「常識だよ!」は英語でなんて言う?【スティーブ・ソレイシィ】

スティーブ・ソレイシィさんの大ベストセラー『英会話なるほどフレーズ100』がシリーズ累計で発行部数100万を突破しました。そんな「なるほどフレーズ」シリーズから、この連載では英語の「使える裏技」を隔週でご紹介します。第5回は「常識だよ!」をお届けします。

「常識」を表すフレーズはこの3つ

英語で常識を表すフレーズは3つあります。日本語では「常識」という一言に広い意味を持っていて便利だなと、僕はびっくりしています。

  • common knowledge(みんなが知っている情報の常識)
  • common courtesy(マナーに関する常識)
  • common sense(どちらかというと相手を批判するときに使う)

「二人が付き合っていることはみんな知ってるよ!」とか、「あのお店はおいしい/まずい」などのように、みんなが知っている情報に関する常識なら、 common knowledge

common knowledge を口語で表現するなら・・・

Everyone knows that!
常識だよ!/そんなことはみんな知ってるよ!

「ドアを開けてもらったら、お礼を言う」などのようなマナーに関する常識なら、 common courtesy

common courtesyを口語で表現するなら・・・

It’s the polite thing to do.
常識だよ!/それはマナーとして当然だよ。

もう1つは、 common sense 。この言葉は多くの人に知られているようですが、使い方が限られています。「熱いものは素手で触らないこと」「刃物を赤ちゃんに渡さないこと」などのような常識を表します。 正しさを強調したり、相手を批判するときに使われ ます。つまり、何かの理由を聞かれて、「だってそれが常識でしょう」と反論するときに、「言うまでもなく当たり前」という口調で言ってみましょう。

口語表現として、そのまま使うことができます。

It’s common sense.

だってそれが常識でしょう。

今日の英会話

A : Let’s give our seats to that older couple.
B : But....
A : It’s the polite thing to do.
A : 私たちの席をお年寄りの二人にゆずろうよ。
B : でも・・・
A : それはマナーとして当然だよ。

EXERCISES

次の「常識だよ」を英文にしてみましょう。

1 He should at least say “ thank you”. (あのひとはせめて「ありがとう」って言えばいいのに。)に続けて「基本常識だよね」
2 We have to take computers out of our bags at security at the airport.(空港のセキュリティーでは、カバンからパソコンを取り出すんだよ)に続けて「もう常識でしょ」

解答例は記事の最後をご覧ください。

「なるほど英会話モチベーション」YouTubeチャンネル

※ 本記事は『英会話きちんとフレーズ100』の内容をもとに構成しています。

『英会話きちんとフレーズ100』ってどんな本?

前刊の『英会話なるほどフレーズ100』の続編にあたる『英会話きちんとフレーズ100』では、日本人の心「和マインド」をきちんと伝えられる表現をトップ100を揃えました。シンプルで、自然で、日本語の感覚にきちんとマッチした表現を身に付けて、自分を表現する言葉として楽しめます。

EXERCISESの解答例

1 It’s just the polite thing to do.
2 Everyone knows that.

Steve Soresi
スティーブ・ソレイシィ(Steve Soresi)

アメリカ・フロリダ州出身。1990年英語指導助として岐阜県に初来日。1998年早稲田大学大学院政治経済学部でマスコミュニケーション理論を学び同大学院修士課程を修了。2009年青山学院大学大学院国際政治学研究科博士課程を修了。拓殖大学、東洋英和女学院大学の専任講師を経て、2011年ソレイシィ研究所(株)を設立。現在、同研究所の代表として日本の「英語が使える国の仲間入り」を目指した英語教材の企画開発、英語教授法の研究と人材育成、英会話コーチ、セミナー、公演などを行っている。BBT大学教授。NHKラジオ第2放送「英会話タイムトライアル」講師(2012年4月~現在)。

『ENGLISH JOURNAL BOOK 2』発売。テーマは「テクノロジー」

現在、ChatGPTをはじめとする生成AIが驚異的な成長を見せていますが、EJは、PCの黎明れいめい期からITの隆盛期まで、その進化を伝えてきました。EJに掲載されたパイオニアたちの言葉を通して、テクノロジーの歴史と現在、そして、未来に目を向けましょう。

日本人インタビューにはメディアアーティストの落合陽一さんが登場し、デジタルの時代に生きる英語学習者にメッセージを届けます。伝説の作家カート・ヴォネガットのスピーチ(柴田元幸訳)、ノーベル生理学・医学賞受賞のカタリン・カリコ、そして、『GRIT グリット やり抜く力』のアンジェラ・ダックワースとインタビューも充実。どうぞお聴き逃しなく!

【特集】PC、IT、そして、ChatGPT・・・パイオニアたちの英語で見聞する、テクノロジーの現在・過去・未来
【国境なきニッポン人】落合陽一(メディアアーティスト)
【スピーチ&インタビュー】カート・ヴォネガット(作家/柴田元幸訳)、ケヴィン・ケリー(『WIRED』創刊編集長、未来学者)、レイ・カーツワイル(発明家、思想家、未来学者)、ジミー・ウェールズ(ウィキペディア創設者)、アンジェラ・ダックワース(心理学者、大学教授)、【エッセイ】佐藤良明

詳細・ご購入はこちらからどうぞ!

Amazon.co.jp
楽天ブックス

SERIES連載

2024 04
NEW BOOK
おすすめ新刊
英会話は直訳をやめるとうまくいく!
詳しく見る
メルマガ登録