facebookinstagramtwitter
外貨預金とFXの違いは?メリット・デメリットとおすすめ業者のご紹介

資産運用や投資を検討していると、「外貨預金」や「FX」という言葉は必ず聞く機会があると思います。

何となく「ハイリスク・ハイリターン」というイメージがありますが、この2つは内実が理解されずにイメージだけで論じられる 傾向 があります。外貨預金やFXがどういったメカニズムでリターンを得られるのか、「ハイリスク」とはどういった意味なのでしょうか。

今回の記事では、 外貨預金やFXについて冷静にメリットやデメリット、注意点 をご説明します。

確かに、リターンがある分リスクもあるのが外貨預金・FXです。知識をしっかり身につけてから行動に移すようにしましょう。これらの金融商品に過大な期待や過剰な嫌悪感を抱くことなく、自分の投資 方針 に適合している かどうか判断 していただければ幸いです。

外貨預金とは?

まず外貨預金とFXについて概要をご説明し、それぞれのメリット・デメリットを比較してみます。

外貨預金の概要

外貨預金とは、ドルやユーロなど円以外の通貨で預金することです。
通貨が異なるだけで基本的に普通預金と同じ 仕組み ですので、外貨預金は銀行口座を作成して 実施 します。

外貨預金のメリット

外貨預金のメリットは、普通預金よりも高い金利分に加えて為替差益をリターンとして受け取れる点にあります。一般的な円による普通預金であれば、0.010%などの金利分がリターンとなります。

しかし、外貨預金ですと為替差益もリターンになります。
例えば、100ドルを1ドル=100円で購入すると10,000円分になります。これが円安で1ドル=120円になると12,000円分となります。この2,000円分がリターンです。

結果として、外貨預金のリターンは円の普通預金よりもはるかに高くなる 可能性がある のです。

外貨預金のデメリット

メリットは裏返すとデメリットになります。
金利がマイナスになることはありませんが、為替差益ではなく為替差「損」が発生することはあります。

上記の例で言うと、1ドル=100円で購入したドルが円高で1ドル=80円になると、2000円の損になってしまいます。つまり普通預金であれば元本割れのリスクはありませんが、外貨預金では大いに元本割れのリスクがあります。

また通貨を換える際に 手数料 がかかります。 したがって 、1ドル=100円のままでも 手数料 の分だけ損が出ます。1%を超えることも多く、外貨預金の金利が吹き飛ぶほどになることも少なくありません。 手数料 が高いのが外貨預金のデメリットです。

外貨預金はあまりおすすめできません・・・

あらゆる資産運用や投資においては、なるべく 手数料 を抑えるのが鉄則です。

なぜなら、為替や株価などは自分で操作できる価格ではないのですが、 手数料 は情報を収集して比較することによって低い業者を選ぶことはできます。

こうした観点からすると、 手数料 が高くなりがちな外貨預金は避けた方が無難です。
外貨を通じた投資を行いたいのであれば、実は外貨預金よりFXの方がおすすめできます。

FXとは?外貨預金との違いを中心に

FXとは「Foreign Exchange 」の略です。日本語では「外国為替証拠金 取引 」と言います。FXは、銀行ではなく証券会社やFX専業者などが取り扱っています。

FXの概要

外貨預金と同じように、円と別の通貨との為替差益を狙うのがFXです。

ただし 、外貨預金は高い預金利息を狙うのに対し、FXでは高い金利通貨と低い金利通貨の金利差(「スワップ金利」ないし「スワップポイント」)を狙うことになります。
例えば、日本の金利0.10%と外国の金利5.10%だとすると、差の5%分がFXの金利収入です。

また、所有している資金(証拠金)以上の金額の 取引 ができるのが「レバレッジ」です。レバレッジの最高倍率は25倍なので、20万円だけ持っていれば500万円分の 取引 を行うことができます。

さらに、FXにおける 手数料 を「スプレッド」と言います。外貨を売買する時の買値と売値の差額のことです。このスプレッドが狭い=安いほど儲けやすくなる計算となります。

FXのメリット

為替 変動 に合わせてタイミングよく通貨を売買することによって、外貨預金よりもはるかに大きな為替差益を得ることができます。レバレッジがあるので自己資金以上の金額の 取引 が可能となっています。

また、株式市場の営業時間とは関係なく、24時間 取引 できるのもFXのメリットと言えます。いわゆる「デイトレーダー」ですと9~15時に株価 推移 をチェックしていないといけませんので、一般の会社員では不可能です。
しかし、FXですと会社員が副業に 取り組む のも可能です。

FXのデメリット

レバレッジが効いている分、リスクも大きくなります。
ネットを検索していると、FXで資産を取りつぶしてしまった人の物語を見ることができるはずです。

ただし 、レバレッジは変更できますから、自分なりにリスク管理をきちんと行うことにより資産を失うリスクを少しは減らすことができます。

FXにおすすめの証券会社

FX業者を選ぶためには、スプレッドが狭くスワップ金利が高いことがポイントとなります。

DMM.com証券

DMM.com証券が運営するDMM FXは、日本 No .1のFX口座数を誇ります。

そのポイントは、20の通貨ペアで業界でも最も狭いスプレッドにあります。
例えば、米ドル/円で0.3銭という狭さ。
為替は自分で操作することはできませんが、スプレッドを抑えることで儲けやすくすることは可能です。

【詳細はこちら】

 

GMOクリック証券

GMOクリック証券は、5年連続でFX 取引 高が世界第1位と実績のある証券会社です。
米ドル/円のスプレッドが0.3銭など、低スプレッド・高スワップ金利で人気を集めています。

【詳細はこちら】

ライブスター証券

ライブスター証券はスワップ金利が高いことに定評があるため、比較的長期売買に向いている、というのがアピールポイントとなっています。

【詳細はこちら】

基礎知識を身につけるための入門セミナー

基礎知識を身につけるには書籍もよいのですが、生の最新情報を仕入れるには無料のセミナーに参加するのもおすすめです。

セミナーには悪質なものもありますので、信頼できる期間を選ぶことがきわめて重要です。例えば、一般社団法人で「日本FX教育機構」があります。

FXだけでなく、お金に関する姿勢など幅広くセミナーを 実施 していますので、興味があるものに参加してみていただければと思います。

【詳細はこちら】

また、無料ではありませんが株式投資のスクールも存在します。
「日本ファイナンシャルアカデミー」ではWebや教室スタイルで、投資についての王道の考え方を身につけることができます。

【詳細はこちら】

まとめ

外貨預金やFXには「ハイリスク・ハイリターン」というイメージがありますが、実際には運用方法次第でローリスクにすることも可能です。
外貨預金は「預金」ですから銀行、FXは証券会社で 取引 されています。FXはレバレッジを効かせることができる分、リターンもリスクも高くなります。

どちらにしろ、銀行や証券会社の担当者から言われるがままに購入してしまうと、大きく損をする 可能性 が高いです。
あまり他人の言うことを鵜呑みにせず、書籍やセミナーなどで信頼性の高い情報を仕入れて、慎重に(少額の投資から)始めるようにするのが無難でしょう。

おすすめの書籍

!

2カ月完成!英語で学べる経済ニュース

ビジネスで必ず役立つ「ニュースを読める英語力」と「経済の基礎知識」を2カ月間で養成する4冊セット。 Book 1 で、英文ニュースを読む・聞くためのポイントや英語学習法を学び、Book 2、3で、日本経済新聞社Nikkei Asian Review を素材に、英語力と経済の基礎知識を習得。Book 4 には英語力を生かして世界を舞台に活躍する先輩たちへのインタビューを掲載。

詳細はこちら

!

編集:GOTCHA! 編集部

RELATED ARTICLES関連記事

【35歳までに社長になる方法】人に雇われないで生きる新しい起業のカタチ 
「実は、二日酔いなんだ」って英語で言える?【オフィス英会話クイズ】
「紹介したい人がいるの」って英語で言える?【オフィス英会話クイズ】
就職活動で求められるTOEICの点数は?外資系企業の元人事が解説
メールも電話も怖くない!本当に使えるビジネス英語の習得法【ブックレビュー】
「初出勤ですか?」って英語で言える?【オフィス英会話クイズ】

SERIES連載

RECOMMENDED 編集部のおすすめ[PR]

2022 07
MAGAZINE
ENGLISH JOURNAL 最新号
【特集】だからTOEIC(R)はやめられない!
詳しく見る