「体調」や「アレルギー」など、確実に伝えたいときの英語フレーズ【英会話お助けフレーズ】

頭の中で英語を考える暇もなく、瞬時の反応が求められる英会話。今回は、体調の良し悪しや気分、食べ物のアレルギーなど確実に伝えたいときに便利な「お助け表現」を、コミュニケーション・アナリストの上野陽子さんにご紹介していただきます。

体調・アレルギーを伝える

今回は体調の良し悪しや気分、食べ物のアレルギーや好みを伝える表現です。確実に相手に伝える必要があるのでしっかりと覚えておきましょう。

体調や気分を伝えるときの表現

毎日の会話で挨拶程度に伝えるちょっとした気分。親しい人や同僚とは、日常的にこんな会話も自然と出てきます。

I’m in a great / good mood today.
今日は気分がいいです。

I feel up to it.
調子がいいです。

※feel up to~で「~についてやる気がある、~に気乗りする」の意。否定形で使われることも多い。

I don’t feel good today.
今日はあまり体調が良くないです。

I am not quite awake.
I don’t feel quite awake.
何となくぼんやりしています。

I have jet lag.
時差ボケです。

I’m exhausted.
疲労困憊(こんぱい)です。

※exhaustedは「消耗した、疲れ果てた」の意。

症状を伝えるときの表現

具体的に症状があるときの表現です。例えば、Sorry, I had a cold and my voice is hoarse.(すみません、風邪をひいて声がかれています)など、あらかじめ体調を伝えておくと、会話を進めやすくなったり、早く切り上げやすくなったりすることもあります。

I was laid up with a fever for a few days.
I was low with a fever for a few days.
2、3日、高熱で寝込んでいました。

※be laid up with ~ / be low with~は「~(病気など)で寝込む」の意。

My ears are ringing.
耳鳴りがします。

I have a stuffy nose.
I have a stuffed up nose.
鼻が詰まっています。

※stuffyは「鼻が詰まった」、(be)stuffed upは「ふさがった、詰まった」の意。「鼻水が出る」は、have a runny nose.

I have a slight fever.
微熱があります。

I have a sore throat.
喉が痛いです。

I got a vaccination shot and had a high fever.
予防接種を受けて、高熱が出ました。

I’ve got a splitting headache.
頭がガンガンします。

軽い症状を伝えるときの表現

肩が凝った、首を寝違えた・・・など、日常に聞かれる体の部位の症状です。短いフレーズなので、自分が持つ症状をこのまま覚えてしまえば、英語でちょっとした愚痴をこぼすことだってできますよ。

I slept wrong on my neck.
首を寝違えました。

I have stiff shoulders.
肩が凝っています。

※stiffは「(筋肉などが)こわばった」の意、「首が凝っている」はhave a stiff neck。

I have a backache.
腰が痛いです。

I twisted my leg.
足をひねりました。

My eyesight’s getting worse these days.
最近、視力が落ちています。

アレルギーや食の好みを伝えるときの表現

あらかじめ伝えておきたいアレルギーや食の好み。be allergic to~(~に対してアレルギーがあります)などの基本表現を押さえて、単語を入れ替えて応用すれば、あらゆる場面で生かせます。

I’m allergic to shellfish.
貝類のアレルギーなんです。

※be allergic to~は「~に対するアレルギーがある」、shellfishは「貝、甲殻類」の意。dust(埃)、 pollen(花粉)、cat(猫)など、入れ替えて使えます。

I’ll skip the wasabi, thanks.
ワサビは抜いてください。

※他に、No wasabi for me, thank you.でもいい。「ワサビ」は英語でいうとthe green horseradishだが、最近ではそのままwasabiで通じることが多い。

I’d like some nuts.
ナッツ類を食べたいです。

I can’t drink much.
お酒が弱いんです。

※「お酒が強いです」は、I can drink a lot./I can drink as much as I want.

I feel tipsy.
ちょっと酔っています。

I have a hangover.
二日酔いです。

※hangoverは「二日酔い」の意。

I’ll start with beer.
まずはビール!

