Lovely

Yay, summer is in the air! It’s now June! I love this month. The days are so wonderfully long, and all those colorful hydrangeas and vibrant green landscapes are truly a feast for the eyes. But, sigh, June is also notable for the arrival of the rainy season – at least in the Tokyo region. My fold-up umbrella becomes a constant companion.

実り豊かで素晴らしい月

やったー、夏の気配が漂っています!6月ですね!私は6月が大好きなんです。日がとても長いし、色とりどりのアジサイや、生き生きとした緑の風景は本当に目を楽しませてくれます。だけど、はあ・・・少なくとも東京では、6月と言えば梅雨の到来でもあるわけで。折り畳み傘が欠かせなくなります。

Important Dates

June is especially packed with important dates. Among them is World Oceans Day, on June 8, held to remind us of the major role the oceans have in everyday life. One special day that you already likely know is Father’s Day, on June 18, held to honor all fathers. And, of course, there’s the summer solstice on June 21, marking the longest day in the year.

There is a new federal holiday in the United States. Called “Juneteenth” – a combination of the words “June” and “nineteenth,” Juneteenth commemorates June 19, 1865, the day when enslaved Black Americans in Galveston, Texas, were informed of their freedom.

大切な日

6月はとりわけ重要な日が目白押しです。その中に、6月8日の世界海洋デーがあります。この日は、私たちの日々の生活において海が担う主要な役割について考える日とされています。父親を称える日である6月18日の父の日は、きっと皆さんもうご存知ですね。そしてもちろん、1年で最も日が長い、6月21日の夏至もあります。

アメリカでは、新しい連邦祝日が制定されました。それが「ジューンティーンス(Juneteenth)」と呼ばれるもので、「June」と「nineteenth」を組み合わせた言葉です。ジューンティーンスは、1865年6月19日、テキサス州ガルベストンで奴隷として扱われていた黒人たちが解放された日を記念しています。

A Little History

June was originally called “Junius.” One theory says that the name comes from the Roman goddess Juno, wife of Jupiter. Juno was closely associated with energy, fertility and youth – perfect for a month linked with growth and abundant vegetation.

ちょっとした歴史

6月は元々「ユニウス」と呼ばれていました。その名は、ローマ神話の主神・ユピテルの妻である女神ユノに由来しているという説があります。ユノは活力や肥沃、若さに密接に結び付いており、成長そして豊かな草木に繋がる月にぴったりです。

語注

Lush and Lovely

語句意味
(見出し)lush(植物が)青々とした、実り豊かな
(見出し)lovely素晴らしい、すてきな
yayわーい、やったー、よーし
hydrangeaアジサイ
vibrant力強い、鮮やかな
landscape景色、風景
feast for the eyes目の保養、目を楽しませてくれるもの
sighはぁ、ため息
notable注目に値する[すべき]、有名な
fold-up umbrella折り畳み(式の)傘
constant持続する、絶えず続く
companion仲間、友

Important Dates

語句意味
be packed with ~~でいっぱいである、~で混んでいる
World Oceans Day世界海洋デー
remind A of ~A(人)に~のことを思い出させる[連想させる]
likelyたぶん、恐らく
summer solstice夏至
federal holiday 連邦祝日
Juneteenthジューンティーンス、奴隷解放記念日
combination組み合わせ、結合
commemorate祝う、記念する
enslaved奴隷となった、奴隷にされた
Galvestonガルベストン
※アメリカ、テキサス州南東部の都市

A Little History

語句意味
theory学説、理論、見解
Roman goddessローマ神話の女神
Juno(ローマ神話の)ユノ、ジュノー
Jupiter(ローマ神話の)ユピテル、ジュピター
be closely associated with ~~と密接に結び付いている
fertility (土地が)肥沃[多産]であること、生産力
be linked with ~~に関連している
abundant豊かな、富んだ
vegetation植物、草木

エッセイ豆知識

June bride

June is a very popular wedding month in many countries. Some young women express their hopes of becoming a “June bride.”

多くの国において、6月は結婚式を行う月としてとても人気です。 若い女性の中には「6月の花嫁」になりたい、という願いを口にする人もいます。

June bug

This is a large beetle that is most active during the month of June. They feed on flowers and foliage at night, sometimes causing considerable damage.

(コガネムシは)6月に最も活発に活動する大型の甲虫です。夜間に花や葉を食べ、大きな被害をもたらすこともあります。

June gloom

This expression refers to a weather pattern characterized by overcast or foggy conditions that occurs along coastal areas during June.

この表現は6月の間に沿岸部で発生する、雲で覆われた、あるいは霧が立ち込めた状態を特徴とした天候のことを指します。

ENGLISH JOURNAL ONLINE
英語コラム執筆:Margaret Stalker

「英語を学び、英語で学ぶ」学習情報誌『ENGLISH JOURNAL』が、英語学習の「その先」にあるものをお届けします。 単なる英語の運用能力にとどまらない、知識や思考力を求め、「まだ見ぬ世界」への一歩を踏み出しましょう!

トップ画像:Vitolda Klein from Unsplash

SERIES連載

2024 02
NEW BOOK
おすすめ新刊
ITエンジニア本大賞2024受賞!チームを動かすIT英語実践マニュアル
詳しく見る
メルマガ登録