「お願いを聞いて」「とんでもない!」のどちらの意味にもなるフレーズ【映画で英語】

「お願い聞いて」にも「とんでもない!」にもなるフレーズ【映画で英語】

映画は生きた英語の宝庫。おすすめ映画から、ちょっとおしゃれですぐに使える英語表現を毎回1つ紹介します!今回はガイ・リッチー監督の『スナッチ』から、「お願いを聞いて」の意味にも「とんでもない!」の意味にもなる表現です。

今日のおすすめ表現

do someone a favour

“favour”(アメリカ英語ではfavorとつづります)は、好意や親切心などを指す言葉です。“do someome a favour”で、「人(someone)のお願い事を聞く」とか、「その人のために何かをする」という意味になります。

また文脈によっては、“do me a favour”で「とんでもない!」という感嘆詞になる場合もあります。

表現の出どころ

今回のフレーズは、2000年に公開されたガイ・リッチー監督の作品『スナッチ』(原題:Snatch)から。

スナッチ (字幕版)

スナッチ (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video

86カラットの巨大ダイヤモンドを巡り、裏ボクシングのプロモーター、ターキッシュ(ジェイソン・ステイサム)や世界のギャングが右往左往するという、イギリスのロンドンを舞台にしたクライム・コメディーです。

ロンドンの裏社会を描いているので、言葉遣いがとても乱暴な上、アクセントも上流階級のそれとはかなり異なります。特に顕著なのが、“t”を発音しない「T-glottalization」(tの声門閉鎖音化)などと呼ばれるものです。

イメージとしては、通常のように舌を使ってtを発音するのではなく、喉の奥の方で音を押し出すという感じでしょうか。

この説明ではわかりにくいと思うので、ぜひ『スナッチ』で、ターキッシュやトミー(スティーヴン・グレアム)、そしてギャングたちの発音を聞いてみてください。

表現の使い方

ギャングのボス「ブリック・トップ」(アラン・フォード)はターキッシュに、裏ボクシングの試合でターキッシュのボクサー「ゴージャス・ジョージ」(アダム・フォーガティ)を使ってやる、と約束します。それをブリック・トップは、こう表現します。

I’ll be doing you a favour.
おまえのためにやってやる。

それを聞いたターキッシュは心の中でこうつぶやきます。

What he means is, I'm doing him a favour.
つまりは、ブリック・トップのためってことだ。

例えば誰かにお願い事をしたい場合、“Can you do me a favour?”(命令形だと“Do me a favour.”)で「お願いを聞いてくれる?」となります。

冒頭で書いたとおり、“Do me a favour.”は「とんでもない!」という意味になることもあります。映画では次のシーンで、こちらの意味で使われます。

次の試合でミッキー(ブラッド・ピット)を使いたい、とブリック・トップに言われたターキッシュとトミーは、試合に出てくれるようミッキーに頼みに行きます。

キャラバン(キャンピングカーのような、移動させることができる家)と引き換えに試合に出ると言い出したミッキーに対し、ターキッシュは思わず“Do me a favour.”と口走ります。

この場合、先ほどの「お願い」とは異なり、「何言ってるんだ」とか「ばか言え」という、驚きを示す感嘆詞になります。同じ言い回しでもまったく違う意味なので気を付けてくださいね。

まとめ

favourは「親切な行為」や「頼み事」を意味します。そのため、“do someone a favour”で「人のために何かをする」ことを意味し、“Do me a favour.”で「お願いを聞いて」となります。

また、あり得ないことを言われたときに、「ばかげている!」とか「とんでもない!」という感嘆詞として“Do me a favour!”と言うこともありますので、覚えておいてくださいね。

松丸さとみさん

文:松丸さとみ

フリーランス翻訳者・ライター。学生や日系企業駐在員としてイギリスで計6年強を過ごす。現在は、フリーランスにて時事ネタを中心に翻訳・ライティング(・ときどき通訳)を行っている。
Blog:https://sat-mat.blogspot.jp/
Twitter:https://twitter.com/sugarbeat_jp