「こりごり」は英語でなんて言う?

すっかり懲りてしまい、もう二度とあのような目には合いたくないと思う気持ちを表す「こりごり」。さて、この「こりごり」は英語でどのように表現するのでしょうか?

「こりごり」は英語で?

「こりごり(する)」は、何かが非常に嫌でたまらない、もう絶対にやりたくないという強い気持ちを表す表現です。これは、何かを繰り返し経験した結果、それに強い嫌悪感を持つようになったときに使われます。似たような意味の日本語には「うんざりする」「嫌気がさす」などがあります。このニュアンスを英語で表すには、 I’m sick of ~をはじめ、いくつかの言葉が使われます。

I’m sick of ~

I’m sick of ~は「本当に嫌だ」「もう我慢できない」という意味で、日本語の「こりごり」を表すにはぴったりの表現です。

I’m sick of your constant excuses for being late.
あなたのいつもの遅刻の言い訳にはこりごりしている。

I’m fed up with ~

I’m fed up with ~は「~にうんざりしている」という感情を表現します。

I’m fed up with all the traffic jams in this city.
この街の交通渋滞にはこりごりだ。

I’ve had enough of ~

I’ve had enough of ~は「~はこれ以上いらない」という意味です。

I’ve had enough of his endless bragging about how great he is.
彼の果てしない自慢話はもうこりごりだ。

「こりごり」と同じ意味を伝えるその他のフレーズ

「こりごり」と同様のニュアンスを伝える英語は他にもあります。

once was enough

once was enoughは、「一度で十分だった」という意味です。

Once was enough; I’ll never go bungee jumping again.
一度で十分だよ。二度とバンジージャンプはしない。

I never want to ~ again.

I never want to ~ again.は「もう二度とそれを経験したくない」という意味で、具体的な行動について「こりごりだ」というときに使われます。

I never want to go through that kind of embarrassment again.
あんな恥ずかしい思いは、もう二度としたくない。

何か嫌なことに「二度と起こってほしくない」と言うときは、want+目的語+to doの形を使って次のようにも言えます。

I don’t want anything like this to happen again. It was a disaster.
このようなことは二度と起こってほしくない。大失敗だった。

まとめ

この記事では、「こりごり」という気持ちを英語でどう表現するかについて、いくつかのフレーズを紹介しました。不快な状況や経験に遭遇した際に、二度とそのようなことを経験したくないという強い気持ちを英語で伝えたいときには、I’m sick of ~やI’m fed up with ~、I’ve had enough of ~といったフレーズを使って、ぜひ英語で自分の感情を表してみてください。それによって気持ちが少し軽くなるかもしれません。

ENGLISH JOURNAL編集部
ENGLISH JOURNAL編集部

英語を学び、英語で学ぶための語学情報ウェブサイト「ENGLISH JOURNAL」が、英語学習の「その先」にあるものをお届けします。 単なる英語の運用能力にとどまらない、知識や思考力を求め、「まだ見ぬ世界」への一歩を踏み出しましょう!

英文校正:Peter Branscombe

トップ写真:engin akyurt from Unsplash

語彙力&フレーズ力を磨く、おすすめの本

ネイティブと渡り合える、知的で洗練された英単語力。

本書は、アルクの『月刊ENGLISH JOURNAL』(1971年創刊~2023年休刊)に掲載されたネイティブスピーカーの生のインタビューやスピーチ、約300万語のビッグデータから、使用頻度の高い英単語300個を厳選し、一冊に編んだものです。

すべての英単語は日本語訳、英英定義、例文と共に掲載、無料ダウンロード音声付きで、読んでも聞いても学べる英単語帳です。また、難易度の高い単語をしっかり定着させるため、穴埋め問題やマッチング問題、さらに構文や使用の際に気を付けるべきポイント解説も充実しています。伝えたいことが明確に伝えられる、上級者の英単語力をこの一冊で身に付けましょう!

英語中級者と上級者の違いは、的確で、気の利いたフレーズ力!

50余年の歴史を持つ、アルクの『月刊ENGLISH JOURNAL』(1971年創刊~2023年休刊)に掲載されたインタビューやスピーチ約300万語というビッグデータの中から、頻出する英語フレーズ300個を厳選。日常会話やemail、SNSではよく使われているのに、日本人が言えそうで言えない、こなれたフレーズを例文と英英定義と共に収載しました(全音声付き)。

厳選した300種類の穴埋め問題&マッチング問題を通して、「見てわかる」のレベルから「自分でも使える」ようになるまで、しっかり定着させます。上級者への壁をこの一冊で打ち破りましょう!

難関大を目指す受験生が英単語を「極限まで覚える」ための単語集

大学入試などの語彙の問題は、「知っていれば解ける、知らなければ解けない」ものがほとんど。昨今の大学入試に登場する単語は難化していると言われており、文脈からの推測や消去法では太刀打ちできない「難単語の意味を問う問題」が多数出題されています。こうした問題をモノにして、周囲に差をつけるには、「難単語を知っていること」が何よりのアドバンテージです。

SERIES連載

2024 05
NEW BOOK
おすすめ新刊
観光客を助ける英会話
詳しく見る
メルマガ登録