マスクは着ける?着けない?トランプ大統領の発言I’m all for masks.とは【ニュースな英語】

ニュースな英語

トランプ米大統領は7月1日、ほかの人と近い距離にいる時はマスクを着用すると述べました。新型コロナウイルスの感染が再び拡大する中で、今までの方針を転換させたようです。今回はトランプ米大統領の発言から、I’m all for ...という英語表現などを取り上げます。

今回のニュースな英語

I’m all for ...

今回のニュースな英語は、アメリカのドナルド・トランプ大統領がマスクについて発言した、「I’m all for masks.」から、「大賛成」「完全に同意」などを意味する「I’m all for ...」を取り上げます。

背景

新型コロナウイルス感染症について、世界保健機関(WHO)や米疾病予防管理センター(CDC)は当初、マスクは感染予防策として十分ではないとの見解を発表していました。ところが最近は、どちらもマスク着用を推奨しています。

とはいえ、新型コロナウイルスの感染者数・死亡者数、ともに群を抜いて世界最悪になっているアメリカでは、マスクの装着率が低いのが現状です。世論調査会社のギャラップが4月にアメリカで行った調査によると、「この1週間のうち外出時にマスクをしたか」という問いに対し、「まったく着けなかった」と答えた成人の割合は31%となり、3人に1人近くいたことがわかりました。

こうした現状を受けて、最近ではニュースでも「頼むからマスクをしてくれ」と悲痛な訴えのような記事を掲載する媒体も少なくありません。

そして、マスクを着用しない象徴的な人物といえるのが、ドナルド・トランプ大統領なのです。同大統領はこれまで、マスクをしている姿をほとんど報道されていません。こうした影響もあってか、先ほどのギャラップを含む複数の調査で、共和党支持者でのマスク着用率が低いことがわかっています。

とはいえ、ここにきてトランプ大統領の態度が変わってきたのではないか、と注目を集めたのが、冒頭で紹介した「I’m all for masks.」という発言です。最近では、マイク・ペンス副大統領も黒いマスクをしている姿が見られています。

どんなふうに使われている?

ニュースな英語

トランプ大統領のこの発言は、アメリカのケーブル・ニュース・チャンネル「FOXビジネス」のインタビューでのものです。アメリカでは州単位でマスク着用が義務付けられているのが現状ですが、これを国全体として義務化するべきではないか、という議論がなされています。それを踏まえた上で、インタビュアーは、「マスクの着用を徹底すれば命を救うのではないか」として、こんなふうに同大統領に言葉を向けます。

If there is an economic benefit, sir, and there is a public health benefit, sir, why not go forward and say there should be mandatory masks all across this country?

もし経済的に利点があるのであれば、そして公衆衛生面でも利点があるのであれば、そこから進めて、全米でマスク着用を義務化するべきだ、とおっしゃったらいかがでしょうか?

この「why not …?」は、質問というより提案というニュアンスです。 これに対し、トランプ大統領はこんなふうに答えました。

Well, I don't know if you need mandatory, because you have many places in the country where people stay very long distance. You talk about social distancing.

義務化が必要かはわからないな。国内には対人距離がかなりある場所もあるし。ソーシャル・ディスタンシング(感染予防のための対人距離)の話だけど。

ここの「You」は相手(インタビュアー)を指しているわけではありません(インタビュー中、ここまでにソーシャル・ディスタンシングの話は出てきません)。ここでは、一般的な話をするときの主語として「You」を使っています。

トランプ大統領は次のように続けました。

But I'm all for masks. I think masks are good. I would wear, if I were in a group of people and I was close.

でも、マスクには大賛成だ。マスクはよいと思う。もしたくさんの人の中にいて、距離が近ければ私も着用する。

I would wear ...以降は、仮定の話なので、if I were ...となっています。本来はIのbe動詞の過去形はwasのはずですが、可能性の低い仮定の場合、wereになります。とはいえ、この後トランプ氏は、「I have」と言い、実際に着用したし、その姿を見た人もいるよ、と続けています。

まとめ

トランプ大統領が使った「I’m all for masks.」ですが、この「I’m all for ...」という言い方は、「大賛成」と言いたいときに活用できるフレーズです。例えば「...」の部分に具体的に言葉を入れてもいいですし(例:I'm all for banning single-use plastics.)、誰かの意見を受けて、「I’m all for that. / I’m all for it.」(それに大賛成)と言うこともできます。

Satomi Matsumaru

文:松丸さとみ
フリーランス翻訳者・ライター。学生や日系企業駐在員としてイギリスで計6年強を過ごす。現在は、フリーランスにて時事ネタを中心に翻訳・ライティング(・ときどき通訳)を行っている。
Blog:https://sat-mat.blogspot.jp/
Twitter:https://twitter.com/sugarbeat_jp

記事中画像:PhotoACからの画像