「催促メール」英語での正しい書き方:返信がないときの丁寧なリマインドフレーズ10選

英語での催促メールやリマインドメールを書く際、どのように返信を促すべきか迷ったことはありませんか?こちらでは、ネイティブが実際に使う丁寧な催促フレーズを10選ご紹介します。返信がないメールへのアプローチ方法を効果的に学べる内容です。

ネイティブが使うメール催促フレーズ

メールの返事がなかなか届かないときに使える催促フレーズをシーン別に紹介します。

件名はどうすればいい?

Reminder:
Friendly Reminder:
Gentle Reminder:

催促をする際は、単に前回のメールの件名のまま再送するのではなく、「Reminder:(+前回送ったメールの件名)」などと付けると目に留まりやすくなるでしょう。

友達にカジュアルに催促するとき

Hey, just wondering if you got my last email ...
ねぇ、前回のメール、見てくれたかな?

Sorry, I know you've been busy, but did you get a chance to read my last email?
ごめん、忙しいと思うんだけど、前回のメールを読んでもらえたかな?

Um ... have you read your latest email messages yet?
あの・・・前回のメールはもう読んだ?

Hey, (name),

I haven't heard back from you yet. I hope everything is OK!

ねぇ○○さん、

まだお返事もらってないけど、何事もないことを祈ってます!

同僚に催促するとき

宛名と本文の書き出し(I am just wondering ~)の間は、改行するのが通例です。いつまでに返事がほしいのか、具体的な日時を明確に伝えましょう。

Good morning, (name),

I am looking forward to hearing your answer about my proposal for a new product.

○○さん、おはようございます。

新商品の企画書について、ご回答をお待ちしています。

Dear (name),

I am just wondering if it would be possible to reply to the message I sent you yesterday by this Tuesday.

拝啓○○さん

昨日お送りしたメッセージのお返事を、今週の火曜日までにいただくことは可能でしょうか。

英語ビジネスメールの基本フォーマット

ビジネスメールの基本フォーマットについては、こちらの記事をご覧ください。

あまり親しくない仕事仲間に催促するとき

「メールが見過ごされているのかも?」と思ったら、こんな風に確認しましょう。

Good morning, (name),

I am a little afraid that you might not have received my message sent at 10:00 on May 30.

おはようございます、○○さん。

5月30日の10時に送ったメッセージが届いていないかもしれないと思って、少し心配しています。

顧客や取引先に催促する

(name),

I hope this message finds you well! I am eagerly awaiting your response to the email I sent you on May 31.

○○さん

お元気でお過ごしのことと存じます。5月31日にお送りしたメールへのお返事を心待ちにしています。

I hope this message finds you well.は、「お元気でお過ごしのことと存じます」という英語の決まり文句です。

(name),

this is just a gentle nudge to remind you that I am awaiting your response to my message sent on May 30.

○○さん

念のため、私が5月30日に送ったメッセージに対するお返事を待っていることをお知らせしておきます。

nudgeは、ひじで軽くつつくこと。a gentle nudge to remind you that ~で、直訳すると「あなたに~を思い出させるために優しくつつくこと」という意味になります。

(name),

please forgive me if you have already replied and I somehow missed it, but I am waiting for your response to my email of May 30.

○○さん

すでにお返事をいただいていて、私が見逃していたらお許しください。5月30日にお送りしたメールへのお返事をお待ちしています。

You haven't replied to me yet!(あなたはまだ返信していない)などと、Youを主語にして一方的に責める表現はNGです。メーラーの不具合や自分の不注意などの可能性も考えて、丁寧な表現を選びましょう。

Dear (name),

I would just like to follow up on the message I sent on May 30 at 10 a.m.

○○さん

5月30日午前10時に送信したメッセージのフォローアップをしたいのですが。

follow up<には「~を追跡する」という意味があり、「○○の件、どんな感じでしょうか?」と優しく確認したい時に便利な英語表現です。

返事がほしいことを明確にしておくことも大切

使ってみたいと思うフレーズは見つかりましたか?催促メールを送る前に、「自分の送ったメールは、返信を必要としていることが明確に伝わる内容だったか」を振り返ることも重要です。丁寧な表現を使って、円滑なコミュニケーションを目指しましょう!

ENGLISH JOURNAL編集部
ENGLISH JOURNAL編集部

英語を学び、英語で学ぶための語学情報ウェブサイト「ENGLISH JOURNAL」が、英語学習の「その先」にあるものをお届けします。 単なる英語の運用能力にとどまらない、知識や思考力を求め、「まだ見ぬ世界」への一歩を踏み出しましょう!

英文作成:Margaret Stalker
英文校正:Peter Branscombe

ビジネス英語関連おすすめ書籍

ビジネス英語に関連するアルクの本を紹介します。

SERIES連載

2024 02
NEW BOOK
おすすめ新刊
ITエンジニア本大賞2024受賞!チームを動かすIT英語実践マニュアル
詳しく見る
メルマガ登録