「変だね」と言うときstrangeやoddよりも使う単語は?「土足厳禁」を2語で言うと?

「変だね」と言うときstrangeやoddよりも使う単語は?「土足厳禁」を2語で言うと?

GOTCHA!で人気が高かった記事をランキング形式でご紹介します。(集計期間:2020年1月16日~2月15日。5回以上ランクインした記事は殿堂入りとして、集計から除外しています)

※テキスト中のリンクが表示されない場合は、オリジナルサイト<https://ej.alc.co.jp/entry/20200225-monthlyranking>でご覧ください。

1位

ej.alc.co.jp

アメリカに医学系の研究員として滞在中、英語が分からず、ドラマのせりふを分析して実際によく使われる単語を導き出したCozyさんが、厳選した英単語を紹介します。『How I Met Your Mother(ママと恋に落ちるまで)』『Friends(フレンズ)』を使って、英語表現を学び、あなたも使ってみませんか?

2位

ej.alc.co.jp

日本にある法人向けの高級アパートメントで外国人滞在客のコンシェルジュをしているKayo(重盛佳世)さんが、外国人セレブ&エリートの実態をリポートします。今回はごみの分別や、列に割り込みされたときなど、生活のルールを伝える際のお役立ちフレーズが満載です!

3位

ej.alc.co.jp

バレンタインの時期にたくさんの人に読まれた記事です。手作りチョコ、義理チョコ、友チョコがあるのは日本だけなの?アメリカでのバレンタインの過ごし方は?気になるチョコ&お菓子事情を、アメリカ出身でグルメアプリ「シンクロライフ」を運営するローラさんが教えてくれます!

4位

ej.alc.co.jp

累計発行部数90万超、Amazonでベストセラー1位を記録したスティーブ・ソレイシィさんの大ベストセラー『英会話なるほどフレーズ100』から、最も使える英会話表現を紹介します。今回は「気のせいだよ」です。相手が「みんな私のこと笑ってない?」と気にしているときなどに、このフレーズが役立ちますよ!

5位

ej.alc.co.jp

日本語では「インフル」と短く言われることも多いインフルエンザですが、英語ではもっと短く flu と言います。『即使える「病院英語」ハンドブック~「診察して」って英語で言えますか? 』の著者、アン・クレシーニさんが、インフルエンザにまつわるフレーズを徹底的に紹介します。

6位

ej.alc.co.jp

前月に続いてのトップ10入り!いいことがあると、うれしくて誰かに聞いてもらいたくなるけれど、「おめでとう、すごいね!」などと言われたら「いいえ、たまたまですよ」と謙虚に喜びを表現したいことってありますよね。英語にも、そのニュアンスを表すのにピッタリな言い方があるんです。たった3語で表現できる定番フレーズを見てみましょう。

7位

ej.alc.co.jp

人のうわさ話などはよくネタになりますよね。ただ、「誰々が言っていた」とストレートに言ってしまうと、角が立つかもしれません。また、誰に聞いたかよく覚えていないということもありますよね。今回はそんなときにとても便利な、「小耳に挟んだ」を表す英語フレーズを紹介します。

8位

ej.alc.co.jp

GOTCHA!でおなじみのリチャード川口さんが主宰する英語学校、RK English Schoolの「発音」の授業に編集部が参加しました。ネイティブの発音を手に入れるための3つのポイントをレポートします。

9位

ej.alc.co.jp

「1年で1,000時間の英語学習を通じてブレイクスルーを起こす」というスローガンを掲げるサービス「TORAIZ(トライズ)」を提供する、トライオン株式会社の三木代表を『ENGLISH JOURNAL』編集長が取材しました。1000時間をブレイクスルーの目安にする理由、さまざまな受講生のニーズ、映画を教材に使う利点など、1年後に「海外出張でプレゼンと質疑応答をこなせる英語力」を手に入れられる秘訣(ひけつ)を探ります。

10位

ej.alc.co.jp

花粉症、つらいですよね!早くもシーズン真っ盛りの趣の中、「そういえば花粉症って英語で何て言うんだっけ?」と検索した方に多く読まれています。日本にいる外国の人も花粉症になっているかどうか、ぜひ英語で会話してみましょう!

気になる記事はありましたか?

GOTCHA!の新着記事情報は、メールマガジン「語学力アップマグ」でお届けします。下記のフォームでメールアドレスを登録するだけ。メールアドレス以外の個人情報は不要です。ぜひご利用ください!

ENGLISH JOURNAL ONLINE編集部

取材・文:ENGLISH JOURNAL ONLINE編集部
「英語を学び、英語で学ぶ」学習情報誌『ENGLISH JOURNAL』が、英語学習の「その先」にあるものをお届けします。 単なる英語の運用能力にとどまらない、知識や思考力を求め、「まだ見ぬ世界」への一歩を踏み出しましょう!