訪日外国人と居酒屋で交流できる!『推し武道』への愛が溢れがちな国際唎酒師が教える、超シンプルな日本酒×英会話学習【#5秒英語】

国際唎(きき)酒師の資格を持つ藤代あゆみさんが、日本酒を足がかりに、「5秒で話せる英語表現」を楽しく紹介。今回は、「日本酒は○○に合います」という表現を5秒で言えるように導きます!

イントロはやはり『推し武道』ですな

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしでしょうか。平尾アウリ先生の傑作漫画『推しが武道館いってくれたら死ぬ』、楽しんでいますか?3748億回、読めましたか?推しのキャラクターは誰ですか?好きなシーンはコミックス何巻の何ページの何コマ目ですか?私のお気に入りについては、前回の記事をご覧ください。

  • 『推し武道』への愛がすごい第1回はコチラ(※英会話学習がメインの記事です、あくまでも)
  • 推しへの愛を世界中に叫べるようにしてくれる藤代あゆみさんの最新刊

「日本酒は○○に合う」を英語で説明してみる

日本酒をフックにして、シンプルな英語のフレーズや英会話を分かりやすく、楽しく学ぶこの連載「#5秒英語」。今回は、「日本酒は○○に合います」という表現をご紹介します。

では早速、文を見ていきましょう!

Sake goes well with seafood.
〔サケ・ゴーズ・ウェゥ・ウィズ・スィーフー〕
日本酒は魚介類に合います。

(藤代さんによる音声は、①カタカナ発音、②1単語ずつゆっくりと区切った英語、③少しゆっくりめの自然な英語、④日本語訳の順で読み上げています)

Sake goes well with Japanese food.
〔サケ・ゴーズ・ウェゥ・ウィズ・ジャペニーズ・フー〕
日本酒は和食に合います。

go well[goes well]は「食べ物に合う」と言いたいときに使える英語です。

なお、前回の記事では、Sake is a Japanese alcoholic beverage.(日本酒は日本のお酒です。)というフレーズを学びました。このフレーズを組み合わせれば、次のように話すことができます。

Sake is a Japanese alcoholic beverage, so it goes well with Japanese food.
〔サケ・イズァ・ジャペニーズ・アゥコホリック・ビヴレッジ、ソー・イット・ゴーズ・ウェゥ・ウィズ・ジャペニーズ・フー〕
日本酒は日本のお酒だから、和食に合います。

「5秒英語」を2つ組み合わせているのでこれは5秒を超えますが、それでも10秒にいかないくらいですね。難しい場合は、Sake is a Japanese alcoholic beverage. Sake goes well with Japanese food.というように、1文ずつそのまま続けてOKです!

いろいろな食材と合うことを英語で説明してみる

「日本酒は日本のお酒だから、和食に合う」という説明は、外国の方であってもすんなり受け入れてくれると思います。でも、日本酒は、和食のときだけに飲むものではありません。最近では洋食、いわゆるフレンチやイタリアンと日本酒のペアリングも注目されているんです。

ただ、フレンチやイタリアンと日本酒を合わせようと思ったとき、初めてだと、どの料理にすればいいのかわかりませんし、「やっぱりワインでいっか」となってしまいます。ですから、今回はあえて食材で絞ってみました。

日本では、お寿司やお刺身をはじめとして、魚をよく食べますよね。だからこそ、日本のお酒は魚介類に合うものが多いのです。そこで、この「5秒英語」フレーズを使って、こんな風にアレンジもできますよ。

Shochu goes well with seafood.
〔ショーチュー・ゴーズ・ウェゥ・ウィズ・スィーフー〕
焼酎は魚介類に合います。

Awamori goes well with seafood.
〔アワモリ・ゴーズ・ウェゥ・ウィズ・スィーフー〕
泡盛は魚介類に合います。

続いて、回もこれらの文章をまとめてみましょう。「日本酒・焼酎・泡盛が魚介類に合う」と言いたいときはこうなります。

Sake, Shochu, and Awamori go well with seafood.
〔サケ・ショーチュー・エン・アワモリ・ゴー・ウェゥ・ウィズ・スィーフー〕
日本酒、焼酎、泡盛は魚介類に合います。

日本酒は、お魚だけでなく、お肉にだって合いますよね。ですから、食材であるseafoodの部分を変えれば、それを伝えられます!

