ヒントは、lanes、divider、asphalt。私は何でしょう?【Mystery Speakers~音声を聞いて当てよう】

月刊『ENGLISH JOURNAL』の人気コーナー「Mystery Speakers」。過去に掲載した問題を聞いてGuess what‘s talking!(何が話しているか当てましょう!)。訳や音声、正解などもこちらからご確認ください。

トークを聞く

音声を聞いてみましょう。

問題を聞く

Q1~3に答えましょう。「何」がしているか分かりますか?

Q1 Where is the speaker?

a) In a massage parlor
b) In a garage
c) In a concert hall
d) Outdoors

Q2 How does the speaker describe himself?

a) Long and gray
b) Heavy and quiet
c) Tiny and loud
d) Fast and light

Q3 Who is speaking?

スクリプトを読む

問題のスクリプトを見ながら、音声を聞いてみましょう。

「Loud and Proud」

You hear that? Hear that ➊roar? That’s like fine music to me. A serenade! I could listen to it all day. Well, I do, actually. I mean, it gets quieter late at night. But even then, you get just enough time to hear a few ➋crickets, then, ➌whoosh! There goes another one. It feels great, too, all that heavy weight running down my back. Like a massage, you know? A heavy massage that goes on for days and days.

People get so used to me they don’t even notice me most of the time, even when they’re using me! When they do notice me, they usually think I’m pretty ugly. But that’s fine. I know I’m ➍not much to look at. I’ve got a few white lines painted on me, a few oil ➎stains, but other than that, I’m just long, curvy and gray.

But ➏there’s more to me than that. My ➐ancestors have been around about as long as humans have. We started out simple — worn into the ground by feet and horses’ ➑hooves. Then people started ➒covering us with stones to make us stronger. But these days? Ha! I’m a ➓feat of engineering! People wanna get places fast, after all. And you can’t go a hundred kilometers an hour on ⓫cobblestones.

I’m not just some path or track, you know. I was carefully planned out and ⓬flattened, ⓭tilted just enough to let the rain ⓮run off me. They ⓯split me into four lanes — two going one way and two the other, with a concrete ⓰divider down the middle — so faster folks can pass slower ones. And I’m covered in high-grade asphalt that can take the heat of a thousand tires ⓱zooming over me. Those two-lane guys don’t even compare! My kind stretch all over the country, connecting towns and cities. And sure, it can get a little crowded at times. But what can I say? I guess I’m just popular like that.

語注を確認する

➊ roar 轟音(ごうおん)、とどろき
➋ cricket コオロギ
➌ whoosh ビューン、ヒュー
➍ not much to look at 見てくれが悪い、魅力がない
➎ stain 染み
➏ there is more to A than B AにはB以上の意味がある
➐ ancestor 祖先、先祖
➑ hoof ひづめ、足
➒ cover A with B AをBで覆う
➓ feat 偉業、功績
⓫ cobblestone 丸い敷石
⓬ flatten ~を平らにする
⓭ tilt ~を傾ける
⓮ run off ~ ~から流れ落ちる
⓯ split A into B AをBに分割する
⓰ divider 分離帯
⓱ zoom 疾走する、ブーンという音をたてる

訳を確認する

訳を確認し、もう一度音声を聞いてみましょう。

「高らかに誇らかに」

あれが聞こえるかい?あのとどろきが聞こえるかい?僕にとってはあれが妙(たえ)なる調べさ。セレナーデだ!一日中だって聞いていられるね。まあ、実際聞いているんだ。まあ、夜遅くにはもっと静かになるよ。けれどその時分でさえ、コオロギの鳴き声が聞こえると思う間もなく、ビューン!ほらまた行ったよ。体も気持ちいいんだ、あのずっしりした重み全体が僕の背中を走って行くのが。マッサージみたいだろ?力強いマッサージが何日も何日も続くのさ。

人間は僕を見慣れていて、たいてい僕に気付きもしないよ。僕を利用しているときでさえね!気付いたとしても、僕をかなり見苦しいと思うのが普通だ。まあそれはいいさ。自分だって見てくれが悪いのはわかっているよ。僕には白線が2、3本引かれていて、オイルの染みがいくつかあるけれど、それ以外はただ長く、曲がりくねっていて、灰色なんだ。

だけど僕はそれだけの存在じゃないさ。僕の祖先は人間とほぼ同じぐらい昔から存在しているんだ。始めはただの―人間の足や馬のひづめが地面を踏み固めたものだった。それから人間が補強のために僕たちを石で覆うようになった。それが今やどうだい?ああ!僕こそ工業技術の結晶だ!人間は何しろ速く移動したがるし。丸い敷石の上では1時間に100キロメートルもの速さで移動できないからね。

僕は小道や通り道なんかじゃないよ、もちろん。入念に計画され、平らにされ、雨が流れ落ちるように少し傾けられているんだ。そして四つのレーンに分割され―真ん中がコンクリートの分離帯で仕切られて、二つが一方向で、もう二つが反対方向―速い人が遅い人を追い越せるようにね。そして僕の上を疾走する多数のタイヤの熱に耐えられる上等なアスファルトで覆われているよ。二車線の連中なんか比較にならないね!僕たちは国中に伸びていて、町や都市をつないでいるよ。確かに時にはちょっと混み合うこともあるさ。だけど僕に何が言えるっていうんだい?それだけ人気があるんだと思ってるよ。

問題・訳と正解

Q1 Where is the speaker?

(話し手はどこにいますか?)

a) In a massage parlor(マッサージ店)
b) In a garage(ガレージ)
c) In a concert hall(コンサートホール)
d) Outdoors(戸外)→ 正解

Q2 How does the speaker describe himself?

(話し手は自分のことをどのように説明していますか?)

a) Long and gray(長くて灰色)→ 正解
b) Heavy and quiet(重くて静か)
c) Tiny and loud(小さくて大声)
d) Fast and light(高速で軽い)

Q3. Who is speaking?

(話しているのは、誰でしょう?)

A highway / a freeway / a dual carriageway(高速道路/幹線道路/中央分離帯のある道路)

ENGLISH JOURNAL 編集部
ENGLISH JOURNAL 編集部

テキスト:Owen Shaefer
ナレーション:Vinay Murthy
訳:片桐恵里

画像:Arek Socha from PixabayJonathan J. Castellon from UnsplashRa Dragon from Unsplash

SERIES連載

2024 02
NEW BOOK
おすすめ新刊
ITエンジニア本大賞2024受賞!チームを動かすIT英語実践マニュアル
詳しく見る
メルマガ登録