「成功を祈る」をネイティブっぽく英語で言うと?【デイビッド・セイン】

「サラッと言いたいネイティブの英語」デイビッド・セイン

英語を話すとき、「いつも同じ表現ばかり使っているなぁ」と感じることはありませんか?連載「サラッと言いたいネイティブの英語」は、学校では習わないけれど、英語ネイティブはよく使う、ちょっと使ってみたいと思えるスマートな英語表現を紹介します。

keep one’s fingers crossed

今年はオリンピックイヤーということもあり、スポーツ界がとても盛り上がりを見せていますよね。私も駅伝をテレビで見て、手に汗を握って、ランナーたちを応援していました。

さて、日常においても誰かが何かに向けて頑張っていたら、何かしら声を掛けたくなりますよね。そんなときに使ってほしいフレーズを今回は紹介したいと思います。

keep one’s fingers crossedは「指を交差させたまま」という意味ですが、「人さし指と中指を交差させる」ジェスチャーにぴんとくる人はいますか?

アメリカの映画などをよく見る人は、「見たことある!」と思うかもしれませんね。実はこれは「幸運を祈るよ」と、これから何か挑戦しようとしている人に対して使うジェスチャーとフレーズなんです。

A: Tomorrow is your interview with your first-choice company, right?
明日はいよいよ第1希望の会社の面接だね。

B: That’s right. I’m really nervous.
そうなんだ。すごく緊張するよ。

A: You’ll be fine. I’ll keep my fingers crossed.
君ならきっと平気だよ。成功を祈ってるよ。

上記のように、大事な面接、発表会、試合など、これから本番のようなものを控えた人に向かって言うフレーズになります。

この、中指を人さし指に引っ掛けた形は「十字架」を意味していて、もともとはクリスチャンが悪いことに遭遇したときなどに、十字架を厄払いとして使っていたことから、「幸運を祈る」というニュアンスで使われるようになったようです。

ですから、相手のこれから臨むことが無事に終わりますように、成功するよう願う、というイメージで使います。

またチーム一丸となって、何かに挑戦しているようなときにも以下のように使います。

A: Next week is the match with our rival team.
いよいよ来週、ライバルチームとの試合だね。

B: Yeah, we did our best. Let’s keep our fingers crossed.
やるだけやったよね。あとは成功を祈ろう!

また、「うまくいくといいな」と自分自身の幸運を祈るようなときは、

I’m keeping my fingers crossed that my violin concert goes well.
バイオリンのコンサート、うまくいきますように。

I’ll meet my girlfriend’s parents tomorrow. I’m keeping my fingers crossed that it goes well.
明日、彼女の親に会うんだ。うまくいくといいな。

のように使います。

反対に、自分がこれから何かに臨む場合は、

Keep your fingers crossed for me.
幸運を祈ってて。

と言います。for meは省略することもあります。もう一つ、Wish me luck.も同じくよく使うので併せて覚えておきましょう。

A: Did you say it’s your first date with Katie tomorrow?
明日、ケイティーと初デートなんだって?

B: Yeah. Wish me luck.
そうなんだ、幸運を祈ってて。

もう一つ、fingerを使ったよく使う表現があります。have a finger in the pieは、逐語訳は「パイに指を突っ込む」です。なんとなくイメージできますか?

これは「〜と関わる」「〜に首を突っ込む」という意味です。have a finger in every pieという言い方もあり、「何にでも口出しする」という意味になります。

A: My mom always has a finger in every pie. Especially when it comes to me.
母親って、何でも首を突っ込みたがるよね。特に私のこと。

B: I get it. My mother peeks at my smartphone too.
分かる。うちのママも私のスマホ、のぞいてくるもん。

友達や関わっている人たちが大事なイベントを控えて、心配そうだったり、緊張しているようなら、何かしら声をかけてあげたくなりますよね。

そんなときはこういったフレーズを使うことで、こちらの気持ちも伝わり、コミュニケーションがより深まります。ぜひ、ジェスチャーを付けて使ってください。

「サラッと言いたいネイティブの英語」デイビッド・セイン

東京・根津エリアを散策するデイビッド・セインさん

EJアーカイブスにセインさんの新刊登場!

より自然な英語らしい表現を選び、ネイティブの語彙感覚を身に付けてみませんか!?例えば、「許す」という日本語に対して、英語のallowpermit・forgiveの使い分けについてなど、意味は似ていても、ニュアンスや用法が異なる表現の使い分けを、クイズ形式で分かりやすく解説します。状況にぴったり合う英語表現を学んで、相手に誤解を与えずに自分の思いを伝えられるようになりましょう。

[音声DL付]ネイティブ語感が身につく52の方法 EJアーカイブス (アルク ソクデジBOOKS)

[音声DL付]ネイティブ語感が身につく52の方法 EJアーカイブス (アルク ソクデジBOOKS)

  • 作者: デイビッド・セイン
  • 出版社: アルク
  • 発売日: 2019/06/10
  • メディア: Kindle版

オススメの本

日本人が間違えやすい英語の動詞、助動詞、形容詞、副詞の類義語を48ペア取り上げて、その違いを比較しつつ、単語ごとのニュアンスと使い分けをデイビッド・セインさんが指南する一冊です。ドリル形式の練習問題を解きながら、ネイティブの表現感覚が体得できます。

間違えやすい英文法使い分けドリル

間違えやすい英文法使い分けドリル

  • 著者: デイビッド・セイン
  • 出版社: ディーエイチシー
  • 発売日: 2019/03/14
  • メディア: 単行本

David Thanye

David Thayne(デイビッド・セイン)

米国生まれ。証券会社勤務後に来日。日本での30年にわたる英語指導の実績をいかし、英語学習書、教材、ウェブコンテンツの制作を手掛ける。累計400万部を超える著書を刊行、多くがベストセラーとなっている。NHKレギュラー出演の他、日経・朝日・毎日新聞などに連載。企業・学校などでビジネス英語、TOEIC、日本文化を英語で紹介する講演会や行政向けのセミナーも開催。近年は自然英語キャンプを主催し、オンライン英語教育システムも開発中。AtoZ Englishwww.atozenglish.jp)主宰。

写真:山本高裕