Sake goes well with meat.
〔サケ・ゴーズ・ウェゥ・ウィズ・ミーッ〕
日本酒はお肉に合います。

いろんな食べ物に合うと言われると、なんだか今夜は日本酒を飲みたくなってきませんか?焼酎や泡盛もいいかもしれませんね。

まとめ

日本酒のことを説明しようと思うと、ついつい原料や歴史などのオタクっぽい説明をしたくなりがちです。しかし、私が「平尾アウリ先生はアナログで推し武道を描いているんです!」と言ったって、推し武道を読んでくれませんよね。それも、推し武道の素晴らしさの一つではありますが、なんといってもあの上手すぎる絵で、地下アイドルの舞菜ちゃんを応援するオタクのえりぴよさんが・・・(連載の文字数の都合で省略いたしますが、とりあえず全人類は推し武道を読んでください)

さて。英語を学ぶということは、きっとあなたが英語でも何かを伝えたいと思っているからだと思います。「#5秒英語」では、みなさんの英語力を上げるだけでなく、海外の人とも楽しく交流できるような内容をお届けしていくつもりです。(この連載の読者の皆さんと一緒に、日本酒を世界中に布教するという密かな野望を持っています。)

なんとなく英語を勉強したいと思っている方でも、お酒を通じて楽しく語学力を身につけていってもらえたら嬉しいです。次回の「#5秒英語」もお楽しみに!

「5秒英語」を耳でも楽しむ

この連載は、音声でもお楽しみいただけます。読み上げるのは藤代さんご本人です!スキマ時間に楽しく&賢く英語と日本酒をたしなみましょう!


藤代あゆみさんのおすすめ記事

●「お酒×英語」の専門資格を知る
●「推し×英語」について楽しく学ぶ
藤代あゆみ
藤代あゆみ

平成元年、東京生まれ。世界に10人しかいない、国際唎酒師・日本酒学講師・酒匠・焼酎唎酒師。海外勤務の経験を生かし、世界20カ国以上の人に向けて日本酒の素晴らしさを広めつつ、平尾アウリ先生の『推しが武道館いってくれたら死ぬ』(徳間書店と百合マンガの魅力を伝える筋金入りのオタクとしても活躍中。著書に『推し英語入門』(アルク)、『日本酒オタクのほろ酔い英語』(アルクEJ新書【電子書籍】)がある。
X:@ayumi_and_sake
Instagram:@ayumi_and_sake
note:日本酒オタクのあゆみせんせい

【おすすめの本】日本酒でも漫画でも!「推し」について英語で語ろう

SNSで推し(応援している存在)の情報収集をしたい、素晴らしさを世界中に広めたい、オタク同士つながりたい、推しに愛を伝えたい・・・そんな人にピッタリなのが、藤代あゆみさんの著書『推し英語入門』です。「推し活」が何倍も楽しくなるシンプル英語のフレーズ集であるのはもちろん、藤代さんの最推し「平尾アウリ先生」、そしてその平尾アウリ先生の傑作漫画『推しが武道館いってくれたら死ぬ』への愛がダダ漏れの1冊。

本書の主人公は、ある日突然、『推しが武道館いってくれたら死ぬ』の沼にはまり、推し活を始めた「ちぷちぷ」。ちぷちぷの心の動きやつぶやきが、ストーリー仕立てで展開します。楽しく共感しながら「推し活に使えるシンプル英語」=「推し英語」を身に付けましょう!

SERIES連載

2024 02
NEW BOOK
おすすめ新刊
ITエンジニア本大賞2024受賞!チームを動かすIT英語実践マニュアル
詳しく見る
メルマガ登録