英語ネイティブ講師はなぜレッスンで日本語を使ってはいけないの?【シンガーソングライター、ネルソン・バビンコイ】

作詞・訳詞家のココロ

シンガーソングライターで、米津玄師さんの「パプリカ」の英訳も手掛けた、アメリカ出身のネルソン・バビンコイさんの連載「作詞・訳詞家のココロ――歌詞がリリックになるとき」。第1回では、日本に興味を持って日本語を学んだ経緯や、その体験からの発見、来日当初の仕事などについて語ります。

シンガーソングライターで「パプリカ」の英訳も担当

皆さん、こんにちは。ネルソン・バビンコイです。

日本に来て12年、シンガーソングライター、翻訳者、ナレーター、俳優にコメンテーターと、いろいろな活動をしています。

最近では、米津玄師さん作詞作曲の「パプリカ」の英語バージョン、“Paprika”の英訳を担当しました。「パプリカ」はNHKの2020公式応援ソングなので(開催が延期となりましたが)、英語版もこれからきっと、多くの皆さんにお聞きいただけることと思います。

米津さんの作品をはじめ、SEKAI NO OWARITHE BAWDIESの楽曲についても、英訳や英語の作詞をたくさんしています。これから6回の連載の中で、そのエピソードもたっぷり紹介します!

15歳での日本短期留学が人生の転機に

この第1回では、僕自身のことをお話ししましょう。

僕の故郷は、ハリウッドに程近い、カリフォルニア州のバーバンク市です。映画産業で有名な町で、映画やテレビのスタジオで働く職人さんたちが大勢住んでいます。

僕のおじいさんもこの町で、映画のセットやカメラワークの仕事をしていました。あのクリント・イーストウッドとも一緒に仕事をしたことがあると、幼かった僕に得意そうに話してくれました。

バーバンク市で生まれ育った僕が、初めて日本と出合ったのは15歳のときです。バーバンク市とその姉妹都市の群馬県太田市との間で、夏休みに高校生の短期交換留学プログラムが行われていたのがきっかけでした。

ある日、「日本に行きたい人は申し込んでください」と学校で告知があり、なんとなく楽しそうだなと思って面接を受けたら、見事に合格。12人の交換留学生の一人として、その夏に2週間、日本に滞在しました。

今思うと、それが人生の大きな転機になりました。

僕はずっと母と2人暮らしだったので、日本でのホームステイを通して、お父さんとお母さんがいて、兄弟姉妹がいて、近所にはおじいちゃん、おばあちゃんも住んでいて、という家庭を初めて経験したのです。英語がわかるのはホストファザーだけでしたが、みんないい人たちで、忘れられない滞在になりました。

すごく悔しかったのは、そんなすてきなホストファミリーと別れるときに、下手くそな「アリガトウ」しか言えなかったことです。歯がゆい思いをかみしめながら、きっとまた日本に来よう、そして今度は日本語でちゃんと気持ちを話そうと思いました。

こうしてアメリカに戻った僕は、日本語を独学し始めたのです。

言葉の壁を取り払うと同じ人間同士になる

僕は独学が得意です。幼いころから、パソコンやインターネットがある環境で育った世代なので、新しいことを学ぶときは、どこかへ習いに行ったり、本を買ったりする代わりに、まずパソコンを開きます。

ネットに接続したパソコンがあれば、たいていのことは自分で調べ、学ぶことができるのですから、まったくよい時代に生まれたものです。これからの子どもたちは、みんなそうやって勉強するのでしょうね。

帰国してから1年後、バイトでお金をためて、再び日本に遊びに来たときは、日本語で「今日はいい天気ですね」くらいの会話はできるようになっていました。

そんな簡単なことでも、日本語で日本人と会話ができたときは本当にうれしくて、「もう日本人とアメリカ人ではなく、人間同士だな」と思いました。

言葉の壁を取り払うと、同じ人間同士になる。そう気付かせてくれたのが、僕の場合は日本であり、日本語だったのです。その瞬間から、あらゆる偏見や差別は別世界のことになりました。

高校卒業後はカリフォルニア大学バークレー校に進学し、コンピューターサイエンスを勉強しましたが、1年で専攻を日本語に変えました。将来は日本に住むと、もう決めていたからです。その気持ちは、慶應義塾大学に1年間留学して、より強くなりました。

たぶん、日本的な価値観が自分に合っていたのでしょう。僕はちょっとシャイなところがあるから、日本の穏やかな社会は居心地がいいのです。

アメリカで暮らしていると、もっと男らしく、もっと強く、もっと挑戦的に、というふうにずっと追い立てられているようで落ち着きません。むしろ日本的な控えめさが性に合います。僕と同じように、静かにじっくり考えるのが好きな外国人には、きっと日本の水が合うと思います。

作詞・訳詞家のココロ

英語の先生はなぜ日本語を話してはいけないの?

