アメリカで大ヒットの減量薬、どんな薬?本来は「diabetes」のために開発されたもの【ニュース英語】

海外メディアが報じたニュースから、英語表現を学びましょう!アメリカで現在、社会現象と言えるほど爆発的な売上げを誇っているのが「減量薬」。空腹感や満腹感がコントロールできて体重減少に効果ありという、“理想の薬”のようですが・・・副作用や費用などの問題はないのでしょうか?

製薬大手2社が席巻する減量薬市場

時事英語専門のオンライン辞書サイト「RNN時事英語辞典」編集長の廣です。

アメリカでは、新たな減量薬が大ヒット、社会現象となっています。いったいどのような薬なのでしょうか。今回はこのニュースを英語で見ていきます。

In their most recent earnings reports, Novo Nordisk and Eli Lilly proved why they are the undisputed heavyweights in the prizefight for control of the rapidly growing weight-loss medications market. Beyond staggering sales figures for Novo’s Ozempic and Wegovy and Lilly’s Mounjaro, news of a study showing Wegovy can reduce the risk of heart disease and the anticipated approval of even more powerful prescription drugs to treat obesity will only strengthen the position of these venerable pharmaceutical giants, which have been in business for 100 years and 147 years, respectively.

ノボ・ノルディスクとイーライリリーは最新の決算報告で、急成長する減量薬市場の支配をめぐる争いで圧倒的な強さを誇っていることを、証明した。ノボ・ノルディスクの「オゼンピック」と「ウゴービ」、イーライリリーの「マンジャロ」の驚くべき売り上げだけでなく、ウゴービが心臓病リスクを低減することを示す研究のニュースや、肥満を治療するさらに強力な処方薬が承認されることへの期待は、それぞれ創業100年と147年の歴史ある製薬大手の地位をさらに強固なもととするだろう。

記事引用元:CNBC

アメリカでは「減量できる薬」が大ヒット、生成AIに並ぶイノベーションとして脚光を浴びています。製造するノボ・ノルディスク(本社・デンマーク)では、膨れ上がる需要に供給が追い付かないほど。同社によると、ウゴービを週1回注射することで、体重を5〜10%減らすことが可能といいます。

キーワード①

  • earnings repor:収益報告、決算報告
  • prizefight:プロボクシングの試合
  • weight-loss medication:減量薬
  • prescription drug:処方薬

    【drugを使った類似フレーズ】
    over-the-counter drug:市販薬

空腹・満腹をコントロール、しかし本来の役割は・・・

どちらのメーカーの薬も、糖尿病の治療薬として開発されたものですが、食欲を抑える作用が減量に効果的と、成人の約70%が肥満や過体重であると言われるアメリカで社会現象となっています。

Ozempic and Wegovy are both GLP-1 agonists, substances originally formulated by Novo to treat type 2 diabetes. Besides controlling blood sugar, GLP-1s affect hunger signals to the brain, tricking the body into feeling full and slowing the rate at which the stomach empties.

オゼンピックとウゴービはどちらもGLP-1作用薬で、もともとは2型糖尿病の治療薬として、ノボ・ノルディスクが開発した物質だ。GLP-1は血糖値をコントロールするだけでなく、脳へ空腹を伝える信号に作用し、腹いっぱいであると感じるように体をだまし、胃が空っぽになる速度を遅らせる。

記事引用元:CNBC

キーワード②

  • agonist:作用薬
  • diabetes:糖尿病

    【diabetesを使った類似フレーズ】
    type 2 diabetes:2型糖尿病
  • blood sugar:血糖、血糖値

「理想の薬」と表裏一体の現実

ただ、この薬にも副作用などのリスクがあります。また、大企業の多くが減量薬を保険適用としていますが、高額な薬の利用が急拡大したことにより費用負担が増す問題も引き起こしています。

Most people who take the drugs don’t experience serious side effects, and even minor ones — nausea, diarrhea, vomiting — mostly can be controlled with a careful diet and medical supervision. But patients say some unwelcome and scary effects — including heart palpitations — surprised them, forcing them off the medication.

この薬を注射するほとんどの人に深刻な副作用はなく、吐き気や下痢、嘔吐(おうと)など軽度なものも、多くは注意深い食事や医師の監督でコントロールできる。しかし、動悸(どうき)を含む、望まない恐ろしい副作用に驚き、薬を中止せざるを得なくなった患者もいる。

記事引用元:The Washington Post

キーワード③

  • side effect:副作用、副反応
  • heart palpitation:動悸
  • force A off B:Aに無理やりBをやめさせる(※forceは force A B で「Aに無理やりBをさせる」という表現にも使えます)

「食べたい」を薬で管理する時代の到来か

「食欲は本能的なものではなく、薬で調節するもの」という考え方が当たり前になる時代がやってくるのでしょうか。

Ultimately, the proliferation of drugs like Mounjaro means medicine is not only in the business of dictating “normal” weights (a thing it still hasn’t quite figured out), but “normal” appetites. What was once an intuitive process, in which your body tells you what it needs, became a dictate under diet culture: You tell your body what it can have. Now medicine promises a radical reset: With the right drug, your body will hunger for nothing at all.

究極的に、マンジャロのような薬の急増が意味するのは、医療ビジネス界が「標準的な」体重(いまだによく分かっていないことだが)だけでなく、「標準的な」食欲までも決定することを意味する。体が必要とするものを体があなたに伝えるという、かつての直感的なプロセスが、ダイエット文化の下で命令となった、つまり、体に必要なものをあなたが指示する。今や薬は極端なリセットを約束している。適切な薬を使えば、あなたの体は全く空腹を感じなくなるのだ。

記事引用元:WIRED

キーワード④

  • proliferation:急増、拡散
  • dictate:~を書き取らせる、~を厳しく命令する、~を決定付ける

    【dictateを使った関連フレーズ】
    dictation:書き取り
  • dictator:独裁者

まとめ

いかがでしたでしょうか。肥満を改善したい人々には救世主のような薬。将来はより安価に手に入り、治療として必要な場合により利用しやすくなることを期待する声がある一方、副作用による健康への影響や、リバウンドを防ぐには薬を使い続けなければならない場合もあるなど、賛否両論あります。多くの製薬会社がこの分野への参入を目指しており、近く日本の医療現場にも利用可能となる見通しです。

次回をお楽しみに。

EJ
廣川 亘(ひろかわ わたる)

RNN時事英語辞典」編集長。1998年に同サイトを立ち上げる。RNNは「Rapid News Network」の頭文字。最新の英文ニュースを常にウォッチし、多用されるキーワードや現代用語、専門用語を多数収録する。

廣川さんが解説する英語ニュース一覧

SERIES連載

2024 07
NEW BOOK
おすすめ新刊
観光客を助ける英会話
詳しく見る