ENGLISH JOURNAL ONLINE

「a moot point」ってどういう意味?【ドラマで英語】

a moot pointってどういう意味?【映画・ドラマで英語】

映画やドラマは生きた英語の宝庫。おすすめ映画・ドラマから、ちょっとおしゃれですぐに使える英語表現を毎回一つ紹介します!今回はドラマ「NYガールズ・ダイアリー 大胆不敵な私たち」から、a moot pointの意味と使い方を解説します。

今日のおすすめ表現

a moot point

これまで連載してきた「映画で英語」ですが、今月からパワーアップして、おすすめフレーズを取り上げる作品の対象を海外ドラマにも広げます!

テレビドラマで英語を学ぶ場合、約2時間の映画と比べ、30分〜1時間ほどなので手軽に見られる上に、続きが気になって翌日もまた見たくなるので、コツコツと続けられて効果的ですよ。

さて今回選んだフレーズは、文脈によって、「議論する意味がない」または「議論の余地がある」と、まったく逆の意味になるa moot pointです。

表現の出どころ

海外ドラマからフレーズをご紹介する記念すべき第1弾で取り上げる作品は、「NYガールズ・ダイアリー 大胆不敵な私たち」(原題:The Bold Type)です。

以前「英語の勉強におすすめなVODの海外ドラマ8選」という記事を書いたのですが、そこでもこの作品を取り上げたくらい、私も大好きなイチオシの海外ドラマです。

ej.alc.co.jp

主人公は、ニューヨークで働く20代の女性、ジェーン、キャット、サットンの3人。この年ごろの女性に多い悩みとも言える、「仕事と結婚、どっちを取るか」「婦人科系の病気にどう向き合うか」「セクシュアリティをどう受け止めるか」などの問題を、3人はお互いを支えながら乗り越えていきます。

かつて日本でも「セックス・アンド・ザ・シティ」(SATC)がヒットしましたが、同じニューヨークが舞台であり、おしゃれなファッションが楽しめ、女性同士の友情にフォーカスしたこの「NYガールズ・ダイアリー」は、SATCが大好きだった人もきっと気に入ると思います。

また、SATCが放映されていたのは1998〜2004年で、約20年前でした。「当時は子どもだった自分にとって、SATCはちょっとお姉さんの話過ぎてぴんとこなかったな」という20代、30代の人の場合、「NYガールズ・ダイアリー」はちょうど同じ年頃の女性の話になりますし、オンタイムで放映中の「今」のドラマなので(シーズン4まで、Huluで配信済みで、最終シーズンのシーズン5は年内にアメリカで放映の見込みです)、共感できると思います!

表現の使い方

今回ご紹介するのは、シーズン1のエピソード1「私が私であるために」からピックアップしたフレーズです。

女性誌『スカーレット』で働くライターのジェーン(ケイティ・スティーヴンス)、編集者付きアシスタントのサットン(メーガン・ファヒー)、ソーシャルメディア・ディレクターのキャット(アイシャ・ディー)は、大親友。3人そろって、編集部が『スカーレット』次号の内容を取締役にプレゼンテーションする会議に出席しています。

プレゼンテーションをしているのは、編集者ローレン。次号に掲載予定だった、イスラム教徒でレズビアンの写真家アディーナ(ニコール・ブーシェリ)の作品について、法的な理由から掲載を見送る、と説明します。

キャットは、掲載見送りに反対の意を込めてこう言います。

We think this will have a huge social-media reach.
ソーシャルメディアでかなり話題になると思うんですが。

ここでいうreachは、「到達する範囲」「及ぶ範囲」。つまり、この記事はSNSで広く行き渡る・・・話題になるという意味です。主語はWeなので、キャット個人の考えというより、『スカーレット』のSNS部門代表としてキャットは発言しています。

するとローレンはこう返します。

Unfortunately, it’s a moot point.
残念だけど、議論する意味はないの。

mootを辞書で引くと最初に「議論の余地がある」とあり、a moot pointで「論争点」などと載っているので、ローレンは「議論できる」って言っているんじゃないの?と思ってしまうかもしれませんね。

でも辞書によっては、「論じても無意味な」という意味が載っているものもあります。お手持ちの辞書にしっくりくる意味が載っていなかったら、ぜひ複数の辞書を引いてみてください。辞書によって個性があることに気付くかもしれません。

dictionary.cambridge.org

www.collinsdictionary.com

まとめ

a moot pointは、辞書を引くと「議論の余地がある」と載っていたり、「論じても無意味」と載っていたり、解釈に悩ましい表現です。

今回のローレンの発言は、その文脈から明らかに「議論の余地はない」という意味です。文脈を考慮してどちらの意味か判断する必要のある、ちょっとやっかいな表現なので気を付けましょう!

また傾向として、アメリカやカナダでは「論じても無意味」という意味で、イギリスでは「議論の余地のある」という意味でmootが使われることが多いようですので、話す相手によって意味を使い分けることも意識しましょう。

本連載がEJ新書になりました!

本連載の過去記事がEJ新書(電子新書)になりました!たっぷり14作品から使える英語表現をご紹介するお得な1冊。「映画で英語を学びたいけれど、何から始めたらいいの?」という方にぴったりです。追加原稿も加わり、さらにパワーアップ!

▼ご購入はこちらから

松丸さとみ

松丸さとみフリーランス翻訳者・ライター。学生や日系企業駐在員としてイギリスで計6年強を過ごす。現在は、フリーランスにて時事ネタを中心に翻訳・ライティング(・ときどき通訳)を行っている。訳書に『限界を乗り超える最強の心身』( CCC メディアハウス)、『 FULL POWER 科学が証明した自分を変える最強戦略』(サンマーク出版)などがある。
Blog:https://sat-mat.blogspot.jp/
Twitter: https://twitter.com/sugarbeat_jp