そういうわけで、大学を卒業すると、僕はまっしぐらに日本に来ました。2007年の秋のことです。

客観的に考えても、自分と同じくらい日本語が話せる外国人は少ないから、日本で働いた方が自分の強みを生かせます。僕が住む場所はやっぱり日本しかあり得ないと、張り切って日本での生活を始めました。

まず東京の英会話スクールで、講師として働き始めました。ところがそのスクールでは、いくら日本語がペラペラでも、先生は一切、日本語禁止だというではありませんか。

こっそり日本語を交えてレッスンをすると、部屋の様子がモニターされていて、「ネルソン、日本語しゃべったでしょ!」と、後で上司に怒られるのです。

僕自身、アメリカで英語を使いながら日本語を覚えたので、日本人に英語を教えるときに必要に応じて日本語で説明することがなぜ駄目なのか、理解できませんでした。だったら自分がここにいる意味はない。あんなに頑張って勉強し、日本語能力試験のN1(1級)も取ったのに、その日本語が使えないなんて!

納得ができないまま仕事を続けても、ストレスがたまるだけです。僕は3カ月で英会話スクールを辞めました。

少しずつ音楽に関わる仕事が舞い込み始めた

ありがたいことに、新しい道はすぐに開けました。

アメリカにいる間に日本のテレビ局によるロサンゼルスでのロケを手伝ったご縁で、そのとき知り合ったプロデューサーから、番組用に英語交じりの主題歌の制作や、英語のナレーションを頼まれたりするようになったのです。

日本のテレビ業界に入ろうなどとは考えたこともなかったのですが、気が付くと音楽番組に出演させてもらう機会も出てきて、「本当に僕でいいのかな」と思いながら、少しずつ仕事の基盤が出来てきました。

そして今、日本で暮らし、仕事をする僕がいます。夢の実現を可能にしてくれたのは、やはり日本語でした。

皆さんも英語を勉強していると思いますが、外国語を覚えるには、強い動機を持つことがいちばんだと、自分の経験から断言できます。

僕の場合は、日本へ行きたい、もっと日本を知りたいという気持ちが原動力でした。もしそれが、自分の中から湧き上がる強い思いではなく、誰かから「ネルソン、日本語を勉強しなさい!」と命令されてやっていたのなら、とても続かなかったでしょう。

皆さんも、英語を学び続ける理由、英語を使ってやりたいことを大切にしてください。

次回は、音楽との関わりについてお話ししようと思います。どうぞお楽しみに!

ネルソン・バビンコイ

ネルソン・バビンコイ(Nelson Babin-Coy)
15歳のときに2週間の交換留学をきっかけに日本が好きになり、日本語を独学する。名門カリフォルニア大学バークレー校の東アジア言語・日本語学科を卒業。在学中に慶応義塾大学に1年間留学し、日本語能力試験N1(1級)を取得。2007年10月に再来日し、音楽、芸能活動を始める。2018年に永住権を取得。現在はSEKAI NO OWARIやTHE BAWDIESなど、日本のメジャーミュージシャンの英語歌詞の提供や英語プロデュースを行い、NHK WORLD番組に出演しながら番組全体の英語監修も担当。『二階堂家物語』で映画俳優デビューし、バイリンガル俳優としても話題に。ほかに日本の海外向け番組やアーティストのプロデューサー、テレビパーソナリティー、YouTubeのクリエイターなど、さまざまな業界で活躍中。
公式サイト:https://www.nellybc.com/
Twitter:https://twitter.com/babin_coy
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCCVXvioNdjRJsuCrwkbnUMw
Instagram:https://www.instagram.com/babincoy/

構成:田中洋子/編集:ENGLISH JOURNAL ONLINE編集部