誠意が伝わるお詫びの言い方【美しい英会話術】

相手にお詫び(おわび)を言うときに、どのような伝え方をすれば誠意が伝わるでしょうか。言いにくいことも知的に伝えるワンランク上の英会話術を、本特集の執筆者である狩野みきさんが、レッスン形式で指南します。今回は間違いを丁寧にお詫びするときのフレーズを紹介します。

「ワンランク上の英語」とは?

言葉やメッセージは一方的に相手に「伝える」だけではなく、きちんと「伝わる」ことが重要です。「伝わる」というのは相手があなたの言いたいことを十分に理解し、時には共感し、説得もされる、という状況を示します。外国人とのコミュニケーションでうまくいかないと感じるときは、伝えたつもりなのにきちんと伝わっていない、というケースがほとんどです。ワンランク上の英語を目指すための「きちんと伝える」ポイントは4つです。

  • あいまいな言い方は避け、言いたいことを簡潔に述べる。
  • ゆっくりと、相手に理解されやすい発音、アクセントで話す。
  • アイコンタクトや豊かな表情で、伝えたいという気持ちを表現する。
  • 相手の文化やその場の雰囲気に配慮し、言葉使いや口調にも配慮する。

相手の心に届く丁寧なお詫びの伝え方

取引先に、間違えて商品を1000組少なく納品してしまったことを電話でわび、こちらから持参すると提案する場面での会話例を紹介します。どのような表現を使うとよいのかを見ていきましょう。
(Patty: 会社員 、Ted: 取引先の社員)

Patty: ①Please accept my apologies. ②It will never happen again.
Ted: But we still need all 5,000 units today.
Patty: Um, ③I’m in no position to ask you any favors, but would you allow me to visit your office now with the remaining 1,000 units? ④It will be bothering you even further . . . but would it be possible for me to bring you an additional 500 units, at no extra cost, of course, ⑤if you wouldn’t mind?
Ted: Oh . . . that’s a nice offer, but we only need 5,000.
Patty: Oh . . . so could I visit your office today?
Ted: OK.
Patty: Oh, thank you very much. ⑥And I do hope you’ll forgive us this oversight. I would hate it to have an impact on our relationship.

パティ:心よりお詫び申し上げます。このようなことは二度と起きません。
テッド:だが、弊社は依然、今日、5,000組全部が必要なんです。
パティ:このようなお願いをする立場ではありませんが、すぐに御社にお伺いして、残りの1,000組をお届けしてもよろしいでしょうか?さらなるご迷惑とは存じますが・・・500組、追加料金なしで、余分にお持ちするのはいかがでしょうか。もちろん、よろしければ、ですが?
テッド:うーん・・・それはありがたい提案ですが、われわれが必要なのは5,000組だけです。
パティ:ええ・・・それでは本日、御社にお邪魔してもよろしいでしょうか?
テッド:構いませんよ。
パティ:まあ、本当にありがとうございます。私どもの不注意をお許しいただきたく存じます。今後とも引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

語注

語句意味
unitセット、一式
be in no position to do ~~する立場ではない
ask ~ a favor~に頼みごとをする
remaining残りの
bother面倒をかける
even furtherさらにもっと
oversight不注意

表現のポイント:丁寧に謝罪し、誠意を込めた提案を行う

上の会話でポイントとなる表現を1つずつ見てみましょう。

① Please accept my apologies.

とても丁寧で、オフィシャルなお詫びの言い方です。

② It will never happen again.

謝った上で、「このようなことは二度と起きません」とはっきりと伝えます。It’llではなく、It willと言ったようがフォーマルで、誠意が伝わりやすくなります。

③ I’m in no position to ask you any favors, but would you allow me to . . .

お詫びをした上で、代替案を提案します。I’m no position to . . . (・・・する立場ではありませんが)と、 . . . would you allow me to . . . (・・・することをお許しいただけますか)という、ともに非常にへりくだった表現で、「今すぐに不足分を持っていく」と、誠意を込めた提案をします

④ It will be bothering you even further . . . but would it be possible . . .

「さらなるご迷惑とは存じますが・・・は可能ですか」と最大限にへりくだって、相手へのサービスを提案します。

⑤ if you wouldn’t mind?

If you don’t mind?をさらに丁寧にした表現です。

⑥ And I do hope you’ll forgive us this oversight. I would hate it to have an impact on our relationship.

I do hopeと、強調のdoを用いて、不注意を許してもらうことを、心底願っている気持ちを表現し、今後も良好な関係を保持したい、つまり取り引きを続けてもらいたい旨を加えます。

話し方のポイント:へりくだった感じを伝える

Would you allow me . . . は、他の箇所よりもゆっくり言うと、よりへりくだった感じを伝えることができます。またdo hopeのdoは、なるべく強く言いましょう。

自分の非をわびるその他の表現

I’m terribly sorry to trouble you even further, but could I . . . ?
さらに面倒をお掛けして、本当に申し訳ありませんが・・・できますでしょうか?

I’m terribly sorry to trouble you even further, but could I ask you to fill in this form?(さらにご面倒をお掛けして本当に申し訳ありませんが、この用紙へのご記入をお願いできますでしょうか?)のように使います。

I do apologize for . . .
・・・につきまして、心よりお詫び申し上げます。

doの代わりにmust、forの代わりにaboutを使うこともできます。I do apologize for your being kept waiting so long.(このように長くお待たせしたことを、心よりお詫び申し上げます)のように使います。

I can’t tell you how sorry I am.
なんとお詫びを申し上げていいか、言葉もありません。

主語にIが2回使われていることで、個人的な感情であることが強調されます。「自分はこんなに申し訳なく思っている」という意味で、最大級のお詫びの表現です。

次回は、相手を励ますときのフレーズをご紹介します。どうぞ、お楽しみに。

狩野みき(かの・みき)
狩野みき(かの・みき)

慶應義塾大学、東京藝術大学、ビジネス・ブレークスルー大学講師。考える力イニシアティブ THINK-AID 主宰。(株)AIDEA顧問。慶應義塾大学大学院博士課程修了 (英文学)。30年大学等で考える力・伝える力、英語を教え、小中高生の次世代リーダー育成にもたずさわっている。著書に『世界のエリートが学んできた 「自分で考える力」の授業 [増補改訂版]』(PHP文庫)『プログレッシブ英和中辞典』第5版(小学館)など多数。TEDトーク “It's Thinking Time”(英文)
Twitter: @miki_kano

狩野みきさん主催「生涯学習型英語フォーラム Read for Life」のお知らせ

もう一度英語を学びたい方、詰め込み型学習とは違う学びを体験したい方、学び続けることの喜びを知っている方、英語で良書を読みたい方、本を主体的に読み、真の教養を身につけたい方、仲間とディスカッションしたい方…全ての大人に向けたe-learning+スピーキング講座、RFLを始めませんか?皆さまがより豊かな人生を送るための「一生の学び」を手に入れるお手伝いができれば、とても嬉しいです。

生涯学習型英語フォーラム Read for Life

狩野みきさんの本

SERIES連載

2024 02
NEW BOOK
おすすめ新刊
ITエンジニア本大賞2024受賞!チームを動かすIT英語実践マニュアル
詳しく見る
メルマガ登録