instagrammableってどんな意味?100の「ほめ単語」で会話も気持ちも弾む!【ほめ英語入門】

英語講師の松田佳奈さんが、「英語でほめる」ことで英語力をアップさせる秘訣をお届けする本連載。最終回の今回は、英語での表現の幅をぐっと広げる「ほめ単語」をピックアップ!さらに、ほめ単語をふんだんに使った「ほめ会話」の実践動画も用意しました。

楽天books

動画もあって分かりやすい!シンプルな構文でほめ英語を学ぶ前回の記事はこちら。

100のほめ単語があらゆるシーンに対応

皆さん、こんにちは。英語講師の松田佳奈です。前回ご紹介した「ほめ構文」は、いかがだったでしょうか。

今回は、英会話がさらに楽しくなって、ますます英語で話したくなる「ほめ単語」をご紹介します。どんなシーンでも通じる汎用(はんよう)性の高い単語や、思わずSNSで使いたくなる”今ドキ”な単語など、実用性もバッチリですので、ぜひ声に出して練習してくださいね。

書籍『ほめ英語入門』では、100個ものほめ単語を収録。どんな場面や対象に使えるかを下図のアイコンで分かりやすく表し、具体な例文も掲載しています。

それでは早速、ほめ単語を学んでいきましょう!

「素晴らしい」「すてき」を伝えるfantastic

fantastic
意味:[形容詞]素晴らしい、すてきな
使える対象:万能(どんな対象・場面でも使える汎用的なポジティブ単語)

fantasy(幻想)から派生した形容詞で、「(幻想のように)素晴らしい」という意味。wonderfulと同じように使われますが、wonderfulの方がやや女性的な響きを持ちます。

私の夫でアメリカ人のデイビッドは、このfantasticをよく使っています。彼も私の英語スクールで一緒に講師を務め、大学でもいくつか授業を受け持っているのですが、どちらの生徒たちからも「今日は8回も言ってたよ~」と数えられているほど。本人に自覚はないようですが(笑)。

【例文①】
Thank you, I had a fantastic night.
(ありがとう、すてきな夜を過ごすことができました)

【例文②】
The food at the restaurant was just fantastic!
(レストランでの食事がとにかく素晴らしかった!)

こんなふうに、一緒に過ごした時間、あるいは食事などについて、いろんなことに対して気軽に使ってみてくださいね。

”やばい”くらい最高な気持ちにはawesome

awesome
意味:[形容詞]すごく良い、最高
使える対象:万能

awe(畏怖)から派生した形容詞で、元の意味は「畏怖の念を起こさせる」ですが、最近では日本語の「やばい」「超いけてる」に相当する若者言葉として、SNSのコメントなどでよく見かけます。awe-にアクセントをつけて発音します。ちなみにawesomeは、イギリスよりアメリカでよく使われている語です。

【例文①】
You’ve got an awesome hairdo.
(髪型、めっちゃいけてるね)※hairdo=髪型、ヘアスタイル

【例文②】
The concert was awesome!
(コンサート、やばかった!=すっごく良かった)

ほめたい気持ちが勢いよく出ている感じがしますよね。awesomeは親しい間柄で使うことが多いほめ単語なので、仕事相手や目上の人にはあまり使わないように気を付けましょう。

今ドキな”映え”を表すinstagrammable

instagrammable
意味:[形容詞]インスタ映えする
使える対象:服装・持ち物、外見、天候・自然環境、飲食物、場の雰囲気

SNSアプリ、Instagramの普及によって広まった、いわゆる「映え」を意味するスラング的表現。人に限らず、物や景色などあらゆるものに使えます。

【例文①】
I’ve got to take a photo of this view. It’s so instagrammable!
(この景色、写真に撮らないと。すごくインスタ映えする!)

【例文②】
Here’s an instagrammable dessert.
(「映える」デザートが来たよ)

SNSが日常に溶け込んだ現代ならではの、ほめ単語と言えるでしょう。instaの部分を省略してgrammableと表現することもあります。Instagramとphotogenic(写真映りがいい)を合わせたinstagenicも使われることがあります。

ほめ合いまくって気持ちも英語力もUP!

続いて、ここで紹介した以外のほめ単語をたくさん使った、実践的なほめ会話の動画をご用意しました。英語字幕と日本語訳付きなので、まずはどんな単語や表現が出てくるかを楽しみながら見てみてください。そして2回目からは、一緒に声に出して練習してみてくださいね。

ほめれば英語も人生もうまくいく!

3回にわたって連載をお読みくださり、ありがとうございました。

ほめ英語で何よりも大切なことは、「心からの気持ちを素直に言葉にすること」です。最初は文法や発音を間違えてもかまいません。

「すてきだな」と感じたことを英語で伝えたい――その気持ちとあなたの笑顔さえあれば、「ほめ英語」はきっと相手にしっかり届きますし、英語力も着実に高まっていくでしょう。もちろん、準備運動のつもりで自分を日々ほめることも忘れずに!

「ほめ英語」が、あなたの英語学習と毎日を楽しく彩ってくれますように。

楽天books

松田 佳奈(まつだ・かな)
松田 佳奈(まつだ・かな)

和歌山市生まれ。東京女子大学卒業後、サセックス大学大学院修士課程修了(専攻は応用言語学)。外資系翻訳会社の社内翻訳者として勤務したのち、和歌山大学大学院修士課程修了(専攻は教育学)。和歌山大学や近畿大学などで教鞭をとる一方、主宰する英語スクール「PINES ENGLISH SCHOOL in Otani」で小学生から大人までを対象に「ほめる英語」を使った英語指導を行う。共著に『Science Frontiers ナショナルジオグラフィックで始める理系英語』(センゲージラーニング)、著書に『ほめる英語であなたは変わる!』(Kindle版)がある。趣味は弓道と映画鑑賞。ブログ PINES ENGLISH SCHOOL in Otani  Twitter @kanahilston

SERIES連載

2024 02
NEW BOOK
おすすめ新刊
ITエンジニア本大賞2024受賞!チームを動かすIT英語実践マニュアル
詳しく見る
メルマガ登録