I’ll have another beer.
ビールのおかわりをください。

I’ll go for something else.
何か違うものをもらいます。

まとめ

いかがでしたか?ある時、アメリカ人の友人がちょっとカリカリした雰囲気で、It’s one of those days.(うまくいかない日だな)と言うので顔を見ると、私が何かを言う前にOh, don’t take it personally. (個人的にとらないでね ≒ 気にしないでね)なんて言ってくれました。
今日はだるいな~、なんていうちょっとした体調や、これだけは食べられないという嗜好(しこう)や事情など、あらかじめ相手に伝えた方が、むしろ理解を得られていいこともあります。身構えた会話だけでなく、日本語で何気なく話していることが英語でも伝えられるようになると、会話もどんどん自然になっていきますよ。

次回は食べ物や生き物、体にまつわるイディオムです。 There’s more to come!

上野陽子(うえの・ようこ)
上野陽子(うえの・ようこ)

著述・翻訳家。コミュニケーション・アナリスト。カナダ、オーストラリアに留学後、ボストン大学コミュニケーション学部修士課程ジャーナリズム専攻、東北大学博士前期課程人間社会情報科学専攻修了。通信社の国際金融情報部、出版社勤務を経てフリーに。著書に文庫版『コトバのギフト~輝く女性の100名言』(三笠書房 知的生き方文庫)、『オンライン英会話でどんどん話せるトレーニングBOOK』(日本実業出版社)、『1週間で英語がどんどん話せるようになる26のルール』(アスコム)、『スティーブ・ジョブズに学ぶ英語プレゼン』(日経BP社)ほか多数。仕事と趣味で世界50カ国以上を周る旅好き。
Twitter:https://twitter.com/little_ricola
ブログ:https://koisurueigo.com

語彙力&フレーズ力を磨く、おすすめの本

ネイティブと渡り合える、知的で洗練された英単語力。

本書は、アルクの『月刊ENGLISH JOURNAL』(1971年創刊~2023年休刊)に掲載されたネイティブスピーカーの生のインタビューやスピーチ、約300万語のビッグデータから、使用頻度の高い英単語300個を厳選し、一冊に編んだものです。

すべての英単語は日本語訳、英英定義、例文と共に掲載、無料ダウンロード音声付きで、読んでも聞いても学べる英単語帳です。また、難易度の高い単語をしっかり定着させるため、穴埋め問題やマッチング問題、さらに構文や使用の際に気を付けるべきポイント解説も充実しています。伝えたいことが明確に伝えられる、上級者の英単語力をこの一冊で身に付けましょう!

英語中級者と上級者の違いは、的確で、気の利いたフレーズ力!

50余年の歴史を持つ、アルクの『月刊ENGLISH JOURNAL』(1971年創刊~2023年休刊)に掲載されたインタビューやスピーチ約300万語というビッグデータの中から、頻出する英語フレーズ300個を厳選。日常会話やemail、SNSではよく使われているのに、日本人が言えそうで言えない、こなれたフレーズを例文と英英定義と共に収載しました(全音声付き)。

厳選した300種類の穴埋め問題&マッチング問題を通して、「見てわかる」のレベルから「自分でも使える」ようになるまで、しっかり定着させます。上級者への壁をこの一冊で打ち破りましょう!

難関大を目指す受験生が英単語を「極限まで覚える」ための単語集

大学入試などの語彙の問題は、「知っていれば解ける、知らなければ解けない」ものがほとんど。昨今の大学入試に登場する単語は難化していると言われており、文脈からの推測や消去法では太刀打ちできない「難単語の意味を問う問題」が多数出題されています。こうした問題をモノにして、周囲に差をつけるには、「難単語を知っていること」が何よりのアドバンテージです。

SERIES連載

2024 02
NEW BOOK
おすすめ新刊
ITエンジニア本大賞2024受賞!チームを動かすIT英語実践マニュアル
詳しく見る
メルマガ登録