「それは困ります」を英語2語で言うと?【スティーブ・ソレイシィ】

「それは困ります」を英語2語で言うと?【スティーブ・ソレイシィ】

2020年4月に、スティーブ・ソレイシィさんの大ベストセラー『英会話なるほどフレーズ100』が発売20周年を迎えました。前回『英会話なるほどフレーズ100』からお届けした連載「にじゅうまるフレーズ」が大好評でしたので、本連載では『英会話ペラペラビジネス100』から選りすぐりの英会話表現を紹介します。皆さんの「英語の得意表現」を増やしていきましょう。第5回は「それは困ります」です。

記事を読むのにかかる時間
約2分

丁寧?命令口調?意外と間違いやすいpleaseの使い方

pleaseは間違いやすい単語の1つです。pleaseは日本語の「~ください」「~してください」と同じ意味で使う丁寧な表現だと思われがちですが、欲しいものを伝えるときの「欲しいもの+please」や、してほしいことをお願いするときに「してほしいこと+please」で表現すると、上から目線の印象を与えてしまう場合があります

例えば「待ってください」を、Please wait.や、Please wait here.のように言うと命令口調に聞こえてしまいます。むしろ、Just wait here.と言う方がマイルドになります。

なぜなら、Please wait.や、Please wait here.は、完全な文ではないからです。pleaseを使って丁寧にお願いするなら、Would you please wait here?のように完全な文にして言うとよいでしょう。

また、「いかがですか?」と何かをすすめられたときに、Yes, please.という定番の表現があります。これは丁寧な返答ですが、数を加えてTwo please.(2つください)という返答をたまに聞くことがあります。これを丁寧に言うならCould I have two please?のように、pleaseを完成した文の中で使うようにしましょう。

丁寧にやめてほしいことを伝えるなら「please+don’t」

実は、pleaseは丁寧に注意するときにぴったりな言葉なのです。

相手に「そうしないでください」と言いたいときに、No, no, no.とつい口から出てきてしまいそうになりませんか?この言い方はストレート過ぎますし、「だめ、だめ、だめ」と聞こえるため、子どもっぽい印象を与えてしまいます。同じように、Stop, stop, stop.もまたNG表現です。そんなとっさのときに、失礼がなく、丁寧で、確実に伝えらえる言い方が、Please don’t.なのです。

これなら、相手に丁寧に注意を促すことができます。また、指や手で✖マークを作っても、通じる確率は低いですし、場合によってはマナー違反になることもあるので注意しましょう。ビジネスではPlease don’t.と言いましょう。

Please don’t.

それは困ります。

さらに、「Please don’t+動詞」で丁寧にやめてほしいことを具体的に伝えられます。

こちらもよりソフトに言いたいなら「Just don’t +動詞」と言ってもよいでしょう。例えば、「忘れないでください」なら、Please don’t forget.よりもJust don’t forget.の方が優しい響きがあります。

肯定的なお願いには、Would you please ~?や、Could you please ~?という言い方がありますが、やめてもらいたいときには、Could you don’t please?とは言わず、Please don’t.と覚えておきましょう。瞬間的に「やめてください」と言いたいときには、Please don’t.は最も有効かつ丁寧な言い方です。

その後に「こうすればいいですよ」と付け加えるとさらに丁寧な対応となります。例えば、次のように、できるだけ代替案を示しましょう。

Please don’t use this area. You can use that area.

こちらのエリアは使わないでください。あちらならお使いになれますよ。

今日の英会話

A: OK. I’ll show this to the president.

B: Please don’t. It’s just a draft.

A: But we need this document for the meeting tomorrow.

B: OK. I’ll bring the final copy tomorrow.

A: Please don’t forget. And the meeting starts at 9. Please don’t be late.

B: OK. Please don’t put pressure on me.

A: では、これを社長に見せてきます。

B: それは困ります。ただのドラフトですから。

A: だけど、明日の会議にこの書類が必要なんですよ。

B: わかりました。明日、最終版を持ってきます。

A: 絶対に忘れないでくださいね。会議は9時開始ですから。遅れないでくださいよ

B: はい。プレッシャーをかけないでください

EXERCISES

次の日本語を英文にしてみましょう。

 それは困ります。申し訳ありませんが。

 もし何か必要な場合は、遠慮なくお尋ねください。

解答例は記事の最後をご覧ください。

※ 本記事は『英会話ペラペラビジネス100』の内容をもとに構成しています。

『英会話ペラペラビジネス100』ってどんな本?

『英会話ペラペラビジネス100』は、Amazonビジネス英会話の売れ筋ランキング1位にランキングするベストセラーです。ビジネスパーソンはもちろん、すべての大人が簡単な言い回しでパッと瞬間的に英語を話すことができる方法を、100のパワーワーズ&フレーズとともに紹介しています。英語上級者も絶賛するシンプルで実用的なフレーズを身に付けることができます。

英会話ペラペラビジネス100 - ビジネスコミュニケーションを成功させる知的な大人の会話術 [CD2枚付]

英会話ペラペラビジネス100 - ビジネスコミュニケーションを成功させる知的な大人の会話術 [CD2枚付]

  • 作者: スティーブソレイシィ,Steve Soresi,ロビンソレイシィ,Robin Soresi
  • 出版社/メーカー: アルク
  • 発売日: 2002/03/16
  • メディア: 単行本
  • 購入: 26人 クリック: 200回
  • この商品を含むブログ (40件) を見る
 

こちらもオススメ

CD付 ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100 (スティーブ・ソレイシィの英会話シリーズ)

CD付 ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100 (スティーブ・ソレイシィの英会話シリーズ)

 
CD付 ネイティブなら日本のきちんとした表現をこう言う 英会話きちんとフレーズ100 (スティーブ・ソレイシィの英会話シリーズ)

CD付 ネイティブなら日本のきちんとした表現をこう言う 英会話きちんとフレーズ100 (スティーブ・ソレイシィの英会話シリーズ)

 
EXERCISESの解答例

 Please don’t. I’m sorry about that.

 If you need anything, please don’t hesitate to ask.

Steve Soreisi

スティーブ・ソレイシィ(Steve Soresi )
アメリカ・フロリダ州出身。1990年英語指導助として岐阜県に初来日。1998年早稲田大学大学院政治経済学部でマスコミュニケーション理論を学び同大学院修士課程を修了。2009年青山学院大学大学院国際政治学研究科博士課程を修了。拓殖大学、東洋英和女学院大学の専任講師を経て、2011年ソレイシィ研究所(株)を設立。現在、同研究所の代表として日本の「英語が使える国の仲間入り」を目指した英語教材の企画開発、英語教授法の研究と人材育成、英会話コーチ、セミナー、公演などを行っている。BBT大学教授。NHKラジオ第2放送「英会話タイムトライアル」講師(2012年4月~現在)。

編集 増尾美恵子