ENGLISH JOURNAL ONLINE

❝(my) pronouns❞ってどんな意味?『世界の新語・流行語 2010-2020』【EJ新書】

「EJ新書」シリーズ『世界の新語・流行語 2010-2020』が発売されました!世相が反映される「新語・流行語」について、2010年から2020年までの10年間に日本・アメリカ・イギリスで生まれた言葉を振り返りましょう。

「EJ新書」シリーズは、「英語学習の、その先」を提示するWebメディア「ENGLISH JOURNAL ONLINE」(EJO)の人気連載や、英語学習誌『ENGLISH JOURNAL』(EJ)の過去の特集を基にした、手軽でお得な電子書籍です。Amazon.co.jpなどで、絶賛発売中!

今回発売されるのは、翻訳者でライターの松丸さとみさんによる『世界の新語・流行語 2010-2020』です。

2021年はどんな言葉が流行るか予想してみよう!

2010年~2020年の10年間――皆さんはもちろん、日本や世界の状況も大きく変化したでしょう。その年の出来事や世界情勢の変化に合わせて新たな言葉が生まれ、流行し、今では当たり前のように使われているものも多くあります。

世相が反映された「新語・流行語」を見れば、その年がどんな年だったかが一目でわかります。日本、アメリカ、イギリスの新語・流行語からこの10年を振り返り、2021年がどんな年になるかを予想してみましょう。

内容(一部抜粋

Part 1 有識者が選ぶ2020年を表す英単語・英語フレーズ

EJでお世話になっている有識者の方々(以下は抜粋)に、2020年を表す英単語やフレーズを選んでもらいました。2020年に起こった出来事なども参考に、皆さんも1年を表す単語やフレーズを考えてみてはいかがでしょうか。

関根マイク(会議通訳者・翻訳者)さん選出:social justice

川合亮平(通訳者)さん選出:unprecedented / quarantine / postponement

濵﨑潤之輔(大学・企業研修講師、書籍編集者)さん選出:makeover

Rochelle Kopp(Managing Principal, Japan Intercultural Consulting)さん選出:dumpster fire

Part 2 新語・流行語から振り返る2010-2020

日本・アメリカ・イギリスで流行した言葉や新しくできた言葉を、2020年からさかのぼってご紹介します。新語と流行語ができた背景を探り、世界がどのように変わってきたのか振り返ってみましょう。

2020年

日本:(大賞)3密/(トップ10)愛の不時着、アベノマスク、オンライン〇〇、ソロキャンプ など

アメリカ:COVID-19

イギリス:※2020年の「Word of the Year」の選出は行われなかった

2019年

日本:(大賞)ONE TEAM/(トップ10)計画運休、タピる、免許返納、闇営業 など

アメリカ:(my) pronouns

イギリス:climate emergency

2018年

日本:(大賞)そだねー/(トップ10)eスポーツ、(大迫)半端ないって、おっさんずラブ、スーパーボランティア など

アメリカ:tender-age shelter

イギリス:toxic

Part 3 2021年 新語・流行語から過去を振り返り未来を予想する

本書のまとめとして、松丸さとみさんにこの10年の新語・流行語から過去を振り返り、来る2021年がどんな1年になるか、どんな能力が求められるかなどを予想してもらいました。

▼購入はこちら!

手軽に読める「EJ新書」シリーズ

まんがでわかる「have」の本

まんがでわかる「have」の本

  • 作者:大竹 保幹
  • 発売日: 2020/03/27
  • メディア: 単行本
 

ENGLISH JOURNAL ONLINE編集部

ENGLISH JOURNAL ONLINE編集部「英語を学び、英語で学ぶ」学習情報誌『ENGLISH JOURNAL』が、英語学習の「その先」にあるものをお届けします。単なる英語の運用能力にとどまらない、知識や思考力を求め、「まだ見ぬ世界」への一歩を踏み出しましょう!