【2023年最新】SNSやチャットで使いたい愛を表す英語略語33選【A~H編】

英語圏のカップルの間では、毎日のこまめな愛の確認が必須。実際に会っているときだけでなく、テキストメッセージでも愛を込めたメッセージを送り合います。本記事では、英語圏の恋人同士の間でよく使われる略語を実例とともに紹介。今すぐ使える「厳選の全33ワード」を2回に分けてお届けします。

AML(all my love)

「全ての愛を込めて」という意味。どんな文章の前にでも付けられる便利な略語です。

Boyfriend: AML, I hope you have a great day!
Girlfriend: AML too, have a wonderful day!
彼氏: 全ての愛を込めて、素敵な一日を過ごしてね!
彼女: 私も全ての愛を込めて、素晴らしい一日を!

ALAYLM(as long as you love me)

「あなたが私を愛してくれる限り」という意味。「あなたからの愛がいちばん大切」という気持ちを表現します。

Boyfriend: I don’t care what they think, ALAYLM.
Girlfriend: ALAYLM too. Nothing else matters.
彼氏:他の人たちが何を思おうと気にしない、君が僕を愛してくれる限り。
彼女:私も。それ以外はどうでもいい。

ATM(at the moment)

「今この瞬間」という意味。恋人同士だけでなく一般的にも使える表現です。

Boyfriend: Can’t talk ATM. Can I call you back later?
Girlfriend: No problem, catch you later.
彼氏:今は話せないから、後でかけ直してもいい?
彼女:大丈夫だよ、また後でね。

BAE(before anyone else)

「他の誰よりも先に」=「いちばん大切な存在」という意味。「ベイ」と発音して、呼び掛けとして使います。

Boyfriend: Had a rough day at work. Need to talk.
Girlfriend: Of course, BAE. I’m here for you.
彼氏:仕事が大変な1日だった。話したい。
彼女:もちろん、大切なあなた。話聞くよ。

このI’m here for you.も日常会話の頻出表現。悩み事を抱えた友人や、「飛行機に乗り遅れて今パニックになってる!」なんてトラブルの渦中にある友人などからメッセージがあったときに、サッとこのフレーズを返してあげましょう。心を落ち着かせることのできるひと言です。

BRB(be right back)

すぐに戻るね」という意味。チャット中に用事ができてしまったときなどに使います。恋人同士だけでなく一般的にも使える表現です。

Boyfriend: BRB, need to do some chores around the house.
Girlfriend: Take your time, I’ll be here waiting.
彼氏:ちょっと待ってて、家の雑事をやらなきゃいけないから。
彼女:急がなくていいよ、待ってるから。

Take your time.も覚えておきたい表現。友人から「待ち合わせに遅れる」という連絡があったときや、友人がレストランのメニューを決めきれないときなど、「大丈夫だよ」という気持ちを伝えることができる優しいひと言です。

BTW(by the way)

「ところで」と別の話題に切り替えるときに使います。恋人同士だけでなく一般的にも使える表現です。

Boyfriend: BTW, I saw your favorite movie is on tonight.
Girlfriend: Oh, really? Thanks for letting me know.
彼氏:ところで、今夜君のお気に入りの映画が放送されるって見たよ。
彼女:あら、本当に?教えてくれてありがとう。

DTR(define the relationship)

「関係性をはっきりさせる」という意味。欧米では、彼氏・彼女がいない間は複数の相手とデートすることも一般的。そんな友達以上・恋人未満の二人の間で、「ちゃんとした恋人同士になろう」というときに使う言葉です。

Boyfriend: I think we need to DTR. Are we exclusive?
Girlfriend: I was thinking the same. Yes, we are.
彼氏:関係性をはっきりさせるべきだと思う。俺たち、付き合ってるよね?
彼女:私も同じことを考えていたわ。付き合ってるよ。

exclusiveには「共有しない、独占する」という意味があるので、上のような使い方で「お互いを独占し合う関係、ステディな関係」を表すことができます。

FWB(friends with benefits)

benefitsはスラングで「性的な関係」を意味します。よってFWBは、恋人同士ではなく「性的な関係を持つ友達同士」という意味の言葉です。日本語でいうところの「セフレ」ですね。

Boyfriend: Are we more than just FWB?
Girlfriend: I think we might be.
彼氏:俺たちはセフレ以上の関係かな?
彼女:そうかもしれないね。

GM(good morning)

「おはよう」の略語。恋人同士だけでなく一般にも使える表現です。

Boyfriend: GM, beautiful. Hope you have an amazing day.
Girlfriend: GM, my love. Waking up to your message brightens my day.
彼氏:おはよう、美しい人。素晴らしい一日を過ごせるといいね。
彼女:おはよう、愛しい人。君のメッセージで目覚めると、一日が明るくなるよ。

GN(good night)

「おやすみ」の略語。恋人同士だけでなく一般的に使える表現です。

Boyfriend: GN, sweetheart. Have sweet dreams.
Girlfriend: GN, my love. I’ll dream of you.
彼氏:おやすみ、大切な人。素敵な夢を見てね。
彼女:おやすみ、愛しい人。あなたのことを夢に見るね。

HRU(How are you?)

「元気?」という意味ですが、元気かどうかを実際に尋ねているというよりは、会話の最初の定型文のような表現です。日本語で、疲れてなくても「お疲れさま」と言い合うのと似た感覚ですね。恋人同士だけでなく一般的にも使える表現です。

Boyfriend: Hey, HRU doing today?
Girlfriend: I’m great, thanks for asking. HRU?
彼氏:ねえ、今日の調子はどう?
彼女:元気だよ、聞いてくれてありがとう。あなたは?

IDC(I don’t care)

「気にしないよ」という意味。恋人同士だけでなく一般的にも使える表現です。

Boyfriend: Where do you want to go tonight? IDC, as long as I’m with you.
Girlfriend: Same here.
彼氏:今夜はどこに行きたい?僕は君と一緒ならどこでもいいよ。
彼女:私も同じ。

ちなみに、same hereは「私も同じ」「わが家も同じ」という返事をする際に、テキストチャットでも実際の会話でも本当によく使うので、ぜひ覚えておきましょう。

IDK(I don’t know)/IK(I know) 

IDKは「知らない」、IKは「知ってる」という意味です。恋人同士だけでなく一般的にも使える表現です。

Boyfriend: Hey, have you decided which movie to watch tonight?
Girlfriend: IDK, but I heard the new romantic comedy is really good.
Boyfriend: IK! Let’s go for that one then. I’m in the mood for some laughs.
Girlfriend: Sounds perfect!
彼氏:ねえ、今夜見る映画は決めた?
彼女:分からないけど、新しいロマンティックコメディの映画はとてもいい評判だって聞いたわ。
彼氏:知ってる!じゃあそれにしよう。ちょっと笑いたい気分だ。
彼女:ぴったりね!

ILY( I love you)/ILY2(I love you too)

ILYは「愛してる」、ILY2は「私も愛してる」という意味。英語圏では恋人同士だけではなく、家族間や友人間などでも気軽に「I love you」と言い合い、感謝や労いの表現とすることも多々あります。そのため、恋人以外にも使います。

Boyfriend: Heading to bed now. ILY.
Girlfriend: ILY2. Sweet dreams.
彼氏:もう寝るね。愛してる。
彼女:私も愛してる。おやすみ。

ILYSM(I love you so much)

「すごく愛してる」という意味。ILYの返答である「ILY2」とは異なり、「ILYSM2」という略語は使われないので、返事として返すときには「too」を付けて使います。

Boyfriend: Just wanted to let you know that ILYSM.
Girlfriend: ILYSM too. You made my day.
彼氏:ただ君に伝えたかったんだ、すごく愛してるよ。
彼女:私もとても愛してる。あなたのおかげでいい一日になったわ。

You made my day.は「とてもいい日になった」というような意味で、プレゼントをもらったとき、スタバの大好きなドリンクを飲んだときなど、「ちょっとした良いこと」に対して感謝を込めて、日常的によく使う表現です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。略語は手軽に使えますし、使うことでメッセージが短くスッキリし、こなれた印象にもなるのでおすすめです。恋人同士だけでなく、友人間や家族間で使える表現もたくさんあるので、ぜひ活用してみてくださいね。次回はIからXの略語を紹介します。お楽しみに!

SNSで使えるトレンドワードのおすすめ記事

佐知ゆりこ
佐知ゆりこ

カナダ在住の教育移住ライター。英語学習おもしろネタ、グローバルな生き方、マルチカルチャーでの子育て論などが得意分野。英字新聞はNew York Times派。世界100ヵ国以上の現地在住日本人ライターの組織「海外書き人クラブ」会員。

SERIES連載

2024 02
NEW BOOK
おすすめ新刊
ITエンジニア本大賞2024受賞!チームを動かすIT英語実践マニュアル
詳しく見る
メルマガ登録