ENGLISH JOURNAL ONLINE

「弾道ミサイル」って英語でなんて言う?【ニュースな英語】

ニュースな英語

今回は、北朝鮮によって行われた短距離弾道ミサイル発射実験のニュースを取り上げます。「弾道ミサイル」は英語でなんて言うのでしょうか?

今回のニュースな英語

ballistic missile

北朝鮮は9月11日と12日に長距離巡航ミサイル、続いて15日には短距離弾道ミサイルの発射実験を行い、世界に緊張が走りました。

8月にはアメリカと韓国が合同軍事演習を行っており、さらに9月15日には中国と韓国の外相会談が行われているため、北朝鮮の度重なるミサイル発射は、こうした動きをけん制するものだと見られています。

ということで、今回のニュースな英語は、弾道ミサイルを意味するballistic missileを取り上げます。

背景

北朝鮮が弾道ミサイルを発射するのは、2021年3月以来、約半年ぶりでした。

ミサイルの落下地点は、3月のときは日本の排他的経済水域(英語でExclusive Economic Zone、略してEEZと表記されます)の外でしたが、今回は石川県能登半島沖・舳倉島(へぐらじま)の北およそ300キロの海域で、日本のEEZ内。そのため菅義偉首相は、「言語道断だ」と北朝鮮を非難しました。

巡航ミサイルは英語でcruise missileといい、航空機のように翼とエンジンが付いており、目標物に向けて地表と並行に飛んでいきます。

一方で弾道ミサイルballistic missileと呼ばれ、ロケット推進によって発射された後に、目標物に向かって放物線状に飛んでいきます。ballisticは「弾道」という意味で、発射された弾丸やミサイルが描く軌跡のことです。

どんなふうに使われている?

ニュースな英語

北朝鮮の弾道ミサイル発射について、中東のニュースチャンネル「アルジャジーラ」は、国際連合安全保障理事会(国連安保理)が緊急会議を開いたことを取り上げ、このように報じました。

Members of the UN Security Council have gathered behind closed doors for an emergency meeting about North Korea’s latest ballistic missile test, which member states consider a “major threat,” according to France’s ambassador to the UN, Nicolas de Riviere.

国連安保理の加盟国は、北朝鮮の弾道ミサイル実験について非公開の緊急会議を行った。フランスのニコラ・ド・リヴィエール国連大使によると、加盟国は北朝鮮の実験について、「大きな脅威」だと考えているという。

記事の中にあるUNは、United Nations、つまり国連のこと。behind closed doorsはそのまま訳せば「閉ざされた扉の向こうで」ですが、つまりは「非公開」という意味です。

また米ニューヨーク・タイムズは、菅首相の発言として、次のように伝えています。

They also underscored the growing concern over regional stability, with Prime Minister Yoshihide Suga of Japan calling the North Korean missile launch “outrageous” and a threat to peace.

こうした実験は、地域の安定に対する懸念の高まりを浮き彫りにしており、日本の菅義偉首相は北朝鮮のミサイル発射について、「言語道断」であり平和を脅かすものだと述べた。

実は韓国も、北朝鮮の弾道ミサイル実験と同じ日である15日に、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の実験を成功させていました。そのため、記事の冒頭にあるtheyは、朝鮮半島におけるこうした実験を指しています。

また、「outrageous」は、菅首相が記者団に対して述べた「言語道断」を英訳したもの。報道機関によっては、「absolutely outrageous」と伝えたところや、「simply outrageous」と伝えたところもありました。

▼こちらはロイター通信の動画から、菅首相の記者会見の様子。

まとめ

今回は、北朝鮮が9月15日に行った弾道ミサイル発射実験について取り上げました。国連安保理は、北朝鮮の弾道ミサイル開発や実験を禁止しているため、今回の実験は決議違反となります。一方で、巡航ミサイルは禁止対象に含まれていません。

とはいえ、9月11日と12日に発射した長距離巡航ミサイルは、1500キロ先の目標に命中したと言われており、日本列島がほぼ射程距離に入ることになります。日本にとっては、どちらも脅威であることに変わりありません。

松丸さとみ

松丸さとみフリーランス翻訳者・ライター。学生や日系企業駐在員としてイギリスで計6年強を過ごす。現在は、フリーランスにて時事ネタを中心に翻訳・ライティング(・ときどき通訳)を行っている。訳書に『LISTEN――知性豊かで創造力がある人になれる』(日経BP)、『限界を乗り超える最強の心身』(CCCメディアハウス)、『FULL POWER 科学が証明した自分を変える最強戦略』(サンマーク出版)などがある。
Blog:https://sat-mat.blogspot.jp/
Twitter: https://twitter.com/sugarbeat_jp