テイラー・スウィフト東京公演、もたらした経済効果「Swiftonomics」はいかに?【ニュース英語】

海外メディアが報じたニュースから、英語表現を学びましょう。5年ぶりに来日した世界的歌姫、テイラー・スウィフト。その人気や経済効果はさまざまなメディアでも取り上げられました。桁違いの影響力や、今回の来日で注目されたもう一つのポイントなどを見ていきます。

時の人、テイラー・スウィフトの止まらぬ勢い

時事英語専門のオンライン辞書サイト「RNN時事英語辞典」編集長の廣です。

世界の歌姫テイラー・スウィフトが東京ドームでの公演のため来日しました。そのコンサートの他にも、彼女がもたらす経済効果や、アメリカ帰国後、果たしてスーパーボウルの試合に間に合うかなど、話題となりました。

それでは、このニュースを英語で見ていきましょう。

テイラー・スウィフトは今、世界ツアー「Eras Tour」の真っ最中で、11月までに151公演こなす予定。米TIME誌のPerson of the Year 2023に選出、音楽配信サービスSpotifyでスウィフトの曲は2023年の1年間で261億回再生されるなど、まさに時の人です。

There’s no question that 2023 belongs to Taylor Swift. The 34-year-old pop star was already known as a trailblazer in the music industry — not only as an advocate for female empowerment, but also as a champion for musicians who want greater ownership of their work.

Fueled by her record-breaking Eras Tour, blockbuster concert film, and Taylor’s Version re-recordings, the Pennsylvania native managed to become even more influential than she already was — all while boosting the economy, making historic deals with movie distributors, and becoming a billionaire.

2023年はテイラー・スイフトの年と言っても過言ではない。この34歳のポップスターは、すでに音楽業界では草分けとして知られていた。女性のエンパワーメントの提唱者であるだけでなく、自分の作品に対してより広範な所有権を望むミュージシャンの支持者でもある。

彼女の記録破りのEras Tour〔*1〕、大ヒットしたコンサートを記録した映画、そして再録音した「Taylor’s Version」〔*2〕によって、ペンシルベニア州出身の彼女は、経済を後押しし、映画配給会社との歴史的な契約を結び、そして億万長者になるだけではなく、すでに持っていた影響力をさらに高めることに成功した。

記事引用元:Forbes

  • 〔*1〕Eras Tour:テイラー・スウィフトが2023年3月17日から開催中のコンサートツアーの名称。
  • 〔*2〕Taylor’s Version:これまでのテイラー・スウィフト自身の楽曲を再レコーディングするプロジェクトの名称。日本でも『1989(Taylor’s Version)』『Speak Now(Taylor’s Version))』などのアルバムが発売されている。

キーワード①

  • trailblazer:草分け、先駆者
  • music industry:音楽業界
  • female empowerment:女性のエンパワーメント(女性の能力開発や権利拡大のこと)
  • blockbuster:大ヒット作
  • movie distributor:映画配給会社

一人の歌手が数百億円を生み出した

2月7日からは東京ドームでの公演。4日間、全45曲、3時間20分のコンサートをこなしました。大きな経済波及効果が予測されています。さらに、テイラー・スウィフトによる経済効果は、英語でこう呼ばれています。

The “Swiftonomics” effect — or the economic impact of Taylor Swift — on Japan from her four days of shows in Tokyo that kicked off Wednesday is estimated to reach around ¥34.1 billion ($230 million), according to a report compiled by the Economic Impact Research Laboratory.

(中略)

Another factor contributing to the high economic impact is that fact that the show is being held only in Tokyo, which requires fans to travel from around the nation to attend the show. These fans are estimated to rack up transportation costs of around ¥800 million and spend about ¥1 billion on accommodation, according to the report.

According to calculations, the economic ripple effect — the domino effect caused by the action of one person — of an average concertgoer is ¥155,090.

エコノミック・インパクト・リサーチ・ラボラトリーのレポートによると、水曜日(2月7日)に始まった京での4日間の公演から、日本におけるテイラー・スウィフトの経済効果、いわゆる「スウィフトノミクス」は、約341億円(2億3000万ドル)に達すると推定されている。

(中略)

経済効果が高いもう一つの要因は、公演が東京のみで行われるため、全国からファンが公演に参加するために移動する必要があることだ。これらのファンは、交通費として約8億円、宿泊費に約10億円を使うと推定される。

計算によると、平均的なコンサート参加者の経済的波及効果――ある人の行動によって引き起こされるドミノ効果――これは15万5090円となる。

記事引用元:The Japan Times

rack up Aで、「Aを稼ぎ出す」という意味になります。交通費、宿泊費だけでもすごい経済効果ですね。

キーワード②

  • Swiftonomics:テイラー・スウィフトの経済効果(Taylornomicsと呼ばれることもある)
  • economic impact:経済効果
  • economic ripple effect:経済波及効果
  • concertgoer:コンサートの観客

テイラーは全米No.1の祭典に間に合うのか?

今回の東京公演はもう一つ、世界から注目されるポイントがありました。テイラーは、交際相手(トラビス・ケルシー。「カンザスシティ・チーフス」というチーム所属の選手)が出場するアメリカンフットボールの大会「スーパーボウル」を観戦すると予想されていて、最終日の公演後アメリカへ急ぎ帰国、試合に間に合うのか、という点です。在米日本大使館がX(旧Twitter)で、「公演終了後の夜に日本を出国すれば、試合のあるラスベガスに試合前に間に合う」と声明を出すほど。

Swift‘s last song was still ringing in the ears of thousands of fans at the Tokyo Dome on Saturday night when the singer rushed to Haneda airport, presumably embarking on an intensely scrutinized journey to see Kelce.

“We’re all gonna go on a great adventure,” Swift told the crowd earlier. She was speaking of the music, but it might also describe her race against time, which was to cross nine time zones and the international date line.

土曜日(2月10日)の夜、東京ドームでのスウィフトが歌った最後の曲がまだ何千人ものファンの耳に響いている中、彼女は急いで羽田空港に向かい、ケルシーに会うために多くの人の注目を集める旅に出ると見られた。

「私たちはみな、素晴らしい冒険に出発する」とスウィフトはコンサート客に語った。彼女が話していたのは音楽のことだが、それはまた、9つのタイムゾーンと日付変更線を越えるという、時間との戦いを表しているのかもしれない

記事引用元:Business Insider

キーワード③

  • time zone:時間帯、タイムゾーン
  • international date line:日付変更線

まとめ

いかがでしたでしょうか。ほかにも、「ツアースタッフに総額79億円のボーナスを支給」「米大統領選挙の行方に影響力」といったことも話題に。英語ニュースで彼女の活躍をウォッチするのもいいかもしれません。

次回もお楽しみに。


EJ
廣川 亘(ひろかわ わたる)

RNN時事英語辞典」編集長。1998年に同サイトを立ち上げる。RNNは「Rapid News Network」の頭文字。最新の英文ニュースを常にウォッチし、多用されるキーワードや現代用語、専門用語を多数収録する。

廣川さんが解説する英語ニュース一覧

トップ画像素材:Omid Armin from Unsplash

SERIES連載

2024 04
NEW BOOK
おすすめ新刊
英会話は直訳をやめるとうまくいく!
詳しく見る
メルマガ登録