日常会話で使う分詞構文【絶対英文法】

連載「絶対英文法」の6回目は、英文法の授業でも終盤で登場する分詞構文です。特に日常会話で使われる用法を押さえておきましょう。

分詞構文とは?

分詞構文は、もともとある接続詞と主語を省略し、動詞を現在分詞Vingで言い換えた省略表現です。

When I was walking home, I saw her husband.
歩いて帰宅する途中、彼女の夫を見掛けました。

分詞構文→現在分詞(分詞構文)
Walking home, I saw her husband.

主に「読み」「書き」で使われる堅い表現です。というのも、今回のように主語が一致しなければ主語を省略 できませんし、時制も主節I saw . . . より前のことならhaving Vppと完了形にしなければなりません。つまり、上の例であれば、Whenからhusbandまでの1文を先に頭で考えた上で、分詞構文に変える作業になります。 日常会話は左から右へと、ある意味、瞬間的に情報発信されていくわけで、発話前に1文を作って、それを分詞構文に置き換えながら話すというのは、なかなか難易度が高いわけです。

ただし、文末に「場面」「状況」を示す情報追加を示す分詞構文は、日常会話でも意外によく耳にします。「途中で情報を継ぎ足す」わけですから、日常会話でも自然に使えます。

同時「・・・しながら」

同時に行われている動作のうち片方を分詞構文Vingで示す付帯状況の表現です。

I was lying on the sofa, reading a new book.
私は新しい本を読みながら、ソファーで寝そべっていました。

People ran out of the building shouting.
人々は叫びながらその建物から走って出てきました。

時「・・・している間」

少し付帯状況に似ていますが、while S V(SがVしている間)の意味がある分詞構文です。2つの動作があり、より長く継続している動作を現在分詞Vingにしたもので、これも日常会話で使えます。

I hurt my shoulder sleeping.
寝ている間に私は肩を痛めました。

この用法では状況をクリアにするため、接続詞while(・・・する間)を伴うことがよくあります。

I hurt my shoulder while sleeping.

分詞構文の慣用句

分詞構文を用いた慣用表現は会話で用いられることもありますし、またリスニング用に押さえておくと便利です(独立分詞構文とも呼ばれますが、この呼び名は特に覚える必要はありません)。

Speaking of IELTS, you can get free self-study material.
IELTSと言えば、自習用の教材が無料で手に入るよ。

Generally speaking, most students here are awesome.
一般的に、ここにいる大抵の学生たちは最高だよ。

Frankly speaking, I don’t get it.
率直に言って、意味わかんないよ。

Technically speaking, this is not correct.
厳密に言えば、これは正しくありません。

次回は、仮定法について紹介します。どうぞ、お楽しみに。

Evine(エヴィン)
Evine(エヴィン)

本名、恵比須大輔。神戸在住。株式会社evinet biz代表取締役。Teaching Director。神戸と大阪で社会人向けの 「やりなおし英語JUKU」)と学生向けの 「Evineの英語塾」 を主宰。幅広い世代の学習者を対象に、コア英文法を軸とした実際に使える英語・英会話の指導を行っている。観光専門学校での「英文法&英会話クラス」や「TOEICクラス」、教員向けセミナーなど、多方面で活動実績がある。『Mr. Evineの中学英文法を修了するドリル』『Mr. Evineの中学英文法を修了するドリル2』『Mr. Evineの中学英文法+αで話せるドリル』『Mr. Evineのアルファベットから英語の基礎をなんとかするドリル』『Mr. Evineの英文法ブリッジコース[中学修了▶高校基礎]』(以上アルク)や『Mr. Evineの英語塾 コア英文法』(ベレ出版)など、著書多数。趣味は映画鑑賞と旅行。
個人Blog :「エビンズワーズ

SERIES連載

2024 02
NEW BOOK
おすすめ新刊
ITエンジニア本大賞2024受賞!チームを動かすIT英語実践マニュアル
詳しく見る
メルマガ登録