facebookinstagramtwitter
新型コロナウイルスの英語表現と海外ニュースまとめ

2020年から世界に広がった新型コロナウイルス感染症(COVID-19)にまつわる英語表現や、関連して世界で起こっていることを伝えるニュースやエッセイの記事を紹介します。

目次
  • コロナで使用頻度が上がった必須表現

    「緊急事態」「自粛」「3密」「除菌・消毒」など、生活に欠かせなくなった用語と例文を紹介する記事です。

    コロナ後に広まった生活様式の表現

    「新しい日常」などとして、感染防止のために生活の行動や習慣などが大きく変わっています。「リモートワーク」「時差勤務」「マスクを着ける」「オンライン飲み会」などは英語でどう表現されるのでしょうか?

    コロナ関連のニュースで学ぶ表現

    人々が広範囲で速く移動する世界で、新型コロナウイルスは一気に広まりました。誰もが無関係ではいられない状況になっているため、日本でも海外でもメディアで頻繁に取り上げられています。

    連載「ニュースな英語」から

    英語圏のメディアで話題になっている表現を、記事の引用とともに紹介する連載「ニュースな英語」。翻訳者・ライターの松丸さとみさんがその時々で知っておきたい言葉を選んで解説しています。pandemic、 quarantine などの単語を使えるようにしておきましょう。

    連載「ニュースで学ぶ英語と世界」から

    日経LissNで配信されている最新情報を、英語講師の天満嗣雄先生がわかりやすく解説する記事です。「抗体」「治験」「助成金」「休業」は英語でどう言うのでしょうか?

    コロナに関連する日本と海外での話題

    日本の妖怪アマビエがSNSで拡散したり、外国首相による感染防止を訴えるスピーチが話題になったりしました。

    海外在住者や識者が伝えるコロナ禍の世界

    さまざまな分野の専門家が、外国に住んでいるからこそわかる日本と外国の状況の違いや、コロナ後の変化や 予測 をご執筆しています。

    コロナ海外リポート

    海外在住のライターなどが現地での様子を伝えている記事です。イギリスやイタリア、アメリカのハリウッド業界の状況とは?

    各界の識者が語るアフターコロナ

    特集「アフターコロナを考える」では、6人の識者の方々に、コミュニケーション、観光・通訳、アメリカ教育、スポーツビジネス、エンタメ、多文化共生という異なる分野について語っていただきました。

    こちらもおすすめ:コロナ関連の和製英語

    「オーバーシュート」「ロックダウン」「クラスター」「ソーシャルディスタンス」はそのまま英語として通じるのでしょうか?

    こちらもおすすめ:コロナ禍での語学

    家での英語学習法や、インターネットで英語を使って楽しめる海外ツアーなどを紹介しています。リアルな社交の機会が 少ない 分、じっくり学びに取り組んだり、新しい楽しみを見つけたりするのもいいかもしれません。

    感染防止には気を付けながら、でもできるだけ前向きに過ごすよう心掛けたいですね。

    ★ニュース英語を学ぶためのおススメ参考書3選はこちら!
    !

    ENGLISH JOURNAL ONLINE編集部 「英語を学び、英語で学ぶ」学習情報誌『ENGLISH JOURNAL』が、英語学習の「その先」にあるものをお届けします。単なる英語の運用能力にとどまらない、知識や思考力を求め、「まだ見ぬ世界」への一歩を踏み出しましょう!

RELATED ARTICLES関連記事

「目印」って英語で言える?【TOEIC 990英単語クイズ】
【アルク社員がガチ挑戦】13年ぶりTOEIC受験で目指せ900点超え!
SNSの写真にコメントするときに使える、自然な英語フレーズ90個
学校で習った日本文学の有名な書き出し!英語で作品名いくつわかる?
「診断書」って英語で言える?【TOEIC 800英単語クイズ】
『ブリティッシュ・ベイクオフ』に学ぶ英語表現!「運任せ」って英語でなんて言う?

SERIES連載

RECOMMENDED 編集部のおすすめ[PR]

2022 07
MAGAZINE
ENGLISH JOURNAL 最新号
【特集】だからTOEIC(R)はやめられない!
詳しく見る