think、consider、contemplateなど、「考える」を意味する英語の違いを考える

「今どうしようかな?」と考える瞬間、私たちはさまざまな言葉を使います。日本語では「思う」「考える」「思慮する」「熟考する」など、いろいろな言葉がありますね。英語にも同様のニュアンスを表現する多くの単語や表現があります。それらを見ていきましょう!

「考える」の基本はthink

何かを深く考えたいとき、あるいは新しいアイデアを思い付いたとき、私たちは「考える」という行動を取ります。ただ、日本語でも考え方はさまざまで、「思慮」したり「熟考」したり・・・。英語にも「考える」を表す英語はいろいろありますが、その中でもthinkは最も一般的な言葉かもしれません。

I think about you all the time.
あなたのことをいつも考えている。

「考える」を表す動詞、意味の違い

他にも多くの類義語があります。それらの言葉をどのように使い分けるのか、違いを一つ一つ見ていきましょう。

suppose

「suppose」と「think」はしばしば同じ意味で使われることがありますが、「suppose」は少し堅い感じがします。意味に大きな違いはありません。

I suppose he will come to the party tonight.
彼は今夜のパーティーに来ると思います。

consider

より具体的に、ある事柄を真剣に考える、検討するという意味です。

Please consider our proposal carefully.
私たちの提案を慎重に検討してください。

ponder

深く長い間考える、よく考えるといった意味で使います。

He pondered the meaning of life.
彼は人生の意味について深く考えた。

contemplate

ある事柄をじっくりと考える、熟考するといった意味です。精神的な側面や哲学的な側面にも使います。

She contemplated her future career path.
彼女は将来のキャリアパスについてじっくり考えた。

reflect

反省する、あるいは過去の経験に基づいて考えるという意味で使います。

I need some time to reflect on what happened.
何が起こったのか反省するために時間が必要だ。

speculate

推測する、あるいは証拠が不足している状況での考察を指します。

People are speculating about the cause of the accident.
人々は事故の原因について推測している。

mull over

何かをじっくりと考えるという意味で、しばしば問題や難しい決断を伴います。

He mulled over the decision for weeks.
彼はその決断を数週間じっくり考えた。

believe

何かが真実であると信じる、あるいは何かが特定の方法であると確信するという意味です。

I believe you will succeed.
あなたは成功すると思います。

reckon

主にイギリス英語で使われ、推測や考えを伝えるために用います。

I reckon the match will end in a draw.
その試合は引き分けに終わると思います。

まとめ

「考える」という一見単純な行動でも、意図に応じて使い分けることで、その行為をより詳細に伝えることができます。この記事が、皆さんにとって英語についてより深く考える一助となることを願っています。

ENGLISH JOURNAL編集部
ENGLISH JOURNAL編集部

英語を学び、英語で学ぶための語学情報ウェブサイト「ENGLISH JOURNAL」が、英語学習の「その先」にあるものをお届けします。 単なる英語の運用能力にとどまらない、知識や思考力を求め、「まだ見ぬ世界」への一歩を踏み出しましょう!

英文校正:Peter Branscombe

トップ写真:Deleece Cook from Unsplash

おすすめの本

英語中級者と上級者の違いは、的確で、気の利いたフレーズ力!

50余年の歴史を持つ、アルクの『月刊ENGLISH JOURNAL』(1971年創刊~2023年休刊)に掲載されたインタビューやスピーチ約300万語というビッグデータの中から、頻出する英語フレーズ300個を厳選。日常会話やemail、SNSではよく使われているのに、日本人が言えそうで言えない、こなれたフレーズを例文と英英定義と共に収載しました(全音声付き)。

選び抜いた300個を、穴埋め問題やマッチング問題を通して、「見てわかる」のレベルから「自分でも使える」ようになるまで、しっかり定着させます。上級者への壁をこの一冊で打ち破りましょう!

語彙力&フレーズ力を磨く、おすすめの本

ネイティブと渡り合える、知的で洗練された英単語力。

本書は、アルクの『月刊ENGLISH JOURNAL』(1971年創刊~2023年休刊)に掲載されたネイティブスピーカーの生のインタビューやスピーチ、約300万語のビッグデータから、使用頻度の高い英単語300個を厳選し、一冊に編んだものです。

すべての英単語は日本語訳、英英定義、例文と共に掲載、無料ダウンロード音声付きで、読んでも聞いても学べる英単語帳です。また、難易度の高い単語をしっかり定着させるため、穴埋め問題やマッチング問題、さらに構文や使用の際に気を付けるべきポイント解説も充実しています。伝えたいことが明確に伝えられる、上級者の英単語力をこの一冊で身に付けましょう!

英語中級者と上級者の違いは、的確で、気の利いたフレーズ力!

50余年の歴史を持つ、アルクの『月刊ENGLISH JOURNAL』(1971年創刊~2023年休刊)に掲載されたインタビューやスピーチ約300万語というビッグデータの中から、頻出する英語フレーズ300個を厳選。日常会話やemail、SNSではよく使われているのに、日本人が言えそうで言えない、こなれたフレーズを例文と英英定義と共に収載しました(全音声付き)。

厳選した300種類の穴埋め問題&マッチング問題を通して、「見てわかる」のレベルから「自分でも使える」ようになるまで、しっかり定着させます。上級者への壁をこの一冊で打ち破りましょう!

難関大を目指す受験生が英単語を「極限まで覚える」ための単語集

大学入試などの語彙の問題は、「知っていれば解ける、知らなければ解けない」ものがほとんど。昨今の大学入試に登場する単語は難化していると言われており、文脈からの推測や消去法では太刀打ちできない「難単語の意味を問う問題」が多数出題されています。こうした問題をモノにして、周囲に差をつけるには、「難単語を知っていること」が何よりのアドバンテージです。

SERIES連載

2024 02
NEW BOOK
おすすめ新刊
ITエンジニア本大賞2024受賞!チームを動かすIT英語実践マニュアル
詳しく見る
メルマガ登録