「ボールを落とす」ってどういう意味?【映画で英語】

映画で英語

映画は生きた英語の宝庫。おすすめ映画から、ちょっとおしゃれですぐに使える英語表現を毎回1つ紹介します!今回は映画『セッション』から、「ボールを落とす」という表現です。

今日のおすすめ表現

Drop the ball.

Drop the ball.という表現を聞いたら、どういう状況かを想像するのは難しくないかもしれません。

直訳の「ボールを落とす」という言葉からも想像できる通り、もともとは球技でボールを落とすという状況を描写したものでした。

つまり、「失敗する」「へまをする」という意味で、現在はスポーツに限らず、いろいろな場面で使われています。

表現の出どころ

このフレーズも、前回同様、映画『セッション』(原題:Whiplash)からです。

セッション [DVD]

セッション [DVD]

  • 発売日: 2017/08/02
  • メディア: DVD

偉大なジャズ・ドラマーになりたいという青年アンドリュー・ニーマン(マイルズ・テラー)が夢を追って、音楽大学で毎日ジャズに向き合うストーリーです。そのため、作品全体を通してジャズを楽しめます。

ちなみにこの映画は、ジャズ・ドラマーだった本作品の監督デイミアン・チャゼル自身の経験に基づいているそうです。

ところで前回は、教師テレンス・フレッチャー(J・K・シモンズ)の指導法が激しいため、パワハラの被害経験がある人は、視聴に注意が必要かもしれない、という話をしました。その真に迫る演技をしたJ・K・シモンズは、第87回アカデミー賞と第72回ゴールデングローブ賞で助演男優賞を受賞しています。

ド迫力のシモンズとは対照的に、アンドリュー役のマイルズ・テラーは、せりふがない場面でも、「口角が一瞬、上がっただけ」のような顔のほんの小さな表情で、いろいろな感情を巧みに表現しています。テラーの演技にもぜひ注目してみてください。

表現の使い方

アンドリューにとって、とうとう晴れの舞台に立つ日がやってきました。指揮を担当するのは、フレッチャー。フレッチャーは舞台に出る前に、ミュージシャンたちに向かって、この日の舞台がいかに大切かを説明します。

ブルーノートやEMCといったジャズ・レーベル(ジャズ専門のレコード会社)のスカウトが来ていると話し、こう続けます。

On the other hand, if you drop the ball, you might be looking for a new line of work.
その一方で、もしヘマをすれば、職替えすることになるかもしれない

ここでいうa line of workとは職種のことで、a new line of workで新しい職種、つまりはミュージシャンをやめて、まったく違う職を探さなければならなくなるかもしれない、と言っています。

まとめ

Drop the ball.はそのまま「ボールを落とすこと」から、球技などでボールを落とすことを指していました。そこから転じ、今では球技やスポーツ以外の場面を含め、「失敗する」ことを意味します。

主に不注意などが原因での失敗を意味するので、「ヘマをする」「しくじる」というニュアンスが近いと思います。Don't drop the ball!(ドジるなよ!)とかSorry, I totally dropped the ball!(ごめん、大失敗しちゃった)などのように使います。

松丸さとみさん

文:松丸さとみ

フリーランス翻訳者・ライター。学生や日系企業駐在員としてイギリスで計6年強を過ごす。現在は、フリーランスにて時事ネタを中心に翻訳・ライティング(・ときどき通訳)を行っている。
Blog:https://sat-mat.blogspot.jp/
Twitter:https://twitter.com/sugarbeat_jp