ENGLISH JOURNAL ONLINE

おうちから参加できる海外の年越しイベント3選!英語も聞ける!

おうちから参加できる海外の年越しイベント3選!英語も聞ける!

ついに2020年最終日!海外旅行や年越しイベントに行けず、家でうずうずしながら大みそかを過ごしているあなた!STAY HOMEで海外の年越しを体験するのはいかがでしょうか?この記事では、無料で今からでも参加できる海外のオンライン年越しイベントをご紹介します。

New York:バーチャルなタイムズスクエアで年越しを

バーチャルなタイムズスクエアで年越しを

世界一有名な年越しイベントといえば、ニューヨークのタイムズスクエアで行われるカウントダウン、Ball Drop!通常なら100万人がタイムズスクエアに集まり年越しを祝うところですが、今年はタイムズスクエアに観客を入れず、大幅に規模を縮小してオンラインで開催されます!

▼公式Twitterに投稿されたイベントのイメージ動画

イベントはライブストリーミングされるので、誰でもウェブ上で見ることができますが、このイベントのさらなる楽しみ方は、バーチャル参加すること! 公式の無料アプリを使えば、自分のアバターを作成し、バーチャルな世界でBall Dropに参加できます!バーチャルのタイムズスクエアにはダンスフロアやセルフィスポット、ゲームルームなどがあり、さまざまなアクティビティーを楽しめます。

そしてカウントダウンを自分の好きなアングルで見ることができるのもアバターで参加している人だけの特権です。昨年までのように実際に現地で参加する場合は、一度会場に入るとカウントダウンが終わるまで身動きが取れず、おむつを身に付けなければならないと言われていますが、バーチャルの世界ではトイレの心配をせず快適に新年を迎えられそうですね!

また、カウントダウンの名物となっている空に舞う2500万枚以上のconfetti (紙吹雪)!今年も例年どおり飛ばされるそうです。実は、この紙吹雪一枚一枚には人々の願い事が書かれておりconfetti wishと呼ばれています。毎年12月に入ると、タイムズスクエアにNew Year’s Eve Wishing Wall(願い事を書いた紙を貼る掲示板)が設置され、願い事を書いた紙をここに貼り付けておけば、カウントダウンで飛ばしてもらえるという仕組みになっています。

今年もタイムズスクエアにWishing Wallは設置されていますが、公式Twitterで、Safety first, wishing second! Please read the COVID-19 safety guidelines before making your wish.と注意喚起がなされ、 オンラインでの申し込みが推奨されています。オンラインで申し込まれた願い事は印刷され、実際にconfetti wishとして飛ばされるようです。すでに申し込みは締め切られているので、興味がある方はぜひ来年オンラインで申し込んでみてください。

イベント情報

イベント名

Ball Drop

公式ウェブサイト

https://www.timessquarenyc.org/

開催場所(ウェブサイト)

https://timessquareball.net/

開始時間(日本時間)

2021年1月1日(金)8:00~

Las Vegas:Kiss Off 2020!ラスベガス流の豪華な年越しを

Kiss Off 2020!ラスベガス流の豪華な年越し

ラスベガスの恒例の年越しイベントといえばAmerica’s Party。ラスベガスを象徴するストリップ大通り沿いの7つのホテル(MGMグランド、アリア、プラネット・ハリウッド、シーザーズ・パレス、トレジャー・アイランド、ザ・ベネチアン、ストラット)の屋上から花火が打ち上げられる、ラスベガスらしい豪華なカウントダウンイベントです。

今年は残念ながらこの名物イベントは中止されますが、代わりにオンラインイベントが開催されます。その名もKiss Off 2020

kiss offとは「お払い箱にする、手放す、捨てる」という意味です。いろいろなことが起こった2020年を手放して、新しい年を晴れやかに迎えよう!という主催者のメッセージが感じられますね。

イベントは年が明ける午前0時の少し前から始まり、DJが流す音楽やライティングショー、紙吹雪、花火で盛大にカウントダウンを行うようです。その様子は公式ウェブサイトやFacebookページYou Tubeチャンネルでライブストリーミングされるので、興味のある方はラスベガス流の年越しをぜひ体験してみてくださいね。

▼公式Twitterに投稿されたイベントのイメージ動画

ちなみに、カジノの街ラスベガスらしくSweepstakes(宝くじ)が年越しイベントとセットで毎年この時期のお楽しみの一つとなっています。賞品はなんとラスベガス旅行!申込みは公式ウェブサイトにあるフォームに個人情報と新年の抱負を書き込むだけ!応募者の中からランダムにwinnerに選ばれるシステムのようです。ラスベガスらしい催しですよね。ただ残念ながら応募資格があるのはアメリカ在住者のみのようです・・・。

イベント情報

イベント名

Kiss Off 2020

公式ウェブサイト

https://www.visitlasvegas.com/kissoff2020/

開催場所(ウェブサイト)

https://www.visitlasvegas.com/kissoff2020/

 

開始時間(日本時間)

2021年01月01日(金) 16:45~

 

Edinburgh:イギリス最大のドローン・ショーでスコティッシュな年越しを

イギリス最大のドローン・ショーでスコティッシュな年越しを

スコットランドの年越しといえば、年末年始の3日間にわたり開催される伝統的なお祭りHogmany。盛大なストリートパーティーや花火大会、コンサートが楽しめる世界最大級の年越しイベントの一つです。Hogmanyとはスコットランドでは「大みそか」を意味し、クリスマスよりも重要なイベントとして盛大にお祝いされます。

今年はHogmanyの歴史上初めて、オンラインで開催されます。多くの人が集まることが予想されるストリートパーティーや花火大会などが行われない代わりに、イギリス史上最大となるドローン・ショー、Fare Wellが今年のHogmanyのメインイベントとして用意されています!3日間にわたりオンラインで上映されます(イギリス時間の12月29日から12月31日)。

▼公式Twitterに投稿されたイベントのイメージ動画

Fare Wellは、スコットランドの詩人Jackie Kayが今年のHogmanyのために書いた詩“Fare Well”をテーマとし、150台のドローンが一斉にスコットランドの空を舞うイギリス史上最大のドローン・ショーです。ドローンが一斉に動く姿は必見ですが、雄大な自然や、歴史的なエディンバラの旧市街など、美しいスコットランドの風景が見られるのもこのイベントの見どころの一つです。

また今年のHogmanyのためにスコットランドのバンドNiteworksが作ったケルト音楽がショーのサウンドトラックとして使用されるので、まさに目でも耳でもスコットランドを味わえます!

このショーのテーマとなっている詩“Fare Well”は公式ウェブサイトで一部公開されているので、ショーを見る前にぜひ読んでみてください。2020年に世界で起こった出来事を振り返り、2021年への希望を謳った詩となっています。この詩はショーの中でスコットランド出身の俳優たちによって朗読されます。

イベント開始が日本時間だとかなり早朝になってしまいますが、早起きもしくは夜更かしして、ぜひスコティッシュな年越しを体験してみてください。

イベント情報

イベント名

Hogmany -- Fare Well

公式ウェブサイト

https://www.edinburghshogmanay.com/

開催場所(ウェブサイト)

https://www.edinburghshogmanay.com/livestream

開始時間(日本時間)

2020年12月30日(水)4:00~
2020年12月31日(木)4:00~
2021年1月1日(金)4:00~

ENGLISH JOURNAL ONLINE編集部

ENGLISH JOURNAL ONLINE編集部「英語を学び、英語で学ぶ」学習情報誌『ENGLISH JOURNAL』が、英語学習の「その先」にあるものをお届けします。単なる英語の運用能力にとどまらない、知識や思考力を求め、「まだ見ぬ世界」への一歩を踏み出しましょう!