callを使って「終わりにしよう」にも「ちゃらにしよう」の意味にもなる表現【映画で英語】

callを使って「終わりにしよう」にも「ちゃらにしよう」の意味にもなる表現【映画で英語】

映画は生きた英語の宝庫。おすすめ映画から、ちょっとおしゃれですぐに使える英語表現を毎回1つ紹介します!前回引き続き、今回もガイ・リッチー監督の『スナッチ』から、callを使って「終わりにしよう」にも「ちゃらにしよう」の意味にもなる表現です。

今日のおすすめ表現

call it quits

今回も、2つの意味があるフレーズ、“call it quits”です。

1つは、これまでしていたことを「切り上げよう」「終わりにしよう」という意味。そしてもう1つは、今回ご紹介する映画の中で使われている「これで貸し借りなし」「ちゃら」という意味です。

表現の出どころ

前回同様、今回もガイ・リッチー監督の作品『スナッチ』(原題:Snatch)からです。

スナッチ (字幕版)

スナッチ (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video

強奪された大粒ダイヤモンドの行方を追う話と、裏ボクシング・プロモーターのターキッシュ(ジェイソン・ステイサム)が八百長試合に巻き込まれる話、という2つが同時に進行していきます。

舞台はロンドンの裏社会。日本語では違法なものを「裏」や「闇」と言いますが(裏社会、闇市など)、英語では“underground”や“underworld”(どちらも「地下」を指しますが、後者は特に犯罪組織も意味します)と表現します。ターキッシュがプロモーターをしている「裏ボクシング」は、“underground boxing”となります。

ところで、ニューヨークのマフィア、アビー(デニス・ファリーナ)がロンドンに駆け付けるとき、一瞬、コンコルドが映ります。この映画は2000年の作品ですが、当時、音速を超えるスピードで飛行する旅客機コンコルドが、ニューヨークとロンドンを3時間弱で結んでいました(通常の航空機だと7時間前後かかります)。

しかし2000年の墜落事故をきっかけに、2003年に商業運航終了となりました。一瞬だけ画面に映るコンコルド、少し歴史を感じる瞬間です。

表現の使い方

86カラットの大粒ダイヤモンドを盗んだフランキー・“フォー・フィンガー”は、大のギャンブル好き。そこに付け込んでダイヤを奪おうと考えた銃の売人ボリスは、銃の代金はいらないから、自分の代わりに裏ボクシングに賭けてほしいとフランキーに持ち掛けます。

If you place one down for me...we will call it quits.
君が私の代わりに賭けてくれれば・・・それで貸し借りはなしってことにしよう。

“quits”という単語自体は、「貸し借りがなくなった状態」を指します。つまり“call it quits”は、「貸し借りがなくなった状態ということにしよう」という意味になります。

call it quits”というフレーズには、「終わりにしよう」という意味もあるため、「やめる」を意味する動詞“quit”と間違ってしまいがちです。しかし、call it quits”で使われる単語は、最初から“s”が付いた形容詞の“quits”です。とても紛らわしいので気を付けてください。

まとめ

おさらいになりますが、『スナッチ』のこのシーンで使われている“call it quits”という表現は、「これでちゃらにしよう」という意味です。call it even”という言葉でも同じ意味になります。

またこのフレーズにはもう1つ、これまでしてきたことを「切り上げる」とか、「仕事を終える」という意味もあります。その日の仕事を終えるときにも使えますし、ずっと続けてきた仕事をやめるときにも使える表現です。

仕事以外にも、例えば、call it quits on a marriage”と言えば、「結婚を終わらせる(=離婚する)」という意味になります。

松丸さとみさん

文:松丸さとみ

フリーランス翻訳者・ライター。学生や日系企業駐在員としてイギリスで計6年強を過ごす。現在は、フリーランスにて時事ネタを中心に翻訳・ライティング(・ときどき通訳)を行っている。
Blog:https://sat-mat.blogspot.jp/
Twitter:https://twitter.com/sugarbeat_jp