ENGLISH JOURNAL ONLINE

「どちら様ですか?」って英語でなんて言う?【映画で英語】

映画で英語アイキャッチ

映画は生きた英語の宝庫。おすすめ映画から、ちょっとおしゃれですぐに使える英語表現を毎回一つ紹介します!映画『マダム・イン・ニューヨーク』から、電話を掛けてきた相手に「どちら様ですか?」という言うときの表現です。

今日のおすすめ表現

Who am I speaking to?

固定電話でも発信者番号が表示されるようになり、非通知電話には出ない、という人も増えているのではないでしょうか。そのため、電話で相手が誰かを尋ねることは少なくなりました。とはいえ、やはりビジネス電話ではまだまだ使う表現である、「どちら様ですか?」を今回はご紹介いたします。

表現の出どころ

この表現が使われているのは、前回同様、インドで小さな事業を営む女性シャシ(シュリデヴィ)が、ニューヨークで英語を身に付けようと奮闘する姿を描く『マダム・イン・ニューヨーク』(原題:English Vinglish)です。

マダム・イン・ニューヨーク [Blu-ray]

マダム・イン・ニューヨーク [Blu-ray]

  • 発売日: 2014/12/03
  • メディア: Blu-ray
 

インド制作のコメディ映画で、ヒンディ語でのやり取りが多いですが、物語のほとんどはニューヨークでの話です。そのため、英語での会話も多いので安心してください。

映画の中では、シャシが頭をゆらゆらさせるジェスチャーをよくしています。これ、インド人がよくやるボディランゲージなのですが、気付きましたか!?

head bobbleとか、head wobble、head shakeなどと呼ばれているコミュニケーション法の一つだそうです。どうやら頭の揺らし方で、「はい」や「いいえ」、「たぶん」を表現していたり、「わかったよ」という思いを伝えていたり、いろいろあるようです。


インドとパキスタンでよく見られるものらしいですが、彼らは無意識でやっているという話もあります。世界にはいろいろなボディーランゲージがありますね!

表現の使い方

姪っ子のラーダ(プリヤ・アーナンド)の結婚式に出席するため、インドからニューヨークにやってきたシャシ。2人でマンハッタンにいるとき、バスの車体に掲載された、Learn to Speak English in 4 Weeks(4週間で英語をマスターしよう)という広告が目に止まります。

英語が話せないことで屈辱的な思いをしたばかりのシャシは、広告に書いてある電話番号にさっそく問い合わせてみます。

電話に応対した受付の女性に対し、シャシは精一杯の英語力を使ってこう尋ねます。

Hello...English tuition?
もしもし・・・英語の授業?

すると受付の女性は、Yes, English classes.(はい、英語の授業ですよ)と答え、こう続けます。

Who am I speaking to?
どちら様ですか?

電話を掛けてきた相手が誰だかわからないとき、カジュアルなやりとりであればWho is this?(誰?)と聞くこともありますが、かなりぞんざいな印象を与えます。普段からより丁寧なWho am I speaking to?やWho’s calling, please?と聞くように癖をつけておくと、いざビジネス電話に対応する際にも、すぐにこうしたフレーズが出てくるようになりますよ。

まとめ

電話をかけてきた人が誰だかわからないとき、日本語でも「お名前は?」ではなく「どちら様ですか?」と聞きますよね。英語でも同様に、いきなりMay I have your name?(お名前を教えてください)よりも、Who am I speaking to?と聞いた方が自然です。

電話での会話は、相手の顔が見えない分、英語力がかなり鍛えられます。私が英語力がグンと上がったなといちばん自覚したのは、留学中にアルバイト先の日系企業で、無理やり英語での電話応対をさせられるようになってからでした(笑)

とはいえ、顔を合わせてのやりとりでさえも英語だと難しいのに、顔の見えない電話だとなおさら、緊張するし大変ですよね!

会社で英語の応対をする必要がある人は、Who am I seaking to?やI’ll put you through(おつなぎします)など、よく使うフレーズを書き出して電話のところに貼っておくと便利です!

本連載がEJ新書になりました!

本連載「映画で英語」の過去記事がEJ新書(電子新書)になりました!たっぷり14作品から使える英語表現をご紹介するお得な1冊。「映画で英語を学びたいけれど、何から始めたらいいの?」という方にぴったりです。追加原稿も加わり、さらにパワーアップ!

▼ご購入はこちらから

2週間無料でお試しできる!プレミアムメンバーシップ

プレミアムメンバーシップ2週間無料

月額980円(税抜)のプレミアムメンバーシップに会員登録をしていただくと、「PREMIUM」エリアに公開されるすべての有料記事へアクセスができます。 ほかにもアルクの電子書籍の購読、イベント優待など、学習のモチベーションを継続させるためのさまざまなコンテンツをご用意していく予定です。 まずはぜひ、2週間無料でお試しください。

松丸さとみ

松丸さとみフリーランス翻訳者・ライター。学生や日系企業駐在員としてイギリスで計6年強を過ごす。現在は、フリーランスにて時事ネタを中心に翻訳・ライティング (・ときどき通訳)を行っている。
Blog:https://sat-mat.blogspot.jp/
Twitter: https://twitter.com/sugarbeat